日本版LNDも気に入りました


by yukituri

石井一孝20周年コンサート感想2 私にとって

昨日の感想は、開始押せ押せ・トーク延び延びマチネの終了後、草月会館にはなーんもないので、青山一丁目駅ビルまで戻って大急ぎで書いたものです。だから改めてちょっと追加。
マチソワ間1時間半くらい? 家にオペラグラスと眼鏡ぎりぎり取りに行けるかな? だめでも神保町かどこかでオペラ調達してこれるかな? と思ったらトンデモなかった。
石井さんたちの休憩はわずか30分だったそうで!

ソワレは最初、トークを 「大人の分量に」 なーんて言って、一部マチネの内容をはしょってたけど、だんだんやっぱり伸びてきてw マチネは先輩に遠慮気味だった浦井くんがまた、突っ込みキャラぶりを発揮するから、もう。

そういえば、「蜘蛛女でモリーナが乗り移ってた時、ヴァレンティンとのキスした後、『な~ん』って謎の声が」 なんて暴露が浦井くんからありました。石井さんは 「そんなこと言った!? ナニそれ」 って心当たりなさげでしたが、実はこれって某方言だと "No" だったりします(爆) 関係ないとは思うけど面白かったです。本当は嫌だったのかモリーナ、それとも 「いや~ん」 か、とか(笑)

ってな無駄話は置いといて。

私にとって石井さんは、何回か書いてますが 「もっと活躍したらいいのに・ミドル実力者3人衆」 の一人です。
岡さん、禅さんの次くらいに好き。

石井さんの場合、最近だと、歌なしもったいなすぎのラモン (ゾロ) だの、単独ソロなしのアラミス (三銃士) だの、あんまり大型ミュージカルの良役に恵まれてないですね。今年よかったのは "Chess in Concert" のアナトリーですが、本舞台じゃない。

でも、コンサートで紹介されたお祝いメッセージや舞台写真を見ると、本当に錚々たる役が並んでます。

レ・ミゼラブルのマリウス、後にジャン・バルジャン、ミス・サイゴンのクリス、ジョン (同じ公演で2役ってすごい)、マイ・フェア・レディのヒギンズ教授、など。
アラジンの吹き替えだの、シンデレラの王子だの、王子様キャラもいっぱいやってるし。

さすがに王子様は卒業ずみとして、「王様」 的役柄で見たいなあ。バルジャンとか、今ならより似合いそう。2006当時はあまり関心なかったのでパスしちゃったし、ヒロインが苦手で蜘蛛女は見なかったし… 今考えると惜しすぎ。

コンサートでは、石井さんの歌唱力ってやっぱり貴重だ、と再確認。声量も伸びもある。赤いショールを羽織っただけでモリーナに見えたりとか、なりきり演技もすごい。

なのにイマイチ使われてないのは、やや地味だからですかねえ… 熱烈なファンが付いていて一定数の動員力はあると思うし、ダブル、トリプルの一人にどうでしょう。山口さん、鹿賀さん、市村さん、あたりの alternierend (ダブルキャスト未満・代役以上、時々主役をやる人) とかも立派にできそう。大御所様方の声休めにもなるし。
企画側の方々、ぜひ前向きなご検討を。
[PR]
by yukituri | 2012-09-03 16:23 | 国内観劇 (その他)