日本版LNDも気に入りました


by yukituri

分かれば楽しい、ロックオペラ・モーツァルト (「後宮からの逃走」 そんな意義が)

ロックオペラモーツァルト、日本版を見てきました。
なんだか3回も韓国で見てしまった作品で…アセ 感想① 感想②

アッキー=ヴォルフ 山本サリエリのルージュ Ver.
持ち味としてはこちらが合ってるんじゃないでしょうか?

帰り道の mixi つぶやき。

「ロックオペラ・モーツァルト、楽しかった! (韓国で見て) わけわかってなかったところがかなり理解できたし。セットや衣装が日本版の方が気に入った。アッキーを久々にミュージカル大作で、しかもヴォルフで見れてうれしい。キャラ的には今日のすまし返ったサリエリとどう役替わりしようというのか気になる。こうして役替わりの罠に…爆」

だってアッキーのサリエリも聞いてみたいですから♪
ほんとはサリエリの方が美味しい歌、多いんですよ!

アッキー、ヴォルフはさすが持ち役? M!当時に比べ、なんだかハンサムに見えたような? 韓国で見た時は、ヴォルフの歌はあまり印象に残らなかったんだけど、今回はサリエリより目立ったのは、アッキーの歌力かな?

山本さんのサリエリは格好良かった。前半からヴォルフの運命のごとく数回登場するのって、韓国版にはありましたっけ? 黒衣似合いますね~ ローゼンベルク伯爵 (サリ~サリ~とか言わないけど、上手いですね) とナニ話してんだか今回初めて分かりましたし。最後のあの楽譜はそのままガメたのだろうかw

なんでまたAKB?プロパー使ってよ!! と期待値が底ばってた (音痴とは聞いてなかったので穴掘って埋まるほどではなかったけど) コンスタンツェも、アイドルにしちゃ声が出てる?と思ったし。(ハモれるかは未知数ですが。ウェーバー一家の歌はイマイチきれいじゃなかった。お父さんの歌も声質・迫力とも残念??)

ただし、私のヒロインはアロイジアの Akane Liv さん。スタイル良すぎ、あの扮装が似合いすぎ~ もっと歌って~ ヴォルフとデュエットして~

この作品、男女デュエットが全然といっていいほどないんですよね。
そこがM!に比べ不満の一つ。姉妹対決、男性デュエットもいいけど。
曲はリーヴァイに比べ印象薄めと思っていたけど、さすが通算4回目だから (爆) お持ち帰り曲もできました。歌うカテコもあるし♪


話は変わりますが、今回、日本語で聞いて初めてへぇ~~~!と思えたことがいくつもありました。個人的に最大のものはオペラ 「後宮からの逃走」 の意義。

これ実は初めてドイツ語で鑑賞したオペラで、心地よい平易な音楽、ご都合主義だけどハッピーエンド、ワーグナーと違ってすらっと美男美女の主役たち、で大好きになったのですが。

オペラと言えばイタリア語で当然だった時代に、あえて民衆向きにドイツ語で作った!と。
きっと、みんなから馬鹿にされて、 「ドイツ語なんてダサくて芸術に向かない」 とか言われてたんでしょうね。
そんなエポックメイキングな作品だったとは!?

そういう意味では魔笛を始め、ドイツオペラの先駆的存在なのか? (お詳しい方、今更すみません)

そっかー、韓国版3回も見たのに気付いてませんでした。聞いたようなフレーズには気付いたけど、考えてみたら、「ドイツ語」 も 「後宮」 も 「逃走」 も韓国語じゃ分からないし(^_^;

演出で良かった点。ひし形の傾斜した台が回転し、側面がいろいろ見立てられるセットや衣装が比較的重厚できれい。外国人演出家の功績かな? (韓国版はフランス準拠らしいけどやや安かった)

天使がぶら下がる中をヴォルフがせりあがっていく、あの恥ずかしい昇天シーンがなかった。

残念だった点。サリエリがモーチャルト! と絶叫して通路を爆走するサービスがなかった (せっかく通路席だったのにw)

追記) 安蘭さんが来ていたことを後から知った。えーっ! 関係者席らしい17列目のセンターブロックにフランス人スタッフだの、某政治家だのがいたのは気付いたけど、あの辺にいたのかなあ? 見そびれ惜しいことを…
[PR]
by yukituri | 2013-02-12 20:26 | 国内観劇 (その他)