日本版LNDも気に入りました


by yukituri

カーテンコールでびっくり < 帝劇 「ラ・マンチャの男」

d0064742_6502524.jpg急に招待券をいただけることになり (ありがとうございました♪)、行ってきました、「ラ・マンチャの男」。前回は1階上手、今回は2階下手だったので、ちょうど良かったです(^^)

うーむ。クリエと比べると帝劇、すっごく広く感じます。舞台も広いなぁ。んで、演出はものすごく黒い。みんな薄汚れた格好をしていて、牢屋も宿屋も暗い、登場人物の顔も汚れで(^_^;A ベガーズ・オペラもそうでしたが、中世の実物はこんなもんなんでしょう。

作品としては、エンターテインメント性はレベッカほどじゃないかな? 私には難しいだけかも(爆) 松本幸四郎さんも松たか子さんも、ミュージカルのプロパーというわけじゃないですが、歌はなかなか鍛えてるような。ファントム主役コンビよりは10倍ましですね (っていつの間にワタシ的・比較のベースに…笑) 松さんは3年前?見たときより上手く感じました。

郷士の姪は、やたら顔が小さくてスタイルがいいと思ったら月影瞳さんでしたか。憎々しい役だけど、ペドロの大塚雅夫さんという人も背が高くて格好いい(^^) 牢名主・宿屋の亭主は、前回好きだった上條さんでなく残念。

今日驚いたのは、カーテンコールで幸四郎さんが突然、英語の台詞をしゃべって、英語で歌いだしたこと! そういえば昔、ブロードウェイで英語で主役をしてたことがあるとか。今期は毎回やってるサービスなんでしょうか?

ネットで歌詞を検索してみたところ、導入部のせりふは
"It is the mission of each true knight...
His duty... nay, his privilege!"
というところかと。"nay" しかその場では聞き取れませんでしたが(爆) 歌はより分かって。日本語版も語数が少ないなりに、♪遠き星をめざして とかきれいでしたが、英語はなるほどこんな感じか~ と感心しました。
[PR]
by yukituri | 2008-04-29 23:20 | 東宝・梅芸系