日本版LNDも気に入りました


by yukituri

カテゴリ:韓国ミュージカル関係( 147 )

見に行ってきた/もうすぐ行く!という話をボチボチ耳にするようになって、遅まきながら確認してみたところ、1月中下旬のソウルの重なりっぷりって凄すぎないです?

Rudolf
11/ 09/ ~ 1/ 27  Chungmu Art Hall

Aida
11/ 27 ~ 1/ 31  D Cube Art Center

The Phantom of the Opera
12/ 07 ~ 2/ 28  Blue Square Musical Hall
Brad Little 主演、来韓公演

Rebecca
1/ 12 ~ 3/ 31  LG Arts Center


ちなみにルドルフはやっぱりキッチュな演出みたいですw


さすがにする気ないけど、大邱まで行けばレミゼもやってるという(笑)

エリザベートに燃え尽きて以来、足が遠のいていたソウルについにまた行くことになるのか!?

重なりといえば、キャスト表をにらんでいると、ルドルフのマリーとレベッカのダンヴァースに全く同表記の 「オク・ジュヒョン」 さんがいるんですけど、珍しい名前っぽいとはいえ、さすがに別人ですよ、ね…?

…と思って出演者情報のリンクを開いてみたら、同じページが!
えっマジで同一人物なんですか?
1/12~18なんて、日替わりであっちとこっち!?

何でもありの韓国とはいえ、こんなのほんとにアリなんですか~~~
[PR]
by yukituri | 2012-12-06 21:13 | 韓国ミュージカル関係
スリルミー韓国ペア観劇してきました。
おけぴで譲ってもらったF列、一応オペラグラス持って行ったら、かなり前方に張り出した舞台が作られ、実質2列目センターですごかったです。

ゾロの悪役ラモンで見たチェ・ジェウンさんが2人のうち一人ということしか知らずに行ったら。

えっ、ラモンさん「彼」じゃないの!? 

…オオボケ。

うっとりするラモン 最初は見てはならないものを見たような気分。

でも全然アリでしたね。そういえば、別に悪役専科な人じゃなくて「悩める青年役を得意とする」と聞いてたんでした。未成年はつらいけど、眉間のしわが美しかった。「わたし」のダサい衣装だとスタイル悪く見えるのが残念。ラモンの軍服の方が格好良かったです。
でもなんせラモンさんなので、あまり弱々しくは見えない。最後に力関係が逆転するのも「やっとか」と思ってしまいましたw

「わたし」の方が年上、韓国ではよくあるのかな。ジョンハンさんが数年前にやったと聞きましたが。

「彼」のキム・ムヨルさんはこれが初見。すらっとして三つ揃いのスーツがよく似合う。それほど偉そうではないかな。むしろ夢見がちというか。ずっとうっすら開いた口が印象的でした。

伝説のペア、というほどのオーラは感じなかったかな。田代・新納ペアの演技もけっこう好きでしたし。

歌には大満足。二人とも歌えるって素晴らしい。えっこれってハモる作品だったの!? もう一つのどびっくり。「やさしい炎」始めかなりあちこち、不協和音くさい微妙な音程ですらすらっとハモってます。
これ、日本キャストだとハモれる技量ないから断念…? でもオフBWのCDではあまり耳に付かないそうですから、韓国で増やしたのかな??

(追記: オフブロードウェイCDでもハモってるそうです。ということはやっぱり日本キャストが歌えないだけか…がっくり)

万里生くんでもこのハモリが聞いてみたい~~~ ムヨルさんとどっかでデュエットしてくれないでしょうか(笑) 
というか、日本でもウタウマ2人で組ませてよ! 2人とも歌えるってすばらしい、とか、本来なら当然なことで感動したくない(涙)

字幕、すごいサイドでしたが、読みやすい量のまともな日本語(笑) 助かりました。はしょって訳してるのに、それでも日本語訳詞より内容が多く聞こえる。さすがたくさん入る韓国語ですね。
[PR]
by yukituri | 2012-07-27 13:45 | 韓国ミュージカル関係
さっき、韓国の企画会社 Theatro のツィッター見に行ったら、会社の紹介文になにげに「レベッカ」が増えてて、やるという書き込みも。うんうん、ウィーンミュージカルこれだけやってたら外せませんよね! すごい聞き応えだろうな、楽しみです。マキシム誰かな~

わたし的注目は、火がどれだけボウボウになるかです。火大好きな韓国だから、かなりウィーン版に近付くか!?

