日本版LNDも気に入りました


by yukituri

カテゴリ:宝塚 (他作品、雑談)( 150 )

さっき、友の会のデジタルカタログが来ました。その中で気になる公演というと、とりあえずは青年館である "The Merry Widow" です。歌ウマの北翔海莉さんが主演だから。

これ、「原作フランツ・レハール」 ですが、オペレッタ 「より」 とあるのが気になるところ。お話だけ借りて、曲は全部書き直しという、最近何回かあったパターンかなぁ? そのままの音楽だと嬉しいんですけどね。 

かなり以前の一路さん主演 「微笑の国」 (CD鑑賞) は基本オペレッタ通りだったんですよね。
[PR]
by yukituri | 2013-06-13 17:56 | 宝塚 (他作品、雑談)
東宝レミゼ、訳詩かなりよくできてますよね! 内容簡略化ながら、一応、大体の意味は通じる & 想像できるし、詰め込みすぎで舌足らずなところはほとんどない。

でもやっぱり、入らなくて惜しいところもあります。例えば、

♪ 強盗~  と言われて、バルジャンが直接反論しないところとか。そこをスルーして、妹の子が飢えかけて、とだけ主張するんじゃ、間接的に強盗を肯定してるようなもの。

英語は、「窓のばねを壊しただけだ」 と言っているので、窃盗+器物損壊で結果的に強盗扱い、ということが分かりますよね。

あと、「鎖持って捕まえに来る!? でも弱すぎwww」 と話題のジャベール手持ち鎖も、

"You wear a different chain"

という英詩だと、「市長の職責を表す鎖」 (今上へーかが時々掛けてるギルド長みたいなやつをイメージ) でなく 「囚人の鎖」 と思えば、歌詞連動で納得なんですけどね~

ま、キムバルにとても勝てそうにないな、な二人には違いないですがw
[PR]
by yukituri | 2013-06-03 22:05 | 宝塚 (他作品、雑談)
子供向け抄訳からの愛読書で、十年前くらい?に講談社文庫のぶ厚い5冊本を大人買いw したこの作品。レミゼのように本筋に関係ないうんちく多すぎ(司教、浮浪児、下水道、隠語他)がということもないので、楽しんで読むにはこちらが好き。文学的評価は逆だけど。

宝塚オリジナル作品で、ワイルドホーン作曲 (スイス・ドイツ・韓国で上演済み、年末に日本でも公演) のとは別物。ワイルドホーンのもツッコミどころ満載だったけど、もっと多かった。
あの長い作品をよくまとめたな、とは思う。1幕1時間半しかないし、キツキツかなと思ったら、意外と平坦で、個人的にだれた部分も。
前日にレミゼという無謀日程のせいでやや点が辛いのかもしれない。

でも、お笑いは目指さなくていいから、復讐のカタルシスをもっと!

曲は全般的にワイルドホーンのが好き。ヅカ版では、♪ キャプテーン・ダンテス! の歌がかなり残った。罠に嵌めてやるぜ~ は今、思い出せないけど(おい) 舞台でとても印象的だった。

ちょっとネタバレありツッコミ感想

More
[PR]
by yukituri | 2013-05-23 05:12 | 宝塚 (他作品、雑談)
語呂合わせじゃないけど、青っぽいコートを着て青いアクセサリーを付けて行って来ました、花組 「オーシャンズ11」。友の会優待のBを譲ってもらって3000円。前日は3500だし、節約モード?

えらい久しぶりの花組。ひょっとしたらファントムぶりのらんとむ?

あの時はナイーブな少年だったのに、すっかり大人のちょい悪オトコに。頬がいい感じにこけて、やや轟さん風、横顔がきれい。歌にあらがないとは言わないけど、声もよく出てるし、ダンスも格好いい! 
スーツの背中の男役芸に拍手。

おいおい、そんなんで成功するんか? 後々大丈夫なのか? ってなところもある、けっこうバカバカしい話だけど、あっけらかんと楽しめました! 昨日のレミゼでの不完全燃焼感が割と吹っ飛んで、いい気分転換。

一本立ての大作芝居かと思いきや、ふた幕全部ショーみたいな(笑) キザりまくり踊りまくり。すごい運動量だこの人たち。ハードな2回公演続きのはずなのに、声の出もいいし (曲の難易度は海外ミュージカルほどじゃないにしても)

でもって、話には聞いてたけど、濃い! こ、この中に明日海さんが?? がんばって!

