日本版LNDも気に入りました


by yukituri

モーツァルト! 感想

 井上ヴォルフガングのモーツァルト!を2階A席で鑑賞。さすがクンツェ&リーヴァイ! 他の作者たちとは質が違う~~~
 ストーリーは、分身の子とか、最後に羽ペンを突き刺すところとか、非常に意味深。音楽、全体はロック?ミュージカル調だけど、やっぱり半音駆使して複雑そうで、モーツァルトの名曲がところどころにあしらわれているのが効果的。

(物語: 若き天才作曲家ヴォルフガング・モーツァルト。傍にはいつも、ほとばしる曲をかきつける子供のままの姿の分身、アマデがいた。天真爛漫なヴォルフガングは、雇い主のコロレド・ザルツブルク大司教のような権威に従えず、人には騙されやすく、父レオポルドや姉ナンネールに心配と苦労ばかりかける。後援者、ヴァルトシュテッテン男爵夫人の奨めでウィーンに出たヴォルフガングは、妻となるコンスタンツェの実家、ヴェーバー一家に食い物にされたりしながらも、魔笛などの作曲を続ける…)

 惜しかったのは男爵夫人(久世星佳)。ヴォルフガングをウィーンに送り出す人で、曲も”導きの仙女”という趣で素晴らしい(ひょっとしてアジエンスのCMの曲?)のに、音を何度か外してた…(>_<) カラオケ? もう一人(香寿たつき)で見てみたい。福岡では一路さんだっけ? 見られなくて惜しいかも。
 コンスタンツェ(西田ひかる)はまあまあ。同じアバズレ系?でも、「ラマンチャの男」のアルドンサよりは好きだった。元アイドルにしては歌唱力がある? 姉のナンネール(高橋由美子)が、女性陣では一番良かった。可憐で歌もきれいで粗がない。

 男性陣では、何と言ってもコロレド大司教=山口さん! 輝かしく重々しく、ウーヴェさんを思い出した。トートもこんなに重くちゃ困るけど(^_^;) パパ・レオポルド(市村正親)もまあまあ。興行師シカネーダー(吉野圭吾)の踊りと歌は軽快でかっこいい。井上さんのヴォルフ、さすが男性、宝塚に比べれば歌も演技(やんちゃ)も力強くてうまいが、声を張り上げるとややキンキンするところがあった。プロポーションはやっぱり宝塚が勝ってるな(笑)

 1幕のストーリーはヴォルフの浮つき/騙されぶりが見ていてつらかったけど、2幕はなかなか自分でも盛り上がった。エリザベートほどにはのめりこめないが、8月になったら今度は中川さん以下、別のキャスト陣で見てみたいな。最近、舞台の見すぎで金欠なのでB席を探せれば(^_^;)

 そうそう、帝劇は肉まんもコーヒーも、プログラムも(チケットも!)、同系列なのに東京宝塚劇場の2-6割高いんだなぁ~ オペラグラスとパンフレットは思わずケチってしまった。
[PR]
by yukituri | 2005-07-10 18:28 | 東宝・梅芸系