日本版LNDも気に入りました


by yukituri

こちらはどうも… < 池上永一 「シャングリラ」 (読書)

仲間由紀恵さんの主演で舞台化される 「テンペスト」 の原作が面白かったので、同じ池上永一の 「シャングリラ」 を読んでみました。この間見た宙組の舞台と名前も一緒だし♪ (注: 中身は全く別です)

人気アニメにもなってるというので期待してたのですが、こちらは終わりの方がどうもダメでした。思うに、オチとなっている呪術的モチーフが、私には生々し&陳腐すぎたんですね。琉球のと違って距離を置いて眺めづらいし、元SFファンとしては、現代/ 近未来が舞台なのに、どうして誰もが (外国人まで!) あっさりその手の効果を信じてまい進しちゃうのか不思議だし。

ただ、炭素の排出権が世界規模で経済の単位となっていたり、その取引に長けた新世代のトレーダー 「カーボニスト」 たちが世界を動かす力になっていたり、日本が空中の炭素を固定して超硬度素材を製造していて、東京の真ん中に巨大な積層都市を作って回りは森林化していたり、その居住権を巡って格差社会やゲリラ闘争が激化していたり、とかの設定は非常に面白かったです(^^) 最後までこのノリが続けばなー。
[PR]
by yukituri | 2010-07-16 18:16 | 普通の日記、PC・語学関係