日本版LNDも気に入りました


by yukituri

お願い < M.A.の感想、教えてください

みなさま、こんにちは。ちょっとお願いがあります。

東宝の M.A.= 「マリー・アントワネット」 の感想を教えていただけないでしょうか? 凱旋公演 (というか東京再演) で変わったあたりも含め、評価する点、嫌いな点、思われたことを率直に。特に物語やセットについて。

というのも、来月、ドイツはブレーメンで上演が始まるのですが、新しく知り合った人に「日本版、どうだったか教えて」 と言われ (軽く批評を期待しているらしい) たのです。私が書くと、超けなしたものになりそうで…(^_^;A

当時 (初演で3回見た) の感想を読み返してみても、

「クンツェ/リーヴァイに期待しすぎた。がっかり」 とか、
「いい曲もないではないけど、全体的に音楽がたるい」 とか、
「カリオストロの存在意義が不明。オルレアン公、ボールマルシェも含め、語り手3人は多すぎ」 とか、
「ストーリーの繋がりがところどころ良くない」 とか、
「セットが前衛的で好きになれない。特に巨大な血まみれギロチン」 とか、
「マリーが馬鹿すぎ。なんでフェルゼンはあんな女に惹かれたのか」 とか
「子どもの前で愛人といちゃいちゃはどうよ」 とか、
「前半はもうちょっときれいに、後半は気高くしてよ」 とか…

とにかくもう文句ばっかり思い出しまして(^_^;A アニエスの土井さんや、マルグリット2人や、井上くんの貴公子ぶりや、禅さんのいい人王様っぷりは堪能した覚えがありますが、全体的にストーリーが楽しめなくて。

まあ、エンターテインメントを求める観客には概ね不評だったと思うのですが (チケットの売れ行きも、あまりよくありませんでしたよね?)、けっこう擁護派もいらっしゃった記憶も。じっくり見ればいい点も多かったのかな、とちょっと反省した次第です。

もちろん、批判的な意見も大歓迎。どうぞよろしくお願いします m(__)m
[PR]
by yukituri | 2009-01-08 23:30 | 東宝・梅芸系