日本版LNDも気に入りました


by yukituri

旅日記番外 セゲドの温泉 (7/28)

d0064742_8392816.jpg「歩き方」 では 「セゲド温泉」 とあった街中の日帰り施設。川向こうにも別の温泉があるので、「アンナの泉」 と言うべきかも? トルコ調の外観のこれまた優美な建物で、デッキチェアの並ぶ中庭はリゾートホテル風。最近リフォームしたらしい。プールやエステコーナーもあるらしいけど、d0064742_839489.jpg
入浴だけだと500フォリント (約300円) と安い。水着着用の混浴。ちょっと困惑したのは、ロッカーも男女分かれていないこと。鍵の掛かる脱衣室がいくつか横にあるので、そこで着替えればいいんだけど、でっぷり腹の出たおじさんが隣のロッカーだったりすると…(^_^;

シャワーを浴びてからお風呂へ。シャワーもまた男女共用で、きちんと体を洗えるようなものではない。浴槽は、36度のジャグジー、34度のやや大きめの浴槽 (ブダペストの温泉にはあると噂のチェス台が真ん中に)、32度の浅めの3種類で、日本なら自治体温泉の中小くらいの規模か。お湯はかすかに緑色でさらっとしている。泉質は悪くなさそうだったけど、けっこう塩素臭がして、まあ温水プールみたいな気分だった。温度は日本人としては物足りない。もっと温まりたい人はサウナへ、ということのようだけど、下に敷くバスタオルを持参するものらしくて、持ってなかったので断念。

浴槽間やロッカーとの移動の時は、濡れた石張りの廊下 (土足可) という感じで、足が気持ち悪いのでビーチサンダルがあると良さそうだった。お風呂を2巡くらい行ったり来たりしたが、いちゃついてるカップルもいたりしたので、あまり長居はせずにさくっと上がった。

d0064742_8401195.jpgお風呂そのものより気に入ったのは、建物の少し手前にあった飲泉場。歩き方ではここだけが 「アンナの泉」 だけど、おそらく源泉は共通だろう。アンナさん? (って誰だか聞き忘れた) の像の下から4ヶ所、45度くらい?のお湯が出ていて、ペットボトルやタンクにお湯を汲みに来る人多数。私も500のボトル2本に詰めた。ちょっとだけゆで卵みたいな、かすかに塩気があるような、なかなか飲みやすい味。翌日までちびちび飲んでいた。効能は知らないけど、旅行後半を元気に乗り切るのに役立ったかも!?
[PR]
by yukituri | 2006-08-30 07:32 | 観劇旅行 (日記・計画他)