日本版LNDも気に入りました


by yukituri

上手い歌をたくさん聞くには < 寺元健一郎ライブ

二都物語の余韻まだ冷め切らず、出演者の中で一番美声じゃね? と思った寺元建一郎さんの初ライブに行って来ました。舞台感想を探してネットをさまよったらご本人のブログに告知があり、運よく見過ごさずにすんだ次第。
ゲストは 「殺された女性」 木村帆香さん。もう一人のきょうだい (貫禄あり過ぎる妹) は残念ながらいらっしゃいませんでしたが(笑)

上手い歌をたくさん聞くには、アンサンブルさんのソロライブはいいですね♪




二都物語でも 「殺される若者」 という役ですごく目立つソロが楽しめましたが (もっと前ならジキハイのボーイソプラノ新聞売り)、メジャーどころの名曲を聴けるのはまた格別です。

しかし、少し遅れて入ったら、近い・近すぎる席でした。ピアノ横の立ち位置から3メートルほど離れてるし大丈夫かな、と思っていたら、ご本人が動く可能性を忘れてた (笑) …顎下鑑賞できてしまいました。


セットリスト (歌は全て日本語)

"Falling~ Still believe in Love" (DUET)
カフェソング (レミゼラブル)
この森こそ (この森で天使はバスを降りた)
今この時 (二都物語)
オンマイオウン (レミゼラブル) 木村
"C'est si bon" (シャンソン)
ハナミズキ (一青窈)
もし君に告げたら (ウェディングシンガー)
影を逃れて (モーツァルト!)
キャンディードの嘆き (キャンディード)
"A New Life" (ジキル&ハイド)
"The're playing our song" (DUET)
"Why God Why" (ミスサイゴン)


シャンソンとかハナミズキも良かったけど、やっぱりミュージカル大曲がいい。
Why God Why、A New Life (This is the Moment かと思えばこれ。原曲キー!?)、影を逃れて (僕こそ音楽も似合いそう)、カフェソング が好みでした。

二都物語からは、木村さんと二人でプロポーズ歌。本舞台では簡略化されていたハモりが、BW版CDと同じメロディーで入っていたのが何気に嬉しい。
♪ ねえさんを~診てあげて~ (と一節アカペラ) も歌いたいけど、今井さんが必要なのでムリだそう、残念。

トークのややぐたぐたっぷりは、初ライブだし微笑ましい。歌=せりふとして役になる度は。もっと深めてほしいかな。今後の課題ですね。

毎回殺されずみで、弟に倒れこまれるだけのお姉さん、この人も歌上手いですね。東宝アカデミー卒業公演の持ち役だというオン・マイ・オウン聞かせてくれました。「さよならは言わないで」 も聞いてみたかったなー。

トークでは、打ち上げでクランチャー髭を剃った宮川さんが超かっこよかったとか、ベスト着忘れて出ちゃった橋本さんがヒラヒラブラウスで王子様みたいだったとか、濱田さんが舞台袖で ♪復讐してくるわね~ と踊ってたとか、二都裏話もちらほら。
しまった! 「あと誰かの話?」 と聞かれた時、岡さん! と言い忘れた。最後の方に入ったらかぶりつきすぎる席に動揺して、頭が働いてなかった。せっかく殺す殺されるの仲なのに~

定員60人。整理番号が呼ばれた人から入る方式で、

(よく響く声で)  「*十*番!」 →  階段上り  

どこのリアル二都かと。
[PR]
by yukituri | 2013-09-07 22:47 | 国内観劇 (その他)