そうそう、ファンツアーで韓国のきりやんとウンテ・ヴォルフのツーショットも載ってましたね。ルキーニ扮装同士で並べてみたいぞ(笑) トークショーではどんな話が出たのかな。
[PR]
by yukituri | 2012-07-22 16:07 | 韓国ミュージカル関係
下のコメントで 「感想がない」 と指摘された "Doctor Zhivago" ソウル公演。レスで書いたように、恥ずかしいような感想しかないからですが、放置もあんまりなのでちょっとだけ。

要約すると 「スンウジバゴの繊細な演技に "感心" したけど、作品としての "感動" までは行けなかった」 というか。せっかくいい席を入手してもらったのに、申し訳ないm(_ _)m

危惧していた分からない言葉でのせりふの多さとか、苦手な純文学的物語というか、が私向きではなかったのかも。寝不足も少しあって、かなり所々眠く… ゴホゴホ。
やっぱり予習不足かな。もっと、シーンごとのまとめとか、歌詞とかを検索しておけば良かったです。もう一度見るなら、せめて原作小説を読まないとね。リベンジ観劇するかは分かりませんが。

More
[PR]
by yukituri | 2012-05-06 20:21 | 韓国ミュージカル関係
2012/4/29 18:30 城南アートセンター1階3列右サイド

Mozart  Salieri  Konstanze  Aloysia  Leopord
고유진  김준현  이해리  김민주  신성우
コ・ユジン キム・ジュンヒョン
       イ・ヘリ キム・ミンジュ シン・ソンウ

主役のユジンさん、実年齢37歳!? サリエリより実は年上にはとても見えない。丸顔が若々しくて、「28です」とか言われたら信じちゃいそう。ロック歌手だそうで、知名度が一番あるのか、3人の中ではメイン扱い?
軽快さはキム・ホヨンさん、声の伸びはパク・ハングンさんの方がいいと思ったけど、総合点で一番だと思った。オペラで見ると、目の表情が繊細で細かく演じ分けている。歌は低音もそこそこ出るし、高音はもちろん響くし。ミュージカル初挑戦だと聞いて驚いた。基本的にタレント出演が増えるのには反対だけど、実力派の歌手で演技も上手ければ、もちろん文句はない(^^)

3回も見ちゃったので、キャストもかなりカバー。残るはアロイジアとサリエリのもう片方だけ。「紳士的でソフト」だというテウルサリエリが見られなくて残念無念なのは前に書いた通り。

作品としてはウィーンミュージカルの 「モーツァルト!」 の方がいいと思う。あくまで個人的な評価だけど、メリハリもドラマも楽曲も。
MORにもパリに行く時の曲とかポップス的にいい感じのお持ち帰り曲はあるけど、"Ich bin Musik" にはかなわない。デュエットがなぜか女女 (アロイジアとコンスタンツェの姉妹喧嘩) と男男 (見舞いに来たサリエリと重病のモーツァルト) で、美しい男女デュエットはない。モーツァルトが怒る程度で苦悩しないのも物足りない。MORではサリエリが苦悩担当だからなのか (^_^;?

