日本版LNDも気に入りました


by yukituri

こちらは聞き応えも < Frank & Frinds 2部

1部のMitsukoについて手厳しいこと書いちゃいましたが、2部はなかなか聞き応えありました。歌のうまい人が揃ってるし、見直した点も多い。

特に井上くん! 舞台で見た時の 「ルドルフ」 よりずっとうまくなってびっくりしました。声に深みと説得力が増して。成長したんでしょう。トークもうまくて、だれた雰囲気を時々救ってくれました。

「ネバー・セイ・グッドバイ」 「シラノ」 は、いい曲あるじゃんと見直し。ネバセイの曲、誰が歌うんだろと思ってたら井上くん。主題歌、「うまい人が歌うとこうなるんだ~!」 と再発見。安蘭さんのデュエットパートは多分メロディー変えてましたけど、迫力たっぷりでした。ポップジャズ? ワイルドホーンとしては異色で楽しいナンバーもあるし。井上くん、ちょっと踊ってました。ネバセイ、長期政権トップのサヨナラ公演ですけど、ワイルドホーン曲がもったいないので、何らかの形でまた活用されるといいな。東宝も?
シラノのデュエット、ロクサーヌがいい歌になるだけでこんなに美しいとは。

改めて思ったのが、安蘭さんはやっぱり男役歌がいい! 「炎の中へ」 最高でした。おじさんたち? 3人従えても格好いいし、声も違和感なくはまってて。男性ゲストの皆さんもずらっと並べればいいのに(笑)

Máté のショーヴランもステキ。"Falcon in the Dive" (鷹のように) で聞きたかったな。"This is the Momet" は声が今ひとつ出ていませんでしたが聞き応えあったし。でも彼、ハイドの方が似合うと思うんですよ~ 鹿賀さんいない時は "Dangerous Game" を歌わせてあげてほしい。

さてここからは恒例(^_^;? のツッコミ・ブツブツです。
構成は、日本のガラコンにありがちな、歩いてきて立って歌う、というのがほとんどだったので平板。もっと演技とか動きつけてほしい。
その意味では、マルシアさんの 「連れてきて」 、安蘭さんの 「炎の中へ」 井上君の 「僕が探す人」 貴重でした!

特に (気分的に) だれたのが、中盤、ワイルドホーンのピアノ伴奏で1曲ずつ歌うところ。とっかえひっかえ歌い手が出てきて、
「フランクさんのすばらしい音楽で歌えて光栄です!」
「私もみなさんのような歌い手に会えてとても嬉しいです」
というような対話をそれぞれが。まあ有名作曲家だし歌手として嬉しいのは分かりますが… 2回目ともなると飽きて。要望バサっとカット・圧縮。

あと、わざわざ呼んできた割に Máté の扱いが小さい。鹿賀さんがいなかった昨日でも2部は2曲だけ! ハインリヒもすぐ死んじゃうし~ はじけた曲がなくて、どなたかが言ってた 「借りてきた猫」 そのもの。ゲスト減らしてもっとじっくり歌ってもらえばいいのに。指揮のマンツさんも、わざわざウィーンから呼ぶことないですよね。ネバセイとか、あっちで上演してないワイルドホーンの曲もいっぱい出てきたし。舞台挨拶もなかったし。普通の日本人指揮者ならチケット1000円ほど安くならなかったかな(笑)

というわけで、2部は60~70点くらい (だれた部分の減点で) 1万2千円は高い~ 8000円くらいなら見ていいけどさ~ しかも昨日は17列端と20列センター、Aにしてほしいような席だったし。これを定価であと3回も見るのか… しかも大阪行ってまで(^_^;A Máté & Lukas サイン会&万里生くんのリヒャルトのためだけの19日は、どうしたもんだかなぁ。

曲リストを moreに



引っ込んでいる部分は、ゲストの顔ぶれで13日には歌われなかった曲

Jekyll & Hyde
1. Prologue-Facade プロローグ~魂の輪廻? コーラス
2. Bring on the Men 連れてきて マルシア
  3. Dangerous Game 罪な遊戯 鹿賀・マルシア
3' A New Life マルシア
4. Outside Jekyll's Lab- This is the Moment Máté (鹿賀)

Rudolf
5. Prologue (インスト)
6. Measure of a Man  井上 (Lukas)
  7. Pretty Littele War 家塚義子 & 女性コーラス
7' Only Love 笹本
  8 Something More 井上/田代/Lukas & 池谷京子
8' You are born to love me 井上・笹本

スカーレット・ピンパーネル
9 Into the Fire 安蘭けい & 男性コーラス
10 Where's the Girl? Máté

With Wildhorn のピアノ伴奏
11 (スカピン) ひとかけらの勇気  安蘭
12 (新作、ボニートクライド) You Can Do Better Than Me 田代
13 (ジキハイ) あんな人  マルシア
  14 (シラノ) Alone  鹿賀
14' (シラノ) Love is here All Land 田代・岡本茜
15 (シラノ) The Gascons  アンサンブル

ネバー・セイ・グッドバイ
16 Never Say Goodbye 安蘭・井上/ Máté
(オケニ戻って)
17 The Girl I Look for 僕の探す人 井上/ 田代
18 Truth of Love 愛の真実    安蘭
19 One Heart ひとつの心で 全員
[PR]
by yukituri | 2010-03-14 13:13 | 東宝・梅芸系