日本版LNDも気に入りました


by yukituri

カテゴリ:国内観劇 (その他)( 153 )

チケット狂騒曲w

以前ここで、「誰か私にチケットを~」 と泣きついた "I Love Musical" 何とかなったので、これから行ってきます。いやーあれ以来、紆余曲折の日々でした。

More
[PR]
by yukituri | 2013-03-20 16:53 | 国内観劇 (その他)
ロックオペラ・モーツァルト東京千秋楽。手ごろな3階席が手に入ったのインディゴも鑑賞 (直前の当日券で17列センターがあって迷ったけど、買い直す予算ないし)

アッキー、ねめつける目つきとか頑張ってたけど、こめかみ白髪で中年設定なんだろうけど、あまり見えない。やっぱりモーツァルト役者なんだなと感じる。

山本モーツァルトは見かけ若々しく格好いいし踊りもうまく、時々コンサート状態。いかんせん声があまり若く聞こえない時がある (中低音がよく出てて、嫌いな歌じゃないけど)

というわけで、インディゴよりはルージュがやっぱりニンではないかと。

モーツァルト像、アッキーのは天真爛漫バカ紙一重系、山本さんのは時に冷めた自信家に見えた。

でも、アッキーのサリエリ歌は聞けて良かった。少なくとも「悪魔の交響曲」 ( 殺しンフォニー みたいな題でしたね。すごっ) は。あとの2曲は、なんだか声が埋もれてて、アレレ? 伴奏やコーラスとのバランスがよくない。疲れて声が出ていないのか? ひょっとしてマイクが絞られてたとか(^^;?

ルージュの時の山本サリエリも目立たなかったし… あくまで主役はモーツァルトだということで音量調節だったりするの、か?? 韓国で見た時は2幕の中心はサリエリ!で楽しみにしてたのに。

カーテンコールすごく盛り上がった。サリエリのままヴォルフになってる子いるしw 突然、アッキーが提案して1歌追加(夢を支配する者) 2人ヴォルフで交互に歌ってちょっとハモッたりして、貴重なもの聴けた。ありがとう!

初舞台というお父さんの人選は謎。滑舌悪くて少し早口になると聞き取れないし、歌い方も一人異質で、怒りも迫力が足りない。拍手は大きかったけど。知名度優先なのかなぁ?
コロレドの付き人の人の台詞が素晴らしく聞きやすく、誰だか分からないけど替わってほしかったくらい。

デーモンコスプレ男 (運命)、時々うっとおしい。
運命役なら、仮面かぶったサリエリだけで十分じゃないかな。

ちょっと、M!と客層が違うのかもしれないと感じた。若いかな。
深みは M!、でもこちらも親しみやすい曲多く、総合的には楽しい公演だった。


ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト 
/アントニオ・サリエリ: 山本耕史・中川晃教 (役替わり)
アロイジア・ウェーバー: AKANE LIV
コンスタンツェ・ウェーバー: 秋元才加
ナンネール・モーツァルト: 菊地美香
レオポルト・モーツァルト: 高橋ジョージ
ローゼンベルク伯爵: 湯澤幸一郎
歌姫(カヴァリエリ): 北原瑠美
コロレド大司教、後見人: コング桑田
[PR]
by yukituri | 2013-02-17 20:32 | 国内観劇 (その他)
全部行けるとは限りませんが、気になるコンサートその他の自分的覚え書きです。え、こんなにあったの? という感じ。

3月14日(木)~16日(土) ヤマハエレクトーンシティ渋谷
The Harmony ~DIVAの響宴Vol.2~
 Phantom Kingdom 音楽の王国
井料瑠美、五東由衣、村田恵理子、 固定ゲスト柳瀬大輔
14木18:30~ スペシャルゲスト 沢木順
15金14:00~ 〃光枝明彦、18:30~〃青山明
16土12:30~、16:30~ 〃今井清隆
前売り6,500円、当日7,000円

3月20日(水・祝) "I Love Musical" 東京グローヴ座
安蘭、石井、岡田、田代、戸井、平方、藤岡 
(いまどき珍しく? Kスター抜き) S=9800/ A=7800

3月23日(土)  言~ことだま~魂 vol5 岡幸二郎
14:30, 18:00 ヤクルトホール 前7000/ 当7500

4月1日(月) K-Musical Stars Concert 2013
イム・テギョン、オク・ジュヒョン、キム・スンデ、チョン・ドンソク
14:30、18:30  赤坂ACTシアター ¥10,000
新年度初日しかも平日! 勤め人は厳しいよな~
大体は最近聞いてる人だし、いいや (ヲイ)

4月18日(木)~24(水) シアタークリエ
トゥモロー・モーニング
石井、島田、田代、新妻
やったー! 上手い人ばかりのミュージカルだ!!

