日本版LNDも気に入りました


by yukituri

Frank & Friends / Mitsuko 東京千秋楽

東京千秋楽、行ってきました。さすが千秋楽だからか、多少はトークに変化がありましたが、ほめ合いっこはそう変わらず。そもそも日本のミュージカルファンに超知られている作曲家とは思えない人の、しかもファーストネームのコンサートってのはねぇ(-_-;

鑑賞3回目にして初めて万里生くんに挨拶が回ってきてました。リヒャルトの引継ぎだからか? だから万里生くん、反対側の井上君の横に行っちゃって、しかも Máté まで井上君に抱きつきに行っちゃって、左サイドの観客としては残念だったけど。Máté にも通訳さん派遣してたマルシアさん偉い。指揮のマンツさんも今回はカテコに出てたけど、こっちは挨拶なし。Mitsuko の感想とか、一言聞きたかったなぁ。

井上くん、1部は昨日のソワレより声の調子が良くて聞かせました。「何故」 リプライズとか、光子パートより迫力あって好き。"Paneuropa" 昨日せっかく推測してもらったドイツ語歌詞でしたが、"einig sein" の n が聞こえたので違ったかな。字幕必要なような歌は歌詞を公開してほしいなぁ。

今日はサイドよりとはいえ2列目を取っていただいていたので (ありがとうございます!) 細かい表情とかも分かって嬉しかったです。2部の井上くん、かなりルドルフになりきってましたね♪ 笹本さんがいないので曲目が変わり、コーラスの方々による 「美しき戦争」 は威勢よく、1部の皇后役の方と井上君の 「それ以上の…」 は綺麗でした。こういう日本語歌詞だったのか、悪くないな~ と今さら感心(^_^;A 日替わりで計5曲聴けておいしかったです。欲を言えば 「明日への階段」 にしてほしかった! 「私という人間」 もいいですが、明日への… の前振りの決心ソングですし。

安蘭さん、座長?としてはトークでもうちょっと健闘してほしい (ツッコミが思いのほかうまかった井上君が抜ける大阪は大丈夫か) このコンサートは (ワタシ的には嬉しい) 歌える人ばかりなので、女性歌は綺麗だけど普通にしか聞こえませんでした。光子の最高音部はちょっと苦しかったし。強みの低音がもっと聞きたかった。ネバセイの女性ソロじゃなくて、「炎の中へ」 みたいな歌を締めにすればよかったのに。

万里生君、ワイルドホーンの新作 「ボニーとクライド」 からのソロ (公式ブログによると仕込み期間数日!?) がだんだん聞き応え増してて偉いです。が、できればなじみのある曲で聞きたかったな。それほど歌い上げる曲でもないし。まあこれからですよね!

スカピンが3曲なのに、Never Say Good-Bye が4曲もあってびっくり。東宝でやる前振り??

挨拶入れて3時間10分、かなり長いコンサートでした。"With Wildhorn" のほめ合いをぐっと削って2時間45分くらいにすればいいのにな。
[PR]
by yukituri | 2010-03-15 12:11 | 東宝・梅芸系