日本版LNDも気に入りました


by yukituri

オペラと全然別物で… 카르멘 (カルメン) 一言&あらすじ

韓国版カルメン観劇。お目当てジョンハン先生の歌は流石。聞き惚れました。だけどホセなので基本ダメ男、ほぼいいとこなし、かつ間も悪すぎ(笑) 情けな男とはいっても、サスペンダーの紐くらい戻してもいいと思うのw

この時期なら、欲を言えば以前出られていたというラ・マンチャで観てみたかったな。

2012/12/12 15:00 LGアートセンター 1階4列センター

차지연 (チャ・ジヨン)   カルメン   主人公、ジプシーの踊り子?
류정한 (リュ・ジョンハン) ホセ     それに誘惑される男    
임혜영 (イム・ヘヨン)   カタリーナ  ホセの婚約者、清純な令嬢
에녹  (エノク)       ガルシア   カルメンにやたらに絡むワル

カルメン (前にメルセデスで観てるかも) は濱田さん張りの力強い歌、カタリーナ (ミカエラじゃないみたい) はあくまで清楚で可愛くよく伸びる声。 「ゾロ」 でも清純派ヒロインで好きだった人ですね。ガルシアは憎たらしく強そうで、元帝国宰相 ( 「ルドルフ」 のターフェ) と思えないワルさ。腹筋見せつけ、左目には傷。

音楽も悪くないですね。いつものワイルドホーン節、いい対決歌もいくつか。どちらかというとルドルフ路線か。
というわけで、ダ作かの判断は保留しています(笑)

ただ、オペラと別物過ぎて2~3割くらいしか分かりませんでした(-_-;A まず設定が現代だもんなー タバコ工場じゃなくてサーカスだし。カルメンと悪いヤツの関係もさっぱり見えなかったし。あ、ジャグリングにマジックにシルクアクションにと、サーカス芸は楽しめます。ややB級?だけど、アンサンブルの余芸には厳しそうなので、本職を雇っているんだろうな。が、長くて回数多い。

分からなくて気分的に疲れて、めったにしませんがソワレに何も見ずに宿に帰って来ちゃいました。台詞が分からないフラストレーションが3日目なのでかなり溜まってたみたいです。

リピートは内容を理解してからでいいやと思って、終演後、改めて探したけど、チェコ初演のワイルドホーン新作、韓国がひょっとして2カ国目? 英語のシノプスすら見つからずorz ミュージカル粗筋というページがあっても、出て来るの3幕物のどう見てもオペラ筋だもんよ。オペラ→音楽劇→ミュージカルの三段活用?

泊まってる旅館の親切な娘さんに頼み込んで韓国語で検索してもらいましたが、同じ。3日に開幕したばかりだからか、韓国人ファンのネタバレ粗筋も見つかりませんでした。そしたら彼女、さらに親切なことにインターパークの画像形式の粗筋文をテキストに打ち込んでくれたんですよ (人) 

同様にお困りの方がいるかもしれないと思い、moreにこっそり入れておきます。複数の翻訳ページを照らし合わせ、質問して作りましたが、推測が混じっているので間違いあったらすみません。




危険な彼女カルメン
愛と一緒に危機に陥ったホセ
彼のために祈っているカタリーナ
戦争のような恋をするガルシア

スペインのある都市。市長の娘 「カタリーナ」 と前途有望な警察官 「ホセ」 の華やかな婚約式が行われる。ホセはカタリーナに熱烈な思いを隠し切れないが、カタリーナの信念も尊重し、待っている。そんなある日、ホセは挑発的な魅力の 「カルメン」 に出会い、彼女に訳の分からない強い魅力を感じるようになる。一方、カルメンは自分が属しているサーカス団の主人 「ガルシア」 を裏切って逃げている状況だ。

純潔なカタリーナとカルメンの致命的な誘惑の間で制御できない魅かれる心と葛藤に苦しんでいたホセは、カルメンの逮捕命令を不服として危機を迎える。カルメンもホセに他の男たち以上の魅力を感じるが、彼女の周りの多くの男たちとの出来事は、二人を放っておかなかった。特に、カルメンを完全に自分だけの女として所有したいガルシアは、カルメンにホセを殺すと脅迫するが…
[PR]
by yukituri | 2013-12-14 20:43 | 韓国ミュージカル関係