日本版LNDも気に入りました


by yukituri

三銃士 CD聞き直し+ 舞台感想追加

明日 (26) は早くも東宝「三銃士」の千秋楽ですね。久々にドイツ版CD (商品ページ例 ) を聞き返したので、一言感想追加を。

歌、超豪華なキャスト (Patrick, Pia, Uwe, Sabrina) と比べるのは酷ですが、やはりCDの方が1枚も2枚も歌が上ですね!

Patrick のダルタニャン、聞くからに天真爛漫かつ張りのある、いい声。
Sabrina のコンスタン"セ" も美声かつ力強い。
Pia さんミレディー Uwe さんリシュリュー、流石♪ 円熟! 
(05年の観劇感想 → その1 → その2)

感想追加は "More" に。




井上ダルタニャンもなかなか似合いでしたが、声はかなり厳しそうで、高音が上がりきらなかったり。
疲れの問題なのなら、日本でもダブルキャストだのセカンドキャストだの、もっと使って、休みを多くした方がいいんじゃないかと思いましたね。

瀬奈ミレディー、山口さんと並ぶと華奢に見えました。この役、もちろん低音も多いけど、やはりソプラノがきちんと出る人で聞きたいもの。
まあ、東宝のミュージカルではよくあることですが。

登場歌で愛する人の背中が出てくるのは、いらない。
レベッカの 「マキシムの影」 と同様、形を見せられると、余計なことを… と思えてしまう。想像力にもっと任せるべき。

次回作 「ニューヨーク」 のポスター、なかなかいい感じの美人さん。

アトス、いい役の割に印象が薄目。"Engel aus Kristal" って実はすごい高音なんですよね! けっこうきつそうでした。

いつもハンカチで顔をぬぐっているアラミス、パンを食べてばかりいるポルトス。性格づけしたいのは分かりますが、やや浮き気味で、無理にそうしなくても… アラミスの汗のついたパン、どうしたんでしょう(^_^;A
主題歌は4人とももっと力強く歌ってほしかった!

主題歌の次に楽しみだった女性三重唱、声質 (男役声、鼻声、か細い声) が違いすぎる上にすごい抑えた歌い方で残念でした。ヒロインなのにソロがないコンスタンスにもっと歌い上げてほしかったなぁ。

さび "Wer kann schon ohne Liebe sein?" 誰がいったい愛なしでいられるかしら? を「愛こそが命」にしたのはうまい!
ミレディーの帰還の "Zurueck" を 「二度と」 としてるのも。訳とはいえないけどいい置き換えだ。

今さん、おっとりしてて王妃をそう邪険にしないところに好感持てた。歌は少なくかつ思ったほど響いてなかった。
吉野さんも歌がなくて残念。動きはさすが格好いい。猊下がうろうろしている時はつい目を親衛隊長さんに向けてたりして(爆)

作品についてのツッコミ。
ミレディー、箱の中身を確かめないなんて、う・か・つ過ぎ。
コンスタンスの殺害が唐突すぎ。なぜ? 生かして取引材料にする方がなんぼかいいのに。
ダルタニャンが王妃の首飾りを持って舞踏会場に来たとき、「そもそも何でこいつが持ってくるんだ」と怪しまない王様、やさし~!
[PR]
by yukituri | 2011-08-25 17:46 | 東宝・梅芸系