日本版LNDも気に入りました


by yukituri

カテゴリ:観劇旅行 (日記・計画他)( 209 )

JOJ怪人を見たおして来た方とおしゃべりして、やっぱり羨望。ひきかえこちらは、濱田さんは速攻でセカンドコンサート発売だし、出ないと超まずいと思っていた用事はそうでもなかったしで、結局、1週遅くても全然大丈夫でした…orz

というわけで、結果論ですがこうしたかった観劇旅行日程!です。

土未明)羽田→フランクフルト→ブダペスト→セゲド ジキハイ
日                        ジキハイ
月 セゲド→ブダペスト→ダブリン       オペラ座の怪人
火 ダブリン                 オペラ座の怪人
水 ダブリン→ロンドン  何か シエラファンテならぜひレミゼ
木 ロンドン→ミュンヘン            ヘアスプレー
金 ミュンヘン→ミュンスター→テクレンブルク    M.A.
土 テクレンブルク                 M.A.
日 テクレンブルク→フランクフルト
月                →羽田か成田

怖いもの見たさのウヴェママも、やっぱり挑戦したいですし(笑)

ちなみに、テクレンブルクは今回、それほど僻地でもないと分かりました。
3セクになった並行在来線の駅からバスで20分+徒歩10分くらいの場所ですから、えーっと。小諸や上田から7~8キロあたりにお城の廃墟があったらちょうどかも?

だからそんなに怖くないですよ~w 金曜のうちならバス本数もまあまあですよ~ これから夏休みの方、ぜひ行ってみてください。
[PR]
by yukituri | 2012-07-31 08:18 | 観劇旅行 (日記・計画他)
ドイツ・テクレンブルク (Tecklenburg) の野外劇場、会場は M.A. (Marie Antoinette) の幕間だとこんな感じでした。
d0064742_19241174.jpg
左に牢屋、その上に出ているギロチン (牢屋の反対側にギロチン台がある) 中央に宮殿やアジ演説場所になる建物、右側にトンネル。

d0064742_19265423.jpg
カーテンコール。左から、フェルセン、マリー、マルグリット、カリオストロ、アニエス、ルイ。しまった、オルレアンが写ってない…(^_^;
[PR]
by yukituri | 2012-07-17 19:28 | 観劇旅行 (日記・計画他)
内容以外の顛末だから、旅日記かな(笑?

今回の旅行の最後かつ2大目的の一つは、ハンガリー南部の国境近くの町、セゲドの大聖堂前の野外劇場の "Jekyll & Hyde" でした。7/6~8の3日間だけだったから旅行がこの日程になったわけです。

ジキル・エン・ハイドでも通じるけど、正式には&は「ジキル・エシュ・ハイド」だとか。日本語も普通に「ジキルとハイド」でいいのになぁ。
このバージョンはCDで 「ギゴッシュ! ギゴッシュ!」 (Murder! Murder!) とかがとにかく耳について、いつか見なくちゃと思っていたところ、同じモルナールさんが主役と聞いて決めちゃったのでした。

ここはもともと開始が午後9時と、やたらに遅い。劇場で隣の隣だった、オーストリアとの国境地帯の出身だからドイツ語がとってもうまい男性は、「きちんと暗くなって雰囲気を作ってからにしたいからでは?」と言ってました。なるほどね。これだとドイツはテクレンブルクで前に見たように、まだ明るい空に向かって警部殿が「星よ」と誓ったりしなくてすむわけですね(笑)
この人によると、セゲドはハンガリーナンバーワンの野外劇場で、全国や外国から泊まりがけで観客が来るんだとか。

さて。6年ぶりのセゲドは到着時には快晴の真夏日。でも昼寝している間に夕立があったようでした。しめしめ、これで涼しくなるぞ、と思ったら。宿を出た8時40分ごろにも稲光とゴロゴロいう音が聞こえるんですけど!

宿から400メートルほどの会場に着く頃は霧雨。10分前なのにゲートも開いておらず、客が溜まってます。係員 (さすが英語ができる人がかなりいた) に聞いても、「いつ始まる?さあ?」 「雨が降ったら最長11時まで待つ」 「中止になったら "雨の日" の月曜日にまたやるから」という恐ろしい返事。もしもし? その頃は私、もう日本なんですけど??

