日本版LNDも気に入りました


by yukituri

とにかく爆笑 < モーツァルト故郷で初ラカージュ

2013/ 10/ 16 Salzburger Landestheater 1階1列サブセン

d0064742_11371269.jpgメインディッシュその3、モーツァルトの故郷でマイ初ラカージュ。いやすごかったです(^_^;A 100回くらい? 爆笑させてもらいました。

Uwe ザザ、公式トップ画像の印象とは違い、あくまでいかつい体型&カマぶり。ジョルジュの方が2回りほど小さい (体型だけなら鹿賀さんと市村さんの役を逆にしたような)

トラップ大佐は似合って当然、と思ってたので、むしろ今日が注目でした。おさすが♪ あ、Hairspray でトレーシーのママもしてるから、とっくに守備範囲か。そちらのフツーの主婦よりスター役が自然だし。



2013/ 10/ 16 Salzburger Landestheater

Zaza / Albin - Uwe Kröger     Chantal - Martin Schäffner   
Georges - Dieter Landuris     Mercedes - Michael Kargus
Jean-Michel - Philipp Sievers   Anne - Hanna Kastner        
M. Dindon - Werner Friedl     Mme. Dindon - Sylvia Offermans     
Jacob - Marco Dott          Jacqueline - Emily Righter     

この日の席は、遅い夏休み行くぞ!と最終的に決める前に買った1階1列サブセン。かぶり付きでしたから! オケピット周りに銀橋? が作られてて1列足元は狭い。銀橋に立たれると仰角80度だけど、近くてドキドキ。

Uwe ザザのかなーり長い漫談あり。間がうまいですね!d0064742_20251447.jpg

d0064742_19395766.jpg「今日、新聞の科学記事を読んだら、夫婦の各10人のうち、妻は3人夫は4人、よそに行くんですって。まーっ、夫の4人目ってどこに、かしら?」
   で、割と前方列の男性客を順番に2人立たせては、

「お名前は? (吐息) ダービッド… あなた (パートナーに) 忠実?」 
   とか客席いじり。男性の方、チャンスあるかもしれませんよw

アドリブなのかは不明。日本版にあるのかどなたか教えてください。

ちなみにその時は真っ白なミニのウェディングドレス姿? でえらくゴツく、左の写真 (11月の予定小冊子) のようにエレガントな雰囲気ではなかったですw

お母さんは、ザザというよりアルバン? 2幕の家出して浜辺のカフェで拗ねてるところと、その後の 「アルベールおじさんに化けるんだ!」 特訓のダメダメっぷりが最高。

歌は、Ich bin wer ich bin よりも、2幕のシャンソン Die schönste Zeit ist Heut’ (直訳: もっとも美しい時は今日) の方が好きでした。どっかで聞いたいい曲と思ったら、4 Stars の締めだったのか~

演目日替わりなのは う~様だけでなく、息子ジャン・ミシェルとその婚約者の若者組、昨日のトラップ家長女リーズルとその恋人でした。

ジャン・ミシェル、24歳だと主張してたけど、♪ 17歳もうすぐ18歳♪ の方が似合いそうな、細っこく可愛いプラチナブロンド。日本で言えば小野田君タイプ、ルドルフも似合いそう。出待ちする元気があったら実年齢聞きたかったな。
共演者が、昨日は恋人の父親、今日は 「お母さん」 ということについても…w

ミュージカル見に行ったら、ゲイバーのショーも体験できちゃった、きゃっ♡  なシーンも面白かったです。

中に、お尻から脚のまろやかなラインが絶品で女のコにしか見えない南アジア系の人がいたけど… ま、まさか性転換かその一歩手前?? それとも数合わせで女性ダンサーが入ってたんだったら、がっかりですが納得。 
他のカージュたちは一見綺麗でも脚の筋肉とかがゴツくて目に優しくないので、ついこの人に目行ってました。
そうそう、キノシタ・ヨシトさんという人もいました。役柄は纏足でチョコチョコ歩くチャイナドールですが。

平土間、他の人が立たないと中央部に入れません。1列目は普段は大丈夫かもしれませんが。2階 Loge (桟敷席) の4、5個目あたりが、個別のドア・中通路ありで入りやすく、前列なら舞台に近く見やすくお得かも。
[PR]
by yukituri | 2013-10-17 07:34 | 海外観劇 (他作品、総括)