日本版LNDも気に入りました


by yukituri

宝塚BOYS 2010 (感想用書き足し)

何日ぶりでしょうか(^_^;A ようやく感想を書き足します。

2010/8/29 12;00 20列下手  ★★★★★☆☆☆☆☆

男子部結成のきっかけ、上原金蔵   浦井健治  (08年 柳家花緑)
電気屋、竹内重雄             藤岡正明  (〃 葛山信吾)
元宝塚オケの太鼓叩き、太田川剛   瀧川英次  (〃 山内圭哉)
旅芸人の息子・長谷川好弥        杉浦太陽  (〃 瀬川亮 )
闇市の愚連隊だった山田浩二      黄川田将也 (〃 猪野学)
現役のダンサー・星野丈治        東山義久  (〃 吉野圭吾)
新人・竹田幹夫                石井一彰  (〃 森本亮治)
歌劇団側の担当者、池田和也      山路和弘
寮のまかないのおばさん、君原佳枝   初風 諄

ぐわーっ、誰がどの役だか、公式サイト見ても分からない!!
一覧表くらい載せておいてよ~~~ 過去のはあるのに。
パンフ買わなかったこっちも、だけど(^_^;A

(追記: コメントで合ってると教えていただきました。多謝 ^^)


以下書き足し分です:

次を見てしまう前にまとめておかなければ!
キャスト一新の 「宝塚BOYS」、先月下旬に思い切って行ってきました。

感想を一言でまとめれば、「浦井くん、一生懸命だった!」

あの整った顔を、20列目からでも分かるほど、真ん中の方にギューっと縮めたりして熱演。ランニング姿の稽古場面では、意外になで肩なのも分かったし (ルドルフは軍服肩パッドなのね…笑) せっかく浦井くんだからか、前回はへっぴり腰だった上原のダンス練習はぐっとうまくなってましたし。

とはいえ、宝塚の舞台に立つことに本気で焦がれているようにはあまり見えなかったのは、個人的に問題。あくまで演じてる感じ。まあ前任の方や他のBOYSもそうでしたし、この辺のリアリティを出すのはなかなか難しいのかも。当時の日本男子っていうにはスタイルがよすぎる人も多く、イマイチ戦争直後に思えない時もあったし (爆)

ププッと笑う場面は多かったけど、それは脚本と演出からで、浦井くんそのものは大真面目でしたねー。やっぱり好き勝手できるフリートークじゃないと爆笑キャラは見られないのか…(^_^;?

他のBOYSでは、唯一プロダンサーの役の東山さんが良かった。吉野さんほどエグミはないんですが、ダンスはしなやかだし、歌も (意外と浦井くんよりも!?) 美声。あとは、旅芸人の息子役の杉浦くん (ショーユ顔、ふ、古い) と、最後に入った新人の石井くん (横から見るとドーベルマンみたい。ソース顔) がルックス的に好きでした。
[PR]
by yukituri | 2010-09-17 10:37 | 東宝・梅芸系