4月20日(土)18:00 オーチャードホール
彩吹真央 20周年記念コンサート「80 Seasons」
スペシャルゲスト 井上芳雄

4月25~29 天王洲銀河劇場
濱田めぐみ・セカンドコンサート  結局ゲストは?

5月8~12  三大ミュージカルプリンス
井上芳雄/ 浦井健治/ 山崎育三郎 東急シアターオーブ  
ヲイヲイな名前w 浦井君が入っていて嬉しい。主演度上がった?
 
6月15~23 4Stars  青山劇場
ラミン・カリムルー/ シエラ・ボーゲス/ レア・サロンガ/ 城田優
4人目発表のシエラ嬉しい♪ 城田君だけ異質だけど… 祈健闘

7月
ウィーン・ミュージカル・コンサート2
という名前だけど、結局、実質は 「ウィーン&韓国ガラ」 っぽい。
共催・キョードー東京のページでだめ押しされてしまった…(涙)
[PR]
by yukituri | 2013-02-17 05:27 | 国内観劇 (その他)
ロックオペラモーツァルト、日本版を見てきました。
なんだか3回も韓国で見てしまった作品で…アセ 感想① 感想②

アッキー=ヴォルフ 山本サリエリのルージュ Ver.
持ち味としてはこちらが合ってるんじゃないでしょうか?

帰り道の mixi つぶやき。

「ロックオペラ・モーツァルト、楽しかった! (韓国で見て) わけわかってなかったところがかなり理解できたし。セットや衣装が日本版の方が気に入った。アッキーを久々にミュージカル大作で、しかもヴォルフで見れてうれしい。キャラ的には今日のすまし返ったサリエリとどう役替わりしようというのか気になる。こうして役替わりの罠に…爆」

だってアッキーのサリエリも聞いてみたいですから♪
ほんとはサリエリの方が美味しい歌、多いんですよ!

アッキー、ヴォルフはさすが持ち役? M!当時に比べ、なんだかハンサムに見えたような? 韓国で見た時は、ヴォルフの歌はあまり印象に残らなかったんだけど、今回はサリエリより目立ったのは、アッキーの歌力かな?

山本さんのサリエリは格好良かった。前半からヴォルフの運命のごとく数回登場するのって、韓国版にはありましたっけ? 黒衣似合いますね~ ローゼンベルク伯爵 (サリ~サリ~とか言わないけど、上手いですね) とナニ話してんだか今回初めて分かりましたし。最後のあの楽譜はそのままガメたのだろうかw

なんでまたAKB?プロパー使ってよ!! と期待値が底ばってた (音痴とは聞いてなかったので穴掘って埋まるほどではなかったけど) コンスタンツェも、アイドルにしちゃ声が出てる?と思ったし。(ハモれるかは未知数ですが。ウェーバー一家の歌はイマイチきれいじゃなかった。お父さんの歌も声質・迫力とも残念??)

ただし、私のヒロインはアロイジアの Akane Liv さん。スタイル良すぎ、あの扮装が似合いすぎ~ もっと歌って~ ヴォルフとデュエットして~

この作品、男女デュエットが全然といっていいほどないんですよね。
そこがM!に比べ不満の一つ。姉妹対決、男性デュエットもいいけど。
曲はリーヴァイに比べ印象薄めと思っていたけど、さすが通算4回目だから (爆) お持ち帰り曲もできました。歌うカテコもあるし♪


話は変わりますが、今回、日本語で聞いて初めてへぇ~~~!と思えたことがいくつもありました。個人的に最大のものはオペラ 「後宮からの逃走」 の意義。

これ実は初めてドイツ語で鑑賞したオペラで、心地よい平易な音楽、ご都合主義だけどハッピーエンド、ワーグナーと違ってすらっと美男美女の主役たち、で大好きになったのですが。

オペラと言えばイタリア語で当然だった時代に、あえて民衆向きにドイツ語で作った!と。
きっと、みんなから馬鹿にされて、 「ドイツ語なんてダサくて芸術に向かない」 とか言われてたんでしょうね。
そんなエポックメイキングな作品だったとは!?