蘭寿さんと北翔さんを目当てに行ったら、気が付いたら敵役ベネディクトさんに目が吸い寄せられてました。やり過ぎ一歩手前のギョロ目やリーゼント前髪ハラリがたまらない。顔も、ちょうど観劇していたらしい大空さんをちょっと思わせる好きな系統だし (面長より丸顔? 好きらしい私) 歌も素直に伸びて上手い。
名前もこれから調べるような知らなさなのに(笑) ファンになっちゃったかも。  追記) 望海風斗さんでした。いろんなところの感想に出てくる 「だいもん」 ってこの人か~ 認識が遅いよアセ

北翔さん、相棒ポジではあるけど意外と目立たないなーと思ったら、とあるところで変装でも出てくるんですね! 不覚、気づきませんでした。さすが専科、漫談うまいわ~ しかも内容日替わり!? 格好いいバージョンもアリ!? 別のも見てみたい~ でももう秒読みなんですよね。もっと早くから行っておけばよかった。

アドリブは随所にあったようでしたね。
「トム・クルーズとかトム・ハンクスとかトム・ランジュみたいな大スター」
しれっと言う某登場人物。一瞬遅れて爆笑の客席。

「君の瞳に… 乾杯」 の無茶ぶり演技指導も、妙に照れながらやってると思ったら日替わりだとか!


「ジャンプ! お前も跳べるよ~」 で元気が出る気がする、割と乗せられやすい私。さー明日も始発だ(^_^;A ファイトだ、私。
[PR]
by yukituri | 2013-05-01 22:05 | 宝塚 (他作品、雑談)
当日B席を確保して今日見るというヅカ友と、シャンテ近くお茶をして1:10すぎ。じゃあそろそろ、またね~ と帰ろうとして、ふと捌き待ちを冷かしてみようと思ったら。なんと2階15列目とはいえ、B席どセンターをさばいている人がいるじゃありませんか! びっくりした~~~ えーっつ、当日券にはン時間待ち、おけぴでも瞬殺なのにマジ!? 急遽予定を変更して3回目を見ることにしました。

初日もこのパターンだったけど、サイド寄りだったのと、実は隣の人の観劇態度があんまりで集中力がそがれまくっていたので、もう1回見られてよかった~ 幕間とかに感想、語り合えるのも楽しかったし!

という私も今日は、季節の変わり目・花粉ピークで体調はイマイチ、咳が出るのを必死で拍手までこらえようとして何度か押さえられず、周囲に申し訳なかったですが…

やっぱり私、明日海アンドレ・龍オスカルのパターンが好き。明日海さん、オスカルももちろんモノにしているけど、「自分の役」 度がアンドレの方が高いかも。あんなフェアリー顔で実はなかなか漢前な演技するし。

龍さんのオスカル、 「たぁーいちょうの」 みたいな独特なセリフ回しはやはりあったけど (アンドレの時だともっと目立つ)、歌ではそんなことなく、素直に響かせてくれます。東京初日よりなよっとさが減って、より自然なオスカルになっていたと思いました。

上位3人はみんな歌の調子よかったし。強いて言えばベルナールがガラガラ声気味だったけど、きっと民衆を扇動しすぎたんでしょう笑

主役2人が馬車に乗って舞い上がるところも、だんだん笑いではなく素直に 「綺麗だな~」 と感心する気分になりそうで、危ない危ないw

フィナーレのボレロ、明日海さんの女役は固定でも、オスカル回に見たロングヘアより、アンドレ回のショートボブ? の方が緊張感が漂って好き。髪飾りや振付のせいか、某エジプト女王を思い出します。
[PR]
by yukituri | 2013-03-15 17:16 | 宝塚 (他作品、雑談)
d0064742_1752514.jpg下に書いたように、千ン百円ほど割増しして2階S席の端っこを確保していた7日の1時半の回、行ってきました。

といっても、午前中におけぴのB席最前列センター!が出て、早押しゲームで確保できたのでそっちを選択して、Sは損覚悟で定価譲渡しました。前も同じサイドだったし、この場合、センターの方が私には価値あり。

眼鏡とオペラグラスを駆使してガン見した明日海オスカル、期待通りに美しい~ 正統派、ですね。キリっとした顔立ちにオスカル扮装が甘さを添えてます。声はちょっとハスキーでした。お疲れ気味?

