日本版LNDも気に入りました


by yukituri

よく分かりません 汗 < ファンタスティックス

2010/ 10/ 14 シアターコクーン 1階BR ★★☆☆☆☆☆☆☆☆

ごめん、よく分かりません(^_^;A 何言いたいの?とか、この人たちの存在意義は?とか、ここ脳内トリップ?とか。BW超ロングランの名作らしいし、客席は大体乗っているけど、宮本演出と私はそりが合わないのかもしれない。エリザベートのような終始一貫した物語性がある作品が好きだ、やっぱり。

「あなた***?」  「時にはね」 とか、けっこう翻訳口調。わざと? ♪ Try to remember あの (略?) セプテンバー♪ 曲はきれい。もう少し日本語にしてほしい。セプテンバー(^_^;A いや韻を踏みたい気持ちは分かるけど。

やたら長く感じた。日本独自の部分が付け足されているのかも。あのえらいヨボヨボした役者と死ぬシーンばっかりやってるインディアンってBW版にもいるんだろうか? 追いたて苛めシーンのほかはなんで必要なのか不明。

ほぼ紅一点のヒロイン、可愛くて演技は悪くないが、歌がひどすぎ目が点に。音程はまあ正確だが、とにかく声が小さい、かすれる、震える (ビブラートではなく)、高音が出ない。歌える人がアンサンブルクラスにいくらでもいるのに、こういう人がこんなに重用される日本ミュージカル界って…

お目当て万里生くんは一生懸命で可愛かった。演技が時々ぎこちないのはご愛嬌。歌は ↑ に多少合わせたのか、音量控えめフルフルも多めで残念。あと2曲ほどほしい。ダンスや身のこなしは意外と軽く、ルドルフの成果?

鹿賀さんは、シラノやジキハイの時ほど歌い癖が気にならないが (ビッグナンバーがないせいかも)  やっぱり活舌が悪い。存在感はさすがある。

装置ほとんどなし、キャスト7人くらいの舞台で定価9000円は高すぎ。
[PR]
by yukituri | 2010-10-15 01:53 | 国内観劇 (その他)