日本版LNDも気に入りました


by yukituri

年度末、観劇とお歌の教室の行方

あーっという間に年度末ですね…

人事異動の季節、私も配転になりました。今度の部署は、前のほど勤務時間に融通がきかなさそうです。(昼の観劇が多かったり、韓国通ってたりで、「働いてないんじゃね」 疑惑もあった私ですがw、単に観劇に合わせてシフトの希望を出せていただけでした) 平日昼間に買ってあるチケットはどうなるやら… ドキドキ。今後は平日観劇ペースが落ちそうで、週末中心の通常ワーキングウーマンモードになるかも。

反面、土曜日は確実に休みになるので、お歌の教室 (笑) F のウィークエンドコースには行きやすくなります。

ちなみに、今日は豪華なラインナップでした。各コマ50分の担当の先生が、呼吸法やら発生練習やらリズム打ち練習やらのあとに、ちょっとだけ曲 (ミュージカルとは限らない) を歌わせてくれるのですが。

1限目のグリンダN先生が 「オン・マイ・オウン」
2限目のY先生が "Wishing You Were Somehow Here Again" (邦題 「墓場にて」 と意味違いすぎじゃね? といつも思うw)
3限目のS先生が "Thank You for the Music" (マンマ) でした。

ちなみに、Y先生は先日、NYでシエラ・クリスを最前列真ん中で見たとか。羨ましい~~~
でも、私がウィーン版 "Rebecca" は最前列で見たもん!と強がると、悔しがってました。「永遠の瞬間」 がお好きだそうで。

S先生はなんと、"Side Show" 初演のスタッフだったことが判明。岡さんとかの歌をずーっと聞けたなんていいなぁ。でも、ピアノ弾きづめで、すっごく大変だったそうです。歌でつなぐ作品ですから、さもありなん。
[PR]
by yukituri | 2013-03-30 22:12 | 普通の日記、PC・語学関係