日本版LNDも気に入りました


by yukituri

モーツァルト! 中川バージョン

 後半キャストの初日。今日は1階のA席2列目、オペラグラスも持っていったので、じっくり顔や演技の表情を鑑賞できた。

 今日は、ドイツ語CDの曲を2回ほど通しで聞いて予習ずみ。あれっ、Was für ein Kind!(何て子供だ!)がない? 子供の頃に貴族に喝采を浴びるところ、「…神が遣わした奇跡の子だ」って、別の歌だよね。内容は似たようなものでも、曲調が全然違う。この曲だと最後にまた出てきて対比はいいんだけど。Was für… の明るさが好きなのになあ。

 中川晃教さんのヴォルフガング、演じ方はかなりそれぞれの個性がある。井上くんより歌はいいと思うし、演技もうまい。でも、顔をくしゃっとして、歯をむき出して歌うのは何とかならないものか。見栄えは井上くんの勝ちだな。

 ヴァルトシュテッテン男爵夫人の香寿たつきさん、さすが宝塚出身! 前の人より3倍は歌がいいし、きれいで役にぴったり。星からの金を求め…の歌は、最後だけちょっと苦しそうだったけど。

 木村佳乃さんのコンスタンツェ、思っていたよりはきれいな声で、けっこう歌えていた。でも、ハモリの部分とかちょっと粗があって、西田ひかるの方が安心して見ていられたな。

 シカネーダーの吉野圭吾さん、初めてオペラグラスで見たらけっこう男前! 長髪のせいもあって、馬面になった和央さん (←どんなだよ?)って感じだった。この人の動きが一番軽やか! シカネーダーって魔笛初演のパパゲーノなのか~

 男爵夫人の夜会、前にも思ったけど貴婦人たちの髪型が、えらいことになっている。鳥かごを結いこんだり、船を乗せたり。そういえばマリー・アントワネットと同世代だもんね!
 このシーンの吉野さんは、アンサンブルの一員としてとある貴族役で出てきているのか、とも思ったけど、多分シカネーダーがややお行儀よくしているんだろうな。

 山口・コロレド大司教のもよおしシーン、前回よりもっとオーバーアクションで笑いを取っていた。内股でよろよろがまん、そこまでやる(^_^;? 意外に2.5枚目が合ってるなあ。声は今日も重々しく輝かしい。

 見終わって軽く食事しようと地下一階に下りたら、何だか人だかり。すっきりハンサムな男の子にお姉さんたちが群がってて。偶然、井上くんの入り待ちに遭遇したらしい。プログラムやマジックを持っていたらサインに並んじゃったかも(^_^;) とりあえず便乗して写真はパシャパシャ。幸せ~ でも、今見てみたらカメラ目線はゲットできてなかった(>_<)

 ←よければクリックして下さい。
[PR]
by yukituri | 2005-07-30 18:10 | 国内観劇 (その他)