そういう意味では魔笛を始め、ドイツオペラの先駆的存在なのか? (お詳しい方、今更すみません)

そっかー、韓国版3回も見たのに気付いてませんでした。聞いたようなフレーズには気付いたけど、考えてみたら、「ドイツ語」 も 「後宮」 も 「逃走」 も韓国語じゃ分からないし(^_^;

演出で良かった点。ひし形の傾斜した台が回転し、側面がいろいろ見立てられるセットや衣装が比較的重厚できれい。外国人演出家の功績かな? (韓国版はフランス準拠らしいけどやや安かった)

天使がぶら下がる中をヴォルフがせりあがっていく、あの恥ずかしい昇天シーンがなかった。

残念だった点。サリエリがモーチャルト! と絶叫して通路を爆走するサービスがなかった (せっかく通路席だったのにw)

追記) 安蘭さんが来ていたことを後から知った。えーっ! 関係者席らしい17列目のセンターブロックにフランス人スタッフだの、某政治家だのがいたのは気付いたけど、あの辺にいたのかなあ? 見そびれ惜しいことを…
[PR]
by yukituri | 2013-02-12 20:26 | 国内観劇 (その他)
明日、ってか今日行ってきます。アッキーヴォルフのルージュ。サリエリの方が歌が美味しいから、できればインディゴも観たいな。
[PR]
by yukituri | 2013-02-12 03:26 | 国内観劇 (その他)
梅芸に発表が出ましたね。なかなか格好いいポスター!
唯一気になるのが、画像下部の …and more from Korea! ですね。

えーっ~~~~~ このコンサートだけはっ! ウィーン / ドイツ語圏で主に活躍しているスターに限定してくださいよぅ。ヨーロッパの方々がドイツ語で歌う、ここはほんとに日本かしら~? という浮揚感がほしいんです。大陸の反対側まで引き戻されたくないんです。

韓国語&ドイツ語闇広は、日本人役者主体のガラコンとか、別の機会にしてください。年末クリエみたいな? (あれもまあ人選が謎、他出演者に比べ美味しい選曲でバランスが… でしたが)

韓国のウィーンミュージカル作品のスターも、上手くて好きな人が一杯います。わざわざ見に行っているほどです。
でも、顔立ちも言葉の響きも、ウィーン勢とははっきり異質。観客の母国語でもない。せっかく、めったにないウィーン勢の歌をたっぷり聞ける機会なんだから、混ぜないで~! 
ぜひ、K-Musicalフェスティバルなどで来日してください。そっちも行きますから。

別々に楽しみたいだけなんです…
[PR]
by yukituri | 2013-01-28 23:22 | 国内観劇 (その他)

岡幸二郎トークショー

目白明日館というところであった、岡さんのトークショーに行ってきました。レトロな雰囲気のある建物ですね。

More
[PR]
by yukituri | 2013-01-27 19:30 | 国内観劇 (その他)
シアタークリエ5周年記念の 「ワンハート ミュージカル フェスティバル」 に行ってきました。日替わりパターン多すぎ、えらいチケット難。取っていただいて、ありがとうございました!

一言感想は、うーん、いまひとつまとまりのない、ごった煮風のガラコン? クリエ上演作を中心に、そんなメジャーじゃない作品がたくさん出てきて、知らない曲が3,4いや5割くらい。続くとやや退屈だったかも。

あと、最初のアレは個人的には不要でした。この手のガラには珍しくいないと思ったのに… 苦笑。

12/26の出演者は、気付いたらルドルフだらけ(笑) 演じた順に香寿さん (日本初演、宝塚版)、伊礼くん、チョン・ドンソクくん、古川くんと4人も! トートもマテと石丸さんの2人いたし。

以下、ネタバレありなので、more に入れます。

今年はこれで観劇おさめです。

More
[PR]
by yukituri | 2012-12-26 19:17 | 国内観劇 (その他)
オフ会の練習に精を出すはずが… 掲示板でいい席が買えたので、つい中野に遠征 (大げさ) してきました < 新妻聖子ライブ。

やっぱり私、力強い声の人が好き! 濱田さんらと並んで、日本最強のミュージカル歌手のお一人だと思います。

6、7割を占めるポップス・バラードも上手いけど、やっぱりミュージカルが燃える。今日のマイMVPは、噂の "Man of la Mancha" でした。格好いい!

