日本版LNDも気に入りました


by yukituri

"サッちゃん" 来日記念 華麗なるミュージカル・ガラ

当日券があるというので、石井さんのブログやコンサートのトークで知った 「華麗なるミュージカル音楽の世界・ガラコンサート2012 ~サットン・フォスター来日記念スペシャル~」 (長い正式名称だ…) に行ってきました。

お目当ては、見たことない出演経験者たちによるレミゼコーナー! サットンさんもそんなすごい女優なら見てみたかったですし。彼女の代表作? 「エニシング・ゴーズ」 とか、全然知らない作品に触れるきっかけにもなりました。

そうそう、石井さんの「サッちゃん」 呼び計画、達成だそうで♪





当日券はS席だったら1階一番後の端しかなかったので、A席を選択。2階最後列 (3列目) とはいえ、センターが買えたのでまあいいかな。

石井さん、2週間前よりやせた? 白スーツでもかなり細く見えました。最初の黒い格好はもっとすっきり。元々、太ってるわけでは全然ないんですよね。私は黒衣の石井さんの方が好き~

練習のし過ぎか (ブログ見ても相当、力入ってましたもんね)、声はお疲れモードだったかな。まあそういう出演者は多かったです。男性ソリストは基本的に3人全員、女性もシルビアさんとかそう。

聞き応えあったのは、1)サッちゃん 2)昆さん 3) 保坂さん (マンマの早い曲かな。ダンシング・クイーンの日本語詩、初めて聞いた)

石井さんの出演曲では、これまで聞いたことがない "One Day More" が嬉しかったですね。2000年台のバルジャンは見られてないので… 今ならもっと円熟しているだろうから、ひょっとして今回も3人目か4人目で入ったりしたら嬉しいのですが…

"This is the Moment" も、イマイチ声の出ない姿月さんより石井さんで聞きたかったな。
「愛しのフローレンス」ポジ(笑) になっちゃった、ソーマさんとの "I Know HER So Well" もとっても面白かったけど。

他の人で一番驚いたのは、"One Day More" の 「声はすれども姿は見えず」 アンジョルラス。幕間に会った方や2幕のトークによると、なんと姿月さんの陰コーラス! びっくり。違和感なかった。てっきり男性アンサンブルの若手の誰かが目立たないように歌ってるのかと思ったのに! やっぱり男役の人?

姿月さんが一番よかったのは私としてはこれ。「レベッカ」 もあんまり声出てなかったし… この手のガラコンで一人だけウィーンミューのことが多いけど、BW系の持ち歌、もっと開拓した方がいいんじゃないでしょうか。

とある曲で、「昆さん、いくらなんでも幼すぎじゃね?」と思ったら子役でした (^_^; が、身長的には子役4人中3人とはあんまり差が… もとい、子役の最初の小さい子も巧かったから、一瞬勘違い。でも昆さんの方がさすが格段に力強いですね。「ミー・アンド・マイガイール」 とかでの藤岡君との身長差もいい感じ。

タイトルロールのサットンさん、トニー賞受賞作の 「エニシング・ゴーズ」 (受賞2002) と 「モダン・ミリー」 (2011) どっちも全然、知らないんですが、思ったより若く愛嬌ある女優さんで、声がよく伸びる! "On My Own" があったので、"One Day More" も一人だけ英語で参加してほしかったな (意表を突いてシルビア・エポ)  本領はそっち系より明るく楽しい曲かな。

一番舞台から遠い席だったので、歌だけの評価では、定価8500円のうち5,6000円分の満足度はあったと思いました。


藤岡君は全国ツアー中だからか、せっかくのリリカルな声が… カフェ・ソングは力業で聞かせてましたが。

ソーマさんはトークが面白かったですね。「ハグ鈴木と呼んで」 とかw あと、最初の方のお洒落な曲はなかなか。
[PR]
by yukituri | 2012-09-16 22:17 | 国内観劇 (その他)