アマデはクンツェ/リーヴァイの創作だからいなくて当然だけど、シカネーダーも省略なのはさびしかった。

言葉が分からないせいも大いにあるけど、正直、見ていてだれた。1幕は 「①コロレドに首にされる→ ②パリに行く途中で? マンハイムでウェーバー一家に引っかかり、アロイジアをオペラ歌手として売り出そうとする→ ③パリでの演奏活動で成功できず、母親が死ぬ→ ④アロイジアに振られて怒る」で終わり。M!だったら最初の30分くらいかも? アロイジア一瞬しか出てこないからでもあるけど。ローゼンベルクの漫談、長すぎるよ~

省略するところは省略するセットは悪くないと思う。
衣装、コロレドのマントがぺらぺらで 「どこの裏地?」 だった。
怒るお父さんのバックで炎が燃えるのはベタだ~
宙吊りの天使に見守られて昇天するモーツァルトはかなりハズいw

いい点はダンスの見応え。フランスミュージカルらしく踊り専門チームがいるのかもしれない。女性がトウシューズを履いてたり、男性がくるくるジャンプしたり、かなり本格的なバレエだと思った。
肩出しドレスの女性の衣装は前衛的できれいだった。
[PR]
by yukituri | 2012-04-30 15:18 | 韓国ミュージカル関係
結局、主役コンプリしてしまったモーツァルト・オペラ・ロック、今日のソワレが千秋楽でした。
全キャストが最後に呼ばれて出てくる、までは期待してたけど、まさかモーツァルトが3人揃って歌い踊るとは! 背格好が似ているので、可愛いユニットでしたw

もう一人のサリエリ、カン・テウルさんもこの時だけでも見られて嬉しかったです。ジュンヒョンさんと同じくらい背が高いですね!

両方見た方に 「もっと紳士的でソフトなサリエリ」 と聞いて、余計、見てみたかったなと思いました。偉そう&硬質なサリエリしか想像つきませんでしたから。
[PR]
by yukituri | 2012-04-30 01:20 | 韓国ミュージカル関係

結局、MORに

2012 4 28 19:30 城南アートセンター 1階4列通路

Mozart  Salieri  Konstanze  Aloysia  Leopord
박한근  김준현  곽선영  김민주  신성우

いろいろ迷った土曜ソワレの観劇、結局 "Mozart Opera Rock" にしてしまいました (^^;

直前チェックしてなかったので、「コーヒープリンス」が売り切れだったらどうしようとちょっと不安になったことと、モーツァルト役のパク・ハングンさんが3人の中で一番歌がいいと推薦してくれた方がいて、ゾロの時みたいに後で感想を聞いて後悔するよりはと思って。

作品としてはまあ2回でも十分だったかと思いましたが(ファンの方すみません)違うキャストを見られたのは面白かったし、ジュンヒョン・サリエリは今日も聞かせてくれましたし。

日本人客が多くて驚きました。レオポルドのシン・ソンウさんのファンと、日本で歌手活動しているというハングンさんさんのファンが両方たくさん来てたようです。

ハングンさんも小柄でかわいい人。低音はそれほど響かなかったけど、高音がよく伸びる歌でした。
コンスタンツェ、昨日の人より少し華やかな顔立ちで歌もうまいような。ただ、アロイジアの方が目立つと思いますw

予習ばっちりの観劇・カラオケ友達が説明してくれたので(ありがとうございます!)前日よりぐっと内容が分かりました。
[PR]
by yukituri | 2012-04-29 02:23 | 韓国ミュージカル関係
2012/4/27 20::00 城南アートセンター 1階3列サブセンサイド寄り

Mozart  Salieri  Konstanze  Aloysia  Leopord
김호영  김준현  이해리  김민주  이기동

ジュンヒョンさんのサリエリを目当てに、 城南まではるばる (ソウル公演扱いになる?劇場の中では別格に遠い) "Mozart l'Opera Rock" を見に行ってきました。端とか後ろとか2階とかかなり空席があってもったいなかったです。当日割引すればいいのに(私もやすく買えるからw)リピーター割引があるのはいいけど、チケットを見せるだけじゃダメで、観劇して帰る前にスタンプを押して名前を併記してもらうという面倒なやり方なようです。


さて。1年ぶりにウィーン発の M!と同じ劇場で見たモーツァルト、今度はフランス発。女性がみんな肩出しドレスだったり、衣装はより現代的、音楽はよりロック、セットはちょっと抽象的。異端児としてのモーツァルトの生涯を描くのは一緒ですが、アロイジアの比重が上がっていたり、母親やサリエリが大きく出てたり、いろいろ違いはあります。

「2幕はサリエリ主役」 と聞いていた印象よりは出番が少なく4回だけ。でも、毎回おいしいところをさらっていきますね。タイトルロールよりも印象的な曲で大歓声。特に、なにやら怒鳴った後、客席通路をぐるっと走り回るところは主役そのもの!

