日本版LNDも気に入りました


by yukituri

安易な英語がなぁ < 「ハムレット」 突発 (一言)

国内時差ぼけに悩みつつ、都心の用事を終えて帰宅し、荷造りでもしようとしていた私のところに1通のメールが。

「45分後のハムレット見ません? 4列センターブロックです」

…よせばいいのに、つい誘惑されてしまいました(^_^;A 何とか行き着ける場所にいたし。荷造りはドロナワ決定。

2012/2/9 14:00 シアタークリエ 4列センターブロック端近く


韓国版より更にスピーディー、テンポよく楽しめた。やや削りすぎ感さえ。

おお~~~ こんなこと言ってたのね! とか内容も。兄妹の切々とした別れだと思ったら、意外と喧嘩だったのか(笑) とか。

分かってたけど、ハムレットってけっこうヒドイやつだな。オフィーリアへの仕打ちといい、怪我した人 (しかもさしたのは**!) を手当てもしないで… とか。

シェイクスピア的な長台詞を数ヶ所言ってたのは日本版のこだわり?

回り舞台がないのはちょっと残念。クリエならできそうなのに。玉座がただ階段に敷物敷いただけ、とか、いくつか、やや笑える簡略化があった。

レアティーズの地味コートも残念だけど、長旅に出るんだから白よりは合理的かな。

オフィーリアの昆さんもいい。歌はしっかりしてるし、演技も発狂シーンは圧巻! 思いがけず近くで見られて感心した。それにしても、あの場面、服といいすっぴん顔?といい、「歩き始めたみーちゃん」 くらいに見えちゃう。幼児退行っぷり凄すぎ。

井上くんは、流石。ただ、がなりまくってるのが気になった。そういう演出なんだろうけど、ソウルはシャウト以外の場所は普通に歌ってたと思う。やわらかいファルセットのところ、綺麗だった。
ソウルで上半身裸だったところがシャツに上着まで、シーツ抱えていてもベルトしたズボンはいててw 露出はぐっと少ない (増やせといっているわけではないです、念のため 笑)
ある場所で躍り出てこないのは残念。凄みあるシーンなのに。

涼風さん、最高音は辛いが、それ以外はきちんと出ているし、赤のすらっとした衣装が似合う! ロミジュリのわさわさドレスよりずっといい。「女」 でありすぎる母、はまりすぎ(^_^;A

王様の村井さん、うまいが、ソウルの若くてイケメンだった人の面影がちらつく。

オフィーリアの友人/侍女、ホレイショー、墓掘り (日本版は宰相とは別人なのね) はみんな気に入った。歌も演技もうまい。

CHESSコンに比べると、言葉を詰め込みすぎということもなく、概ね聞きやすかった。
でも、あの英語多様は... デンマークともチェコとも韓国とも関係ないのに。ヘン!!!

シスター、ブラザー、He's crazy, To be not be...

「しすたあ」 と歌う位なら、オフィリアー とか いもうとよー とか、手はいくらでもあるだろうに。せっかくのレアティーズの見せ場が。

字余りを嫌ったのだろうけど、安易な英語の方がずっと気になり、とにかく残念だった。
[PR]
by yukituri | 2012-02-10 04:48 | 東宝・梅芸系