日本版LNDも気に入りました


by yukituri

M.A.激賞インタビュー bei クンツェ先生

クンツェ先生のサイト に、帝劇で上演中の 「マリー・アントワネット」 についての、ヨーロッパに帰ってからの?インタビューが載っいるというのでざっと読んでみたんですが、「をいをい、アナタそんなにも激賞しちゃっていいんですか~?」 と思っちゃいました。なんせ、栗山さんを 「世界で最も天才的な音楽劇 (ミュージカルとしてもいい?) 演出家の一人」 とか、「このまま、彼の演出で世界中で上演されてほしい」 とか書いてあるんですから!
まあ、作者の一人 (作詞) としては当然の態度かもしれませんが。

(ちなみに、引用は全部、テキトーな私訳ですので…)

「芸術的な成果に比べれば、商業的なものは自分には全然重要じゃない」 だそうです。うーん、クンツェ先生の趣味ってああいう前衛的なやつだったんですね。してみると、宝塚のエリザベートとかは、彼にとっては分かりやすすぎなのかもしれないなぁ。歌詞とかかなり変えられてるし。

ともかく、このインタビューを読むと、ものすごく面白い作品&世界に向けて前途洋洋と思えますね。
[PR]
by yukituri | 2006-11-22 20:13 | 東宝・梅芸系