あとは、「オン・マイ・オウン」、「私だけに」、「GOLD」、「命を上げよう」。どれも良かったです。歌は完全にひとりなので、デュエット曲聞けないのが残念。

私だけに、は持ち歌ではないからか、他にすごいの聞きすぎてるからか、意外と感動しませんでしたが、これから歌い込んで行けばきっともっと良くなります。
濱田ゾフィーと最強の嫁姑を見たいぞ、とちょっと夢想しちゃいました。

新妻さんと言えば地声!と思っていたのですが、男性目線と女性目線の両方が出てくる "ピエタ" というバラードでは、裏声も美しかったです。

会場では、オジサマ客が多いのにちょっとびっくり。
うち一人が思いっきりイビキかいてましたが…3列センターなのに。
[PR]
by yukituri | 2012-12-01 21:26 | 国内観劇 (その他)
帽子屋様ステキ!


…これだけじゃあんまりなので (笑)

濱田さん、ボスキャラ似合いすぎ! カリスマ!! 登場の "Mad Hatter" (いかれた帽子屋) の曲なんてもうもう。そこだけ80年代かっこいいお姉さま系歌手のコンサートのように、観客のノリが違いました。あと4,5曲ソロ歌い続けてほしかったぞw 
ルーシーの10倍、ボニーの100倍気に入りました♪

いつでもどこでも高値安定の禅さん、白の騎士いうから、どんな王子様系の役かと思いきや…爆 
顔芸炸裂。なさけな味ももちろん上手いし、演技で美形にもw

うさぎ+α でもさぞ似合ったことでしょう。

や、万里夫うさぎもそれなり可愛かったですけどね (でもスタイル良さの壮大な無駄遣い。個人的には、細身の白のスーツに長いふわふわ耳、メガネなしで顔はそのまま、とかが良かったww)

誰この子役ウマー! と思ったら。ごめんね充希ちゃん。もうすぐ21歳なのに。リアル小学校高学年!? 濱田さん同様、”正しい使い方” だわ、こりゃ。コーヒープリンスのヒロイン (男児に見えすぎて恋愛色が弱く感じた) より合ってると思いました。

安蘭さん、前より更にやせた? スパッツの足がちょー細い。紫がかったピンクのブラウスルックも似合いました。疲れてキレた中年女性の演技もうまい。ソプラノはやはり弱かったけど、中音域聞かせます。さすがもと男役、殺陣も慣れてる感じだし。

渡辺美里さんはイメージしてたほど声や演技の迫力を感じず、普通のおばさんキャラにしてる?と感じました。陰の支配者は別にいるからいいか。歌は2幕の方が聞かせました。

他の毛虫、猫、帽子屋の手下とかも歌が上手い~なかなかの人揃いで、「ホリプロ紅白」 と言われるのも納得でした。
前半は主要登場人物が出てきてソロ歌って、つなぎがあって、次の役が、というまんま紅白な作りだし。

話はかなり予想付くし、セットはちょっと安い感じがしたけど、1回なら十二分に、見る (というか聴く) 価値あり。リピートしたくなったかはまた別ですが…(^_^;A そこそこの席で半額とかあれば考えちゃうかも!?

夕方、とてつもない怠け心に襲われて、服を脱いだり着たり10分ほど、あやうくチケット紙くずにしてでもウダウダしかけたけど、行って良かったです。

青山劇場、オーブより音響いいし、幕間に行けるほど近いファーストキッチンとかあって便利ですよね。なくなるの惜しいです…
[PR]
by yukituri | 2012-11-28 21:49 | 国内観劇 (その他)