結局かなり待って、小止みになった後、座席の水を拭いて10時少し前に開場。野外劇場全体の初日なので、国歌や "市長殿のご登場" があった後、10時15分ごろに上演が始まりました。

が、その頃にはまた降り出していて、あちこちから遠雷が聞こえて稲光も見えるという不穏な雰囲気。作品には合ってますが。結局、40分ごろ、理事会シーンの3分の1くらいで客電が付いてしまいました…

幸い、デッドラインの11時前にまた小止みになったので理事会を少しだけ戻った辺りからスタート。その後も霧雨が少し降ってひやっとはしたけど、何とか続きました。途中からは、雲の切れ間に月が見えてきたり、夕涼みに相応しい爽やかな風が吹いたりして (野外劇場の本来の狙いはこれ。激寒はイレギュラー) 安心して楽しめました。

だけど、なにしろ合計で2時間近く遅れたわけですから、終わる頃はもう午前2時前、「草木も眠る丑三つ時」 ですよ? わたし的に最遅記録のミュージカル。ヨーロッパにしちゃ拍手が小さくない ? 不評? とお隣さんに聞いたら 「眠いからでは」 だとか。確かに~w

それでも、雨の中1時間待ったあげく中止になるとかじゃなくて、最後までやってくれて良かったです!
[PR]
by yukituri | 2012-07-08 01:26 | 観劇旅行 (日記・計画他)
思いついたところから旅日記。

旅行ももう終盤。ミュンヘン中心部の劇場が立て替え中で、北外れのテントにずっと引っ越し中 Deutsches Theater で Uwe ママの「ヘアスプレー」
ここは地下鉄 Froettering 駅から便利だし、上演時間と時刻表を調べたら終演後にも十分に乗れると分かったので、ハンガリーへは夜行列車にした。
ドイツ鉄道のサイトでブダペストまでなら手配できたので、同室者を気にしなくていいようちょっとぜいたくに個室寝台、多少の早割で159ユーロ。その方が1泊して飛行機に乗るより安いし、セゲドで時間に余裕がある。

でも、カーテンコールもそこそこに地下鉄駅に行くと真っ赤な表示。人身事故で15分以上遅れているらしい。えーっ! ミュンヘン中央駅の乗り継ぎが30分くらいなのに? 遅れが伸びたらヤバいじゃん。
しょうがない、雨の中(上演中から雷がドカンドカン、テントの上で鳴っていた)劇場まで駆け戻って、大枚はたいて(3000円弱だけど、ソウルを経験した後だとすごく高く感じる)タクシーで中央駅に駆けつけた。発車20分前に着いて一安心。だが、発車したのは説明もなく20分以上遅れ。これなら地下鉄を待っていても間に合ったかも? まあ、前もって分からないし、精神衛生料だと思うことにする。

ブダペストからハンガリー南部のセゲドへは6年前の旅行時、切符売り場の行列で目当ての特急を逃し冷房なしの極暑の急行になった苦い経験がある。なので、出発前にハンガリー鉄道のHPでネット購入を試みていた。でも購入に進むとハンガリー語オンリーで、5回ほど試したけど途中でエラー。自動翻訳でもいまいちどんな内容かも分からなかった。それでドイツにいる間に2回ほど駅窓口に頼んでみたけど、時刻は調べられても予約不可。地続きの国なんだからお互いに売ればいいのに。

で、夜行のハンガリー側の人員に相談しろと勧められる。乗ってみたらハンガリーの列車だったので、最初からドイツ語を話すハンガリー人の車掌。だけど「無理。駅で買える」とにべもない返事。しょうがない、なるようになるさと寝る。個室というか、2人部屋の下だけを使う状態だった。

6時少し前に目が覚めるとウィーン郊外の駅(市中心部には入らない)。そこからは晴れたのどかな田園風景を見ながら、3時間弱でブダペスト。油を取るヒマワリの畑の向こうにいくつもの風車が見えた。ハンガリーに入ってからはもっと大量の風車がぎっしり立っている場所も。どの国も再生可能エネルギーに力を入れているんだなあと思う。

ブダペスト少し前に車掌が来て、隣のコンパートメントの英語とドイツ語少しを話す人がセゲドまで行くと教えてくれた。どうやらブダペストでの乗り換えの補助を頼んでくれたらしい。親切だ!

