日本版LNDも気に入りました


by yukituri

仁-JIN-

突然何だ、と思われるかもしれませんが(^_^;A Mitsuko を見に行った大阪から帰ってから、タイムスリップ幕末医療漫画 「仁-JIN」 を読み返しています。というのも、仁が手術した元花魁がフランス商人と結婚する (15巻) 時、「おめでとう、日本の正式な国際結婚第1号ですね」 と祝福するくだりがあり、欄外に実際に第1号とされる女性の名前が書いてあったのを思い出したからです。

確認して見るとそれは 「日本女性むら」 で、大阪でそうかもと思った 「青山みつ」 ではなかったのですが(^_^;A 光子、大日本帝国で初の正式な結婚か、と本に書いてありましたけど、幕末 (慶応3年) にはもう例があったのに、明治では20年代終わりまで途絶えていたのか? 舞台の 「らしゃめん」 (洋妾) や 「キリシタン」 という言葉がいつまで残っていたかも気になるところ。まあ光子の父親は相当時代錯誤な人物のようですが。

「仁」 は愛読漫画の1つ。村上もとかは絵や考証がしっかりしているのが好きです(^^) 大沢たかおさん主演のドラマも評判いいですが、あまりTVを見るたちではないのと、原作のイメージをそのままにしたいので (田舎者なので、頭の中と実際の話し方が違ったりするんです…笑) 申し訳ないですがまだ見ていません。漫画15巻の帯の写真を見ると、少なくとも、仁の髪型 (原作はまげ、ドラマはザンギリか後ろくくり?) は別なようですね。

それにしても。幕末に参考書の1冊も持たずに飛ばされたというのに、記憶だけを頼りに治療法や薬の用量を間違わず、医療道具や手術台も全部図面を引いて作らせ、脳動脈瘤の手術までやってしまうとは… この先生の頭は4次元ポケットか!? といつも感心してしまいます(^_^;A
[PR]
by yukituri | 2010-03-22 21:39 | 普通の日記、PC・語学関係