日本版LNDも気に入りました


by yukituri

フツーに楽しみました < レミゼ @ ソウル (書き足し)

2013/7/19 20:00 ブルースクエア 1階5列上手
정성화 チョン・ソンファ  バルジャン
문종원 ムン・ジョンウォン ジャベール  
조정은 チョ・ジョンウン? ファンティーヌ
김우형 キム・ウヒョン   アンジョルラス  
조상웅 チョ・サンウン   マリウス  
박지연 パク・チヨン    エポニーヌ 
이지수 イ・ジス      コゼット 
임춘길 イム・チョンギル  テナルディエ 
박준면 パク・ジュンミョン テナルディエ夫人

何だろう、この感覚。
確かに外国なのに、あたかも帝劇別キャストを見てるような…

セット、演出は基本同じとはいえ、もちろん細かい違いはいろいろ。
事前に聞いてた通り、花道の建物はなくて、その分、舞台が狭いです。
ジャベール*しシーンも舞台上でやってくれて、上手からも見やすい。
バリケードもっと幅狭・弱っちそうだし、学生たちも人数少ないんじゃ? ろうそくが10個くらいだったような。

♪ Lovely Lady... のところ、"イェップン・セクシー" (きれいな、セクシー?) に聞こえたけど、合ってるでしょうか。韓英ちゃんぽん? (しかも後半は言葉変更?)
追記: セクシーには 「乙女」 「酒場女」 「花嫁」 と、どういう仕組みで!? と思うくらい違う3つの意味があるそうです。
二番目、日本語で無理やり歌うなら ♪綺麗なねーちゃん♪ とか?(笑)

ちなみに、外来語の "sexy" はまた別にあるとかw


内容全部知ってるし、一番フラストレーションなくフツーに楽しめました。
が、面白いもので、一番感動したかはまた別。
身びいき込みでしょうが、総合的には帝劇版の方が上なんじゃないですかね? 特にアンサンブルの歌唱力など。学生たちとか、名もなき 「女」 も美声率高いですからね~

まあ、日本ミュージカル界の上澄み人材を集めた? 東宝レミゼと、今回が初演でそう知られてなかった韓国では、そもそも比べるべき基盤が違うかもしれません。ちなみに、ありがたき韓国人ミューファンの友人によれば韓国でのミュー最高峰はジキハイだとかで、そちらはアンサンブルの端まで全員すごいです。

現日本版より良かったのは、アンジョルラスとコゼット♪
ウヒョンさん、タイトルロールもやっちゃう人なのにこれって、贅沢だなぁ。キャラにも合ってる。岡さんと上原君の間ぐらいに好き (^^)
コゼット、お顔はまあ普通でしたが、きれいに上まで出るソプラノで、これ重要です! マリウスがヘタレてデュエットいまいちだったのが惜しい。



見て思ったけど、韓国ミューにしては役者陣のキラキラ度が低め? 
こちらでもUK演出家の好みが反映されてるんでしょうか。

なんだ、泥臭いバルジャンと格好いい系の?ジャベールでもいいのか~ (なら岡さん続投させてほしかった)
バルジャンの人はずんぐり型。見栄えはジュンヒョン氏の圧勝だけど、歌はほぼ同水準かな。お笑い出身というのがビックリな歌唱力です。演技は… そんなに表情の幅がなかった気がしましたが。

ジャベールは、誰だったか外人役者を思い出すバタ臭い顔で、セミロングのオールバック (川口さんだと落ち武者とか言われてたヤツw) も合う。あんまり老けて見えないけど。歌は普通にうまい。

テナ夫人、モリクミさん以降、デブもありになったとかで、今や大勢かも?(笑) ここの人もでっぷり。コメディエンヌとしては森さんほどじゃないと思ったけど、客には大うけでした。
テナルディエ、なんか段取り臭くて、あまり楽しめませんでした (萬谷さんもそうだった)、Master of the House 最後に吹き出すシーンはないので、瓶にヘンなもんは入ってない模様。

マリウス、ひょっとして華奢さで選ばれた? そう美形でもないし、ヘタレ風味はいいとして、この回は歌が時々…(><) ソロはなかなか聞けたけど、ハモリ外しまくって、せっかく歌ウマコゼットなのに残念でした。

エポニーヌ、コゼットより美人。マリウスはきっと丸顔好みなんでしょうw 手紙を届けるシーンでは、帽子は取らず、駄賃はむしり取るようにして走り去ってて、おおっ。女の子アピールでバルジャンの気遣いが中途半端になるより (女の子と分からない鈍感?それとも、 分かったんだったらもっと必死で止めんかい!) 悪がきのふりのこちらが整合性を感じて私は好き。

アンジョルラス・アンサンブル化計画、韓国版では部分的なのかな? 
♪ 築け今バリケード! とかも一人で歌ってました。ラダメスやジキルやってるウヒョンさんなので、役不足が気の毒なくらいで、歌い上げも安心して聞けてマル (誰とは言わんが日本キャストは安心できず) 主導者オーラも十分。

子役たち上手かったな~ ガブローシュ、顔の愛らしさは子供店長が多分上だけど、歌はトントン (店長、巧くなったし) ちびコゼはスタイル良く声も可愛い。11時のカーテンコールにも3人バッチリ出てきたのは、韓国では児童福祉法の縛りが緩いのか?  


話は変わって。「チャン・バルチャン」 「チャベール」 「コジェット」 
この3つはデフォルトでした(^_^;A 

まぁいいか、そういう言葉の国なんだし、大多数を占める地元客には違いは聞こえない (日本だってヴァルジャン、ジャヴェールがB音に化けちゃってるんだし、英仏人とかが聴いたら相当、ヘンかも)

ただ、一月前には普通の発音もかなりあったそうで。UK演出家の指導が残ってたのかな。

帝劇でやられてちゃたまらんかったでしょうが、してみるとジュンヒョン氏、かなり頑張って直しくれてたんですね!

歌詞は、きっと日本版の7,8割増しの量が入ってることでしょうが、頭の中はすっかり東宝版が音声多重状態。
断片的にしか分かりませんが、細かい違いはけっこうありますよね。

耳に付いたのは例えば、マリウスの手紙。♪愛するコゼット~ は、ネ・サラン・コジェット~ とかやるのかと思ってたら、意外や ♪ナ・エ・コジェット~ (僕の) と単に所有権主張な歌詞に。
バルジャンの告白へのマリウスの答えが、ク・チャンバルチャン (その? が追加。英語にもないですよね)

臨終シーン。♪ 支度はできた、と言ってるかは分かりませんが、♪ ファンティーヌ、付き。これ好きなんですよね。日本版も残せばよかったのに。

コゼットへの語りかけでは、アボジ (父) という言葉は聞こえなかったので、♪私は父じゃない~ じゃなくて、♪ For my keeping... バージョンだったんでしょう。
宿屋では言ってましたから、「お前の父親になろう」 とか?

フィナーレ盛り上がったので、民衆の歌やワン・デイ・モアの歌詞あったら覚えたいな!
[PR]
by yukituri | 2013-07-20 03:40 | 韓国ミュージカル関係