日本版LNDも気に入りました


by yukituri

旅日記 (2010 年 9月) 服装・宿編

ヨーロッパ行きの時、いつも判断に困るのが服装。猛残暑の日本でよりずっと暖かくしないとと、長袖中心に、不要? と思いつつも薄い旅行コートも入れて用意したのですが、全く足りませんでした~ 現地行ったらもう軽いオーバーみたいなのを着てる人もいたし。直前に 「最低気温8度」 と聞いてびびり、成田空港のユニクロに駆け込んでタートル長袖Tシャツと分厚いネルシャツを買っていったのですが、これなしだと生き延びれなかったかも…(^_^;?

宿、今思ったけど、最近の私のポイントは、「風呂と昼寝とインターネット」?



今回の観劇の宿も2箇所とも、浴槽のある部屋を指定。1軒目は、友人と合流して観るため、デュッセルの 「マディソン」。電話で聞いてみたら 「風呂付の部屋もある」 だったから、速攻で押さえてもらう。白木の可愛い内装、お風呂に湯跳ね防止の扉があるのもえらい。
中央駅からは歩いて5分くらいといい場所。「ロビーでインターネットできます無料」 がまともにつながらず、3軒となりのネットカフェでも自分のパソコンが使えないし~~(日本語フォント追加で読み書きはできた) 
でもこの宿、「電気ポット貸りられません?」 というとプラスチックの箱に電熱線が丸見えのだけど貸してくれた。部屋の準備ができていたのでかなり早めにチェックインさせてもらえたし。けっこう親切。

2軒目はNHホテル・オーバーハウゼン。これまで、劇場近く以外考えなかったけど、最寄の停留所、Neue Mitte までは街唯一の路面電車112で直行8分と分かって気が変わる。駅から徒歩圏内で、なんと!「全室浴槽付き」 ちょっとそっけない、寮を思わせる部屋だけど広く機能的。グレードはマディソンより1段上っぽい。ポット貸りられるか聞いたらティファール出てくるし。
帰りはぐっと路面電車本数が減るけど、乗り遅れたら中央駅までバスに乗って、食料調達して帰るもまたよし♪ この日はある意味ドイツ名物のトルコ料理 Döner Kebab と地ビール。
あとロビーのネットが前日の宿とうって変わって凄く安定していて使いやすい。30分おきにバウチャーもらいなおす必要なんて何でもないや~ ちょっと失敗は、最後の会計でユーロと円のどちらか?と言われ、円にしたところ5%ほど割高だったこと。独自レート?

というわけで、「できるときもある、言ってみるだけ言ってみよう」 というのが今回の教訓。うまくすれば早めに部屋に入って昼寝したり、旅行ポットを持ち歩かなくても、いつでもあったかいお茶やレトルトおかゆを口に出きる、いいですねぇ。って要は最初から置いてあるような高級宿にはほぼ泊まってないということですが、文句あるか~
[PR]
by yukituri | 2010-09-19 16:28 | 観劇旅行 (日記・計画他)