幻想ダンスシーンがやたらに多く、芝居の構成としては M!ほどではないような。サリエリのいない1幕はけっこう眠…モゴモゴ。せりふも多いし、モーツァルトの生涯なら分かると油断してろくに予習してなかったので何が何だか。

出待ちした時、英語がすごくお上手なジュンヒョンファンの方に疑問点を質問してみました(親切なご回答ありがとうございます!) サリエリの態度が毎回すごく違うのがよく分からなかった点です。1回目は傲慢、2回目はモーツァルトの音楽に大ショックというのは分かったのですが。

そうしたら、3回目は、宮廷音楽家の長に復帰した時、自分ではモーツァルトの次でしかないと分かっているのに、勝者と称えられるのが我慢ならなかった、だそう。
4回目、重病のモーツァルトのところに訪ねてきて、なにやらしみじみデュエットしているので、音楽について深遠な語り合いでもしているのかと思ったら
「早く良くなれよ」だとか …ただの見舞いだったのかよ (^_^;

ジュンヒョンさんの歌は、期待通り力強く伸びが良く気持ちよかったです。サリエリの細身の黒の衣装や、前髪を自然に垂らした髪型、ジキルより似合って格好いい。

主役のキム・ホヨンさんは小柄で動きが軽快な人で、元メレブと聞いてなるほどと思いました。ストロベリーピンクに染めた髪もかわいい。低音は厳しいけど、歌い上げるところはとてもよく響きます。最後の、どこの天使かみたいな昇天はちょっと恥ずかしいw

女性陣では、アロイジアの5センチはあろうかという付け睫毛(しかもピンク)がすごい。コンスタンツェは地味。歌はオペラ歌手の役の人(ミュージカル女優かと思うスタイルの良さだけどおそらく本職)がダントツ。「ラクリモーザ」、聞きほれました。

この曲に限らずモーツァルトの音楽が挿入されているのが効果的です。というか、普通のミュー曲と比べるとやっぱり凄い。
[PR]
by yukituri | 2012-04-28 01:15 | 韓国ミュージカル関係

俳優ジグソーパズル

韓国エリザの4次キャストスケジュールがようやく公表されましたね! 多分、昨日? 発売13日だというのに、またしても直前な。
インターパーク(韓国語) 一番下にキャスト表があります。

実は4月にも1回、行けたらいいな~と思ってはいるのですが(^_^;A
うわっ、ジョンハン先生の週末 (金土日) 登場、少なっ! 3月に祭りな週末があったり、今日1回、ソン・チャンイさんと急に交代になったりした反動かもしれませんが…
唯一、2回の週末には、東京でもぜひ行きたい舞台があるし、ルケーニは両方、あまり好きじゃなかった人。

それに、組み合わせ候補も、どいつもこいつも (注: 作品のこと) 複数キャストだし。なかなかオペラロックなモーツァルトとか 「つかまえてごらんなさい」(笑) とか 「ジバゴ」 と満足な組み合わせになりません。

ほんとにもう、俳優ジグソーパズルなんだから!
[PR]
by yukituri | 2012-03-10 10:51 | 韓国ミュージカル関係
「モーツァルト・オペラ・ロック」 のソウル (というか近郊の城南) 公演、今日2/17の11時に発売だそうですね。問い合わせてみたら iTourSeoul でもほぼ同時に? 扱うことになったそうなので、のぞいてみます。行く日は決まってないけど(^_^;A
 
…わずか1ヶ月の公演でも3×2×2×2×2=48 パターンがあって、しかも前半しか売り出さないのはさすが韓国?

キャスト表が見られるインターパークのページ (韓国語) 
iTourSeoul の予約ページ (日本語) 
[PR]
by yukituri | 2012-02-17 10:46 | 韓国ミュージカル関係