日本版LNDも気に入りました


by yukituri

最強! ミュージカル歌手 < 濱田めぐみ セカンドコン

日本最強のミュージカル役者 (少なくとも女性歌手としてぶっちぎり) だと思う、濱田めぐみさんのセカンドコン・ルージュに行って来ました。

なにせ10カ月も前、去年のファーストコンサートの時に買った劇場売りのアリスとのセット券なので、場所はD列サブセンターとかなりのもの。表情演技も堪能です。

以下は mixi & Twitter に直後につぶやいた感想。

「濱田めぐみセカンドコンサートに行ってきました。濱田節たっぷり~! 英語も10ヶ月前のファーストコンサートよりずいぶん良くなって、アンコールの "Defying Gravity" が素晴らしかったです (キラキラマーク) あとはやっぱり "Mad Hatter" 似合いますね (王冠)」

「濱田セカンドコン・ルージュ (口紅) まさかのレミゼ序曲で気分が盛り上がる。「オン・マイ・オウン」 と 「夢破れて」 のメドレー。本番が聞き劣りしたらどうしよう (アセ) アイーダじゃなくてアムネリスでしたが、"Every Stroy is a Love Story" も格好良かったです (富士山&後光)」


というわけで、ファーストコンの時はわりといっぱいいっぱいな印象で、「十分凄いけど、日本語で聴きたいなぁ」 と思った "Defying Gravity" が、英語でもかなーっり濱田節で楽しめました! 感動。"I hope you happy" の辺りとか、一部1人2役もあって、ややグリンダっぽい声にもなっていたし。ハモリ部分だけはちょっと寂しくて、横浜で少人数コンやってるはずの沼尾さんがいたらもっと凄かったろうなーと思いましたけど。

6、7人のバンドがいて、お着替えの間とかも演奏で繋ぐ。まさかのレミゼ序曲が始まった時は驚きましたが、生音はやっぱり気持ちいいですね! でもって、レミゼの2大女性ソロを熱唱。新演出の特徴だと聞く、気の強いファンティーヌなら似合いそうだし、今からでも出てほしいくらいでした♪

トークはまだグダグダしているところもあったけど、去年よりずいぶんテンポが良くなって。やっぱりキリっと格好いい系が似合います、この方。素ではなく、「完璧主義」 という役作りのなす技かもしれませんが。

休憩なしの1時間半ほど、大曲続きであっという間に過ぎてしまいました。男性ゲストを迎えてのデュエット曲も聴きたいけど (吉野さんの出演中止は謎だった)、また次回に期待します。


他、印象に残った曲

"Every Story is a Love Story" (Aida) 持ち役のアイーダではないですが (純粋ソロがほぼないせいか?)、途中からのアップテンポが格好良すぎ。この役でも凄かったろう、と。

「エビータ」 メドレー = ブエノスアイレス & "Don't Cry for Me, Argentina" 四季時代にはやってないですよね? エビータとしても見たかったなぁ。

「彼こそ奇跡よ」 (シラノ) ロクサーヌ・ダブルキャストの彩吹さんのコンサートでも先日聴いて、いいじゃん? と思った曲ですが、やっぱり濱田さんの方が聴きごたえありますね。舞台は見てなかったので嬉しいです。


ちなみに、日替わり曲が男性歌手のJポップでしたが、ミュージカルの男歌は歌わないんでしょうかw 最初の白いパンツスーツが似合って、男役でもイケルんじゃ!? と思いました。


終演後の感想トークも楽しかったです♪
[PR]
by yukituri | 2013-04-27 19:55 | 国内観劇 (その他)