日本版LNDも気に入りました


by yukituri

万年青年s 見納め < 東宝レミゼ

6/5 ソワレ 1階W列50番台 (サイド)

仕事で行けない日のチケットを交換に出していたら、ほとんど最後列の端とはいえ日曜日のチケットが来たので、万年青年たち (禅さん、岡さんに島田さんも入れていいかもw) の見納めに行って来ました。

全体でもマイ楽かな? スペシャルキャストに偏って取ったので、和音ファンテや禅・岡ジャベールや原田マリウスとかは見逃しましたが、今後も通常キャストで見られるんじゃないかと期待します。

A席9000円、満足度は7000円くらい。内訳は禅さん、岡さんに2000円ずつ、島田さん1000円、アンサンブルに2000円! マイ楽のご祝儀でマイナスは勘定しないことにします(^_^;A

禅さんは全体の7割くらい青年声。第一声 「誰が導くのか~」 の辺りとかカフェソングの高いところとか凄かった! でも目の下のクマが、豊齢線が…(爆) 欲を言えば2,3年前までのフランツ・ヨーゼフのようにスーパー年齢不詳メイクしてほしかった!!

岡さんの声は今日も疲れ気味だが、輝かしさは相当に。韓国ミュージカルと比べても多分勝てる歌手で、すらっと長身のスタイルも素晴らしい。

島田さん、禅さんより年上とは信じられない若さ! 演技もいい。ただ、現役時のCDに比べると、相応に声は衰えて来ているのかな? 当時の状態で生で聞きたかった~

アンサンブルも、クールフェラックとかマダムとか疲れて壊れ気味の声の人が数人。それでもあれだけの厚みは素晴らしい。

スペシャルの残念キャストは、ファンティーヌ、テナルディエ夫婦、コゼット。

ファンティーヌの岩崎さんはすごい若く見え、円熟した風情は新妻ファンテより役のイメージに合っているかも (実際には20台前半でもおかしくないけど、何となく中年な感覚) 昔、舞台だかテレビで見て感動した覚えがある。だが、今は歌の活動していないのか? 声の衰えが。ところどころ一般人のカラオケのように聞こえてしまう。

テナルディエ、すごいダミ声。ほんの一節ならともかく、"Master of the House" の1曲聞くのは非常に辛く、だれた。初演時もこんな感じだったらしいが、もっといい人はいなかったのか。現役バージョンの南さんがずっと美声で良かった。私としてはテナ夫婦の歌も楽しみたい。
テナ妻の鳳さんは外見や演技は素敵だが、やはりダミ声。可笑しさや声は森公美子さんがずっと上。

神田コゼット、容姿や声は可愛いけど、歌の技量で禅マリウスとやっぱり釣り合わない。声の震え (ビブラートというよりチリメン)、上がりきらないとかで、聞き苦しい。なぜ現役キャストの持ち回りか、卒業済みでも歌のうまい人にしてくれなかったのか! これだけヒロインやりまくってて上達が少ないというのも凄い… 知る限り、不満を持ってる観客はかなり多いのに、優遇が続く不思議。どういう力関係なんだか。ジュリエットとの噂もあるそうだが、お願いだから勘弁してください < 梅芸様。

今井バルジャン、歌の上手さは三人中、一番かもしれないが、今日も迫力なし。特に高音部で。2465 さ~ん! も上げてくれないし。あと、鹿賀節ほどではないけど、縮めたり伸ばしたりの歌い癖や、伴奏に合っていないところも散見された。外見や演技はほぼ文句なし。

三人見て、演技や外見はみんなそれなりに、と思った。意外と別所さんが一番、後味良かったような (歌の期待値が低かったからかも) 最後のシーンとかでファルセットが割ときちんとできているし。とはいえ、それも相対的なもの。バルジャンとしての歌は結局、誰も満足できなかった…

というわけでバルジャンの聞き応えを求めて、新演出になっちゃってるらしいけど、夏休み、ロンドンでも見てこようかなぁ… と考え中です。
[PR]
by yukituri | 2011-06-05 22:42 | 東宝・梅芸系