日本版LNDも気に入りました


by yukituri

09/10/2 (金) ウィーン写真日記

ウィーンの (本来は) 実質最終日。せっかくシェーンブルン宮殿の右上角の外側くらいに泊まっていたので、チェックアウト前に散歩に行くことに。

d0064742_12311946.jpg部屋から見た宮殿方向。外側の街路樹と建物の屋根くらいで、庭園本体は残念ながら見えない。左上の辺りが門。宮殿の開場とは関係なく、庭園は朝早くから開いていて、市民の散歩やジョギングの場になっている。

d0064742_1232235.jpg
シェーンブルンの庭園は広い広い。今回は右下中心に回ることにする。これはローマ風の廃墟。こういうのを飾り用にわざわざ作る、当時の王侯貴族ってのは…


d0064742_12321669.jpgd0064742_1232294.jpg今回はぜひ見てみたかった、宮殿の名前 (美しい泉) の由来になった湧き水。美しい女神? の持つ水がめから湧き出るようになっている。できたらぜひ味わってみたかったが、
残念ながら鞘堂? ↑ にがっちり囲われている。

d0064742_12325780.jpg
その近くにある噴水から見た宮殿方向。驚いたのは、街路樹の道側が、完全に平面に刈り込まれていること。10メートルくらいはありそうな緑のまっすぐな壁が左右にある感じ。
こういう刈り込み方は、多分、日本ではあまりやらないだろうなぁ。

d0064742_12332095.jpg
一応、近くまで行った宮殿本体。他の部分が緑一色なのに対し、宮殿正面には、ものすごく大きな花壇が広がっている。


d0064742_12333397.jpg
門に帰る途中で見た無蓋の観光馬車。ここは夏の離宮だから、マリア・テレジアとかマリー・アントワネットもこういうのに乗ってここを走っていたこともあるのかな、と空想してにんまりしてしまった。

d0064742_12335030.jpgd0064742_243812.jpgなかなか上質だったHotel Kaiserpark (皇帝の庭園) Schönbrunn。ここもやっぱりマリア・テレジア黄色の建物だ。
ロビーには皇帝夫妻の肖像画、というのも名前に似つかわしい。

この後、ここをゆるゆるとチェックアウトして、Raimund 向かいのいつもの? ホテルに移動。

d0064742_12343938.jpg所有者が代わり、Golden Tulip Wien City 改め Das President。
フロントの気のいいお兄ちゃんの横には Rudolf のポスターが張ってあった。

d0064742_12345436.jpg中身は順番に改装中だとかで、新しくなったところを割り当ててもらった。本体は一見、そう変わってないけど、コンセントが増えてたり、テレビがブラウン管から液晶になってたり、浴室がぴかぴか白くなってたりした。

d0064742_1235897.jpgd0064742_1584725.jpg定点観測(笑) 部屋から見下ろした劇場風景。前回までは暗い青の "Rebecca" だったのが、今度は暗い赤の "Rudolf"
一抹の寂しさもあるが、これはこれでしっくり来る。
[PR]
by yukituri | 2009-10-07 12:36 | 観劇旅行 (日記・計画他)