日本版LNDも気に入りました


by yukituri

1日目 「足元」 は70ユーロ (成田→ ウィーン)

去年オーストリア航空に乗った時、機材は新しくなったけど、シートピッチが狭くなった気がした。それで非常口列を狙おうと思ったら、コールセンターのお姉さんが 「オンラインチェックインで70ユーロで予約できます」。傾いてルフトに買収された会社だし、涙ぐましい増収努力中なのか。文字通り足元を見られてる…(^_^;? でも空港に朝イチで行く必要がないのは楽。

荷物はいつもの中くらいのトランクではなく、ソウルに行くのと同じサイズのキャリーにした。電気ポットとか観劇だけ用の服を諦めればOK(^^)
搭乗券を印刷してあったんだから、知らん顔で保安検査場に行ってしまえば機内持ち込みできただろうに、正直に重さを計ってもらったら8キロをオーバーするので預けるよう言われた。あらら。

やっぱり12時間は長く、ヘロヘロに。客室乗務員がANAよりぐっと愛想悪いのも変わらない(笑)
ウィーンに付くと西駅行きのバスの本数が20分ごとから30分ごとに減っていて、1本行ったばかり、しかもルート変更か心なしか長くなったような。げっ。宿はいつもの Raimund 向かいなので、Ronacher まではそこそこ遠い。シャワーを浴びてしゃきっとする間もなく、着替えただけでもう出かけないといけなかった。概ね晴れ続きという出発前に見た天気予報とは打って変わって雨が強くなり、けっこう寒い。

Stephansplatz から水たまりに突っ込みつつも走って、何とか5分前にチケットを引き取る。久々の本場の TdV。最初に Drew 伯爵が消えていくところや、牙を剥きながら踊る Marjan Sarah が50センチ先に見られて、座席の場所は凄くいい!

終演後、クローク前で行き会った日本の方に「どこかでお会いしたような」と言われる。思い出してもらったら、来日エリザの時の大阪! 4年ぶりにどこで再会してるんだか(笑) 近くの店で食事をしておしゃべり。感想を語り合えるのは嬉しい。ウィーンミュージカル観劇の大先輩だと分かった。貴重な話もいろいろ聞けそうだったので、地下鉄を気にせずもう少し時間があればよかった!
[PR]
by yukituri | 2011-06-21 15:26 | 観劇旅行 (日記・計画他)