日本版LNDも気に入りました


by yukituri

怪し美しさ~♪ < 彩輝トート・宝塚エリザガラ

東京では1回しかない、貴重な彩輝トート回に行ってきました。しかも12列通路近く、1幕のトート客席登場ガン見席。チケット譲っていただき、ありがとうございました!

7年半前、私をこの世界にはめた人。その印象のまま封印すべきか少し迷いましたが、結果的に行って良かったです。

以下、評価がやや甘いのは、ファン目線だから。

完全にとは言わないけど、
♪変わらない~ 美~し~さ~ (あ、作品違い)

または
♪怪し美しさ~ (!!!) ルドルフ殺した後のキメ顔ったら。

やや頬がこけて、中性的な妖艶さはむしろ増したかも。

低音は出てなかったけど、中音域のハンガリーでの闇広や愛と死リプライズは、往時を思い出す、よく響く歌でした。


第1次月組の、初風フランツ・ヨーゼフ陛下も良かったです!

ああ、後は (今日の方々ももちろんいいですが)

怪し美しさ2乗の大空ルドルフだったらなぁ!! 
小気味よくて歌が素晴らしいきりやんルキーニだったらなぁ!!


宝塚礼賛が多すぎたとはいえ、トークショーも付いててお得。そうか、白羽さんと湖月さんはコンビだったな!とか、朝海さんけっこうお茶目キャラだとか、面白かったです。

「わたるさんとは 『愛と青春の宝塚』 でご一緒して」と言った途端、突然かわいい声で 「リュータンさん!」 と叫ぶトート閣下 (笑)

「トート "さん" に飛び込む時、もっと 『体ごと行け!』 とわたるさんに言われ」 と語る皇后陛下。
いやー、日本版ってほんと、「やあ! 僕の名前は ”死んでる” だよ~」 (以前カラオケに来てくれたドイツ人に、日本では 「死」 じゃなくて tod =役名と言ったら、こう受けてた) の世界なんですねw


私の芸術の秋・エリザベート祭りはこれにて終了。宝塚版、堪能しました。

とはいえ、歌その多の面でウィーン版をまた見/聞きたくなってるんですが…(爆) 
何度見てもいい作品だ、ということにしておきましょう。
[PR]
by yukituri | 2012-11-17 21:51 | エリザベート (国内) 感想