ブダペストには長距離列車の駅が複数あり、ミュンヘンからの列車が着くのは東駅、セゲド行きが出るのは西駅。ガイドブックを見て、路面電車で直通がありそうだなと当たりをつけていた。乗り換え時間は1時間。この国はまだユーロじゃないのでフォリントも引き出さないといけないし、時間がなければタクシーかな?と思っていた。
でも、その人が言うには「西駅からの列車はどうせ東向きに戻ってくるから、バスで少し行ったところのもっと小さい駅から乗るのが合理的だよ」。えーっと、山手線がなくてぐっと小さいバーチャル東京で例えれば、東京駅に着いて、都電で新宿まで行くのではなく、バスで西日暮里に行くような?(笑)

結局、バスの切符の購入(安全のため車内では売らないんだそうだ)からICの予約から乗り換えまで、全部教えてもらってしまった。乗り換え駅はただ陸橋があるだけにしか見えない場所だったので、自力では多分たどり着けなかっただろう。
しかもICに乗ってみたら、席番の場所には別の客が座っていて、こちらの予約券の日付が違っていた(窓口のミス)という事実も、多分自力では分からなかったな。
本当にお世話になりました、ありがとうジュラさん!(エリザの登場人物と同じ名前で軽くうれしかった)

ハンガリー以上に英語の通用度が低い日本、外国人旅行者はもっと心細いだろうな、困ってそうな人にはもっと積極的に話しかけよう、と決心してしまったりして。
[PR]
by yukituri | 2012-07-07 19:23 | 観劇旅行 (日記・計画他)

この夏、気になる公演

 早い時期なら

1) ドイツ・テクレンブルク  マリー・アントワネット (野外)
2) ハンガリー・セゲド    ジキル&ハイド (野外)
3) イギリス+アルファ    オペラ座の怪人 (ツアー)
4) ミュンヘン         ヘアスプレー
5) ドイツ・ライプツィヒ    モンテクリスト伯爵
6) ドイツ・ポツダム     フリードリヒ (新作)
6) ドイツ・バンベルク    ジキル&ハイド

 WEやBWの旅とまーったく違い、野外だの田舎だのばっかり。全部行こうとするとえらいことになるんですよねぇ… そもそもチケットや宿があるのか調べ切れてないし。

 ちなみに、遅い時期なら

1) ウィーン   20周年記念版エリザベート  ですが。
[PR]
by yukituri | 2012-06-11 19:10 | 観劇旅行 (日記・計画他)
例によって特典航空券が取れたので、韓国エリザ最後の週末に行って来ようと計画中です。全く性懲りもない(^_^;

ANAの特典、4月からいろいろ残念な変更が… と前に書きましたが、実は取れやすさはアップしたのかな? 前はよく、前日に電話でようやく取れたみたいな状態だったのですが。GW前半の時も、発券済みの待ち期限になった1週間以上前に決まってました。

ちょっと迷っているのは、金曜に行ってキャストコンプリするか (ルドルフに一人、登場回数が超少ない芸能人がいて、個人的に "ツチノコ" と呼んでみたりw) マテトートの初日を見てから土曜日に行くか (土曜朝はまだ空席待ちだけど、来そうな気がする)

どちらかというと、日本版を見た後に韓国版を聞きたいので!

どちらにしろ、土曜夜には1回目を見る予定です。ウンテさんドンソク君の楽ですから。
この週末に行かれる方、いますか?きっとたくさんいますよね!
[PR]
by yukituri | 2012-05-07 03:35 | 観劇旅行 (日記・計画他)
携帯が韓国未対応なので、ここ何回か観劇旅行に行くと空港でスマートフォンをレンタルすることにしています。金浦の到着ロビーで窓口を見つけてアンドロイドケータイがあると聞き、携帯をどこでも無線LANの入り口にできる「ポータブルWi-Fiホットスポット」機能を、自宅 (節約のためこれがメイン回線) と同じ要領で使えるんじゃないかと。

そうしてみると、これが思った以上に便利。借りたスマホに日本語キーボードを組み込めばブラウザメールができるし、使い勝手が分からなければ自分のスマホを子機にすればいい。タブレットもどこでも接続できるし。

