日本版LNDも気に入りました


by yukituri

ワーストってほどでもないけど

ベストだけではなく、気に入らなかった作品も?と考えてみた。こうしてみると、意外と宝塚に点が辛い(^_^;) 宝塚、というより国内オリジナルだからかな。海外・翻訳物は、評価が確立したような名作を見てることが多いし。

イマイチ好きになれなかった作品

ラマンチャの男 (東宝) 舞台が暗い… 幸四郎親子の歌もそれほど。

串田戯場・法界坊 (歌舞伎座) 十二夜に比べるとあまり歌舞伎から外れていなくて、素養不足のため深くは楽しめなかった。法界坊一味の着物のちょーきたなさはリアルだったが(^_^;)

以下宝塚

マラケシュ、霧のミラノ: エリザベートやアーネスト・イン・ラブの翻訳物に比べると、宝塚オリジナル作品は、どうしても話の詰めが甘いと感じてしまう(「龍星」 はけっこうまし)。でも、役者はみんなきれいでスタイルいいし、きちんと化けて外国のストーリー気分を味あわせてくれるのは好き(^^ゞ

炎に口づけを: オペラ 「イル・トロヴァトーレ」 ゆずりのヘンな物語はいいとして、せりふのメッセージ性が露骨すぎて素直に感動できなかった。

ベルサイユのばら: 話の縮め方にちょっと難あり。1幕だけの全国ツアー用だからかな。来月見に行く本公演に期待。 
[PR]
by yukituri | 2006-01-03 19:41 | 国内観劇 (その他)