日本版LNDも気に入りました


by yukituri

大阪公演の方が出来がいいかも < F&F/ M

19日の大阪公演に行って来ました。オクに出てた1階後方を安く買って。

なんだか、みんなのノリが東京よりいいんですけどー? Mátéも 「ぼちぼちでんなー」 とか。トークも内容が入ってきたし。東京でさんざんアンケートとかで文句が出たのか、それとも関西ノリ? …東京公演は大阪の練習か?トライアウトか? みたいなケース、時々ありますね(^_^;A

井上くんが抜けたリヒャルトは万里生くん。髪を7-3にしてお坊ちゃま。
ほんとに19に見える(笑) 声も良く出てて、歌い出しの低音が時々、弱いほかは、井上くんよりいいかもしれない (隣で比べられれはしないけど) 声質は好き。まろやかだとはこれまでも思ってきたのですが、オペラなどを聴くと時々思う 「輝かしいテノール」 の方向もありますね。
"Paneuropa" は少しオペラチックな歌い方な感じがしたのは、声楽家のドイツ語修行のせいかな(^_^;? あの曲には合ってました。

2部のボニーとクライド (へたれギャング?) は日々歌い込んでるし、井上くんに代わった"Never Say Goodbye" の 「僕が探す人」 もなかなか軽快だったし。ファンとしては見に行った甲斐がありました。これならルドルフの2曲も万里生くんで聞きたかったかな。(Lukasは20日に見られるし)

初登場の Lukas、MCによると、2日前に着いたばかり、疲れや時差ぼけで 「夢の中にいるよう」 な感じだとか。サイン会含め、お疲れ様です~ 昨日は2部のルドルフ2曲を担当。「私という人間」 は "Mut zur Tat" としてドイツ語で歌ってくれて嬉しい。Drew さんに比べれば重々しくなく、王子様っぽいところもあったけど、これはこれでいいんじゃないかな?
サイン会で "Weg in die Zukunft" (明日への階段) が聴きたかったと言ったら、「次に」 というお答え。また何かの機会があるといいな。
「それ以上の…」 は日本語歌詞覚えて健闘。ただ、声はそれほど出ておらず (ため息交じりの Lukas 節のせいもあるかも笑) 相方にご協力してもらって "So Viel Mehr" で聴きたかったな。
このコンサート、同じ歌での言語ミックスはしない主義なんですかね?

Máté に増えた持ち歌は、"Never Say Goodbye"。安蘭さんをぐっと引き寄せながら歌ったりされると、「光子に別れも告げないで逝ってしまったハインリヒがよみがえって歌っている~」 ようでほっこり。
Mitsuko の主題歌もこれくらい盛り上がる曲だといいのにな。
Máté、声があまり出てなくて (このコンサート中、ずっとそうですね) 安蘭さんの裏声の声量にも負けているのは残念でしたが。

というわけで、来日組と万里生くんのファンには大阪の方がおいしいな、と思った昨日の感想でした。
[PR]
by yukituri | 2010-03-20 07:01 | 東宝・梅芸系