インターネット使い放題で1日6500ウォン。多分、韓国対応機種で使うデータローミングより安い♪

というわけで、ソウルでもすっかり、地下鉄の中でスマホを凝視するいつものスタイルになっちゃいました。駅間でも通話できるほどアンテナ立ててるのはどうかと思うけど(近くで話されるとけっこううるさい)ネットする分にはとても助かります。

GPS機能で現在位置確認しながらだったら、タクシーも失敗が減るかも。

あと、たまに使うのが即席翻訳機として。新盆唐線の駅から城南まで乗ったタクシーの運転手さんに 「ありがとう、おかげで早く到着しました」 を自動翻訳で見せたら (自分で言うんじゃないところがまだまだですが) 喜んでくれました。

今回、いつものLGのカウンターで奨められたのが4G(第四世代)携帯。ほんの2,3日前に配備されたそうです。もうサービスが始まってるとは。これと繋げたタブレットでスピードテストをしてみると3メガ以上出ていて、いつも使っている3Gよりかなり速い感じ!

あとの旅日記としては、

*勤勉な観劇仲間のおかげでコンプリできたモーツァルト・オペラ・ロックの出待ち、会った日本人客がみーんな宣陵の2つのホテルに固まっていて面白かったとか (城南へ行く盆唐線の始発駅ですもんね)

*うち私が時々泊まるグリーングラスの近くは食堂1軒程度しかないけど、駅南側にはけっこうお店が多かったとか、
*せっかく調べてくれた「東方神起が来る(来たことがある?w)店」が、行ってびっくりの小ささで入れなくて残念だったとか (ファンじゃないけど、いろんな料理が食べられるトンバンセットに牽かれてw)、
*食堂や居酒屋に生麦酒 (センメクチュ) がなくてさびしいよ~ とか、

*ホテルの窓から眺めるばかりだった駅名の由来、三陵公園についに散歩に行ったとか (おつき合いありがとうございます、なのに寝ぼけててすみません爆) そんな感じです。
[PR]
by yukituri | 2012-05-03 23:10 | 観劇旅行 (日記・計画他)

新緑のソウルに到着

朝の飛行機で着いて、地下鉄を乗り継いで、ホテルの部屋で一服入れているところです。目の前に広がる小山の新緑にちょっと和む。
半徹なのでこれから少しだけ昼寝します。元気を回復してジュンヒョンサリエリだ~
[PR]
by yukituri | 2012-04-27 14:10 | 観劇旅行 (日記・計画他)
下で 「急ぐことないし」 と書いた "Catch Me If You Can" 他の方の感想を読んで、「今回もこれでいいかも」 に昇格しました。

そのココロは 「字幕がある」 らしいから(爆)
言葉分からない身としては、知らない作品にはこれが一番。例) 三銃士、ジャック・ザ・リッパー、なしの1.8倍くらい楽しめました(推定当社比)

d0064742_23354027.jpgさすが、主役5人 (! ペンタキャストとでも言うのだろうか) 中4人までが芸能人 (をいをい…) というスゴイキャスティング (皮肉) だけあります?

歌派ミュージカルファンの私としては、見るはともかく?(失礼!) 「聞く」 なら断然オム・ギジュンさん♪ この作品では土曜日の男。

ちなみに最初ポスターを見た時、「オム船長とイケメン船員たちのお話ね」 とアホな誤解をしてました。みんな18歳!? の同役とは(^_^;A しかも船じゃないw パイロット (偽装) だ。

d0064742_23355995.jpgレオ様の映画含め全然知りませんでしたが、ご紹介を読むと、ミュージカル版のあらすじ・構成、結構楽しそう。エリザベートと同じ建物内でマチソワできるし。

対抗馬の 「コーヒー・プリンス」 はキャスト少数でかなりたわいのないお話だと聞いたし (意外と日本版の脚本の方が良さそう♪) キム・ジェボムさんは見てみたいですが。
[PR]
by yukituri | 2012-04-24 23:12 | 観劇旅行 (日記・計画他)

GWは西へ

もうすぐゴールデンウィークですね! 旅行計画を立ててる方も多いでしょうが、私もです。例によっての空席待ちで特典航空券が取れたので、最初の方に観劇旅行に行ってきます♪ その後はガッツリ仕事ですが(うう)

More
[PR]
by yukituri | 2012-04-23 19:20 | 観劇旅行 (日記・計画他)