ただ、組み合わせのバランスとしては逆パターンの方が好きかも。龍さん、ものすごい小顔で、明日海さんでもブロンドのロング巻き毛だと大顔に見えちゃう(^_^; 逆に龍さんは目鼻立ちもやや小作りだから、私にはアンドレが子リス系のかわいさに感じてしまって。鬘やメイクのせいもあるのか、くどさは十分だけど、あまり男臭さは見えなかったです。

要するに、オスカルはどっちもなかなかだけど、アンドレは明日海さんの方が好きです。黒髪シャープな男っぽさ (ファンの欲目もあり)

ただ、今日の龍さんは声が朗朗としていて、歌がよく響いていました。

台詞はみんな、早口すぎ! 舌足らずというか、中身知らなきゃ聞き取れない人が多数いました。時間足りない巻け~ という指示でも出ているんでしょうかw

大劇場でしかやらなかった龍オスカル & 蘭寿アンドレのコンビが見たかったです! 濃い×濃い二乗でさぞ似合ったでしょうねぇ。蘭寿さん、包容力たっぷりアンドレだったと想像。これは月組の若い二人にはまだ厳しいでしょう。

ついでに言えば明日海オスカルと蘭寿アンドレだって見たいけど、今度同じ組になるとはいえ、2人がそろっている間にオスアンやる可能性は極小ですよね…


ついついツッコミ

衛兵隊士の家族の女たち、こ綺麗すぎ。とても親にスープも食べさせられないとか、子供に靴も履かせられない、というふうに見えない。宝塚衣装部にはボロはNGなのか?

アンドレ、目が見えないのに橋の上でなにやっとんじゃ。衛兵隊士たちも連れてってやれ。特訓はどうした!? 弾除けにもなれてないぞ。


ご存知の方教えてください

荒くれ演出、第3ボタンまで外してペタンコな胸板をのぞかせてますが、あれってどうやってるんでしょう? さらし巻いてつぶした上に肌色の衣装とか? だとしたら、衣装の境が見えないのが凄い。
[PR]
by yukituri | 2013-03-08 02:33 | 宝塚 (他作品、雑談)
マイミクさんが素晴らしい席で見たベルばら、明日海オスカル&龍アンドレ回の日記を見ると、やっぱりこちらも外せないよな、明日海さんの月組出演はこれが最後だしっ! という気分が強まります。

植田歌舞伎のベルばら向けには、龍さんの方がはまっているとは思いますが、この2人の中では私、どちらかというと明日海ファンだし。(演技や歌い方が比較的ナチュラルなのが好き)

おけぴの早押しゲームにはもう10連敗くらいしているので (まさに瞬殺としか!) ついに数年ぶりにオークションに手を出してしまいました。

7日マチネ、2階4列目の端っこを、定価+15%増しの必要経費で確保。

1階1列20番とか、8列40番とか、SS席の1つ外側の席と同じ値段かと思うと何だかな~ ですが、1階一番うしろの旧A席だってもっと高いのがいっぱいある中、このくらいで済んで幸運でした。

見比べ楽しみです。
[PR]
by yukituri | 2013-03-04 01:32 | 宝塚 (他作品、雑談)
しまったなぁ… 千秋楽1本勝負なんてするんじゃなかった! 後方からでもいい、さばき待ちでもいい、もっと何度も見たい作品でした。
お目当て・未涼さんの歌も大丈夫だったし(やや抑え気味でも)

副題 「許されざる者への挽歌」 って全然逆では?
むしろ 「生かされている者の賛歌」 というような。

なんだかエエもんみたかも、人生思うに任せないこともいろいろあるけど、私も頑張って生きて行かなきゃなー てな気分で劇場を後にしました。

ちょっとネタバレ予習したし、ポカーンだと聞いた1幕ラストも大丈夫w
BJ先生の成り切りぶりすごいし (原作もこんな顔だっけ、と思いかけた)、ピノコその他も上手いし、シリアスな題材なのに笑いもたっぷり。みなさん、台詞の間がいいんでしょう。

正塚作品を意識して見たのはひょっとして初めてですが (知らずにはいろいろ見ていた)、かなりな良作じゃないですかね。そうか、祐紀の先生 (のモデル@ 「ライジング!」) の作品ってこんな感じか~


「ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌」

2012/02/27 15:00 日本青年館 1階J列サブセンター

ブラック・ジャック: 未涼 亜希
バイロン侯爵: 夢乃 聖夏    カイト: 彩風 咲奈
ピノコ: 桃花 ひな    カテリーナ: 大湖 せしる
トラヴィス: 帆風 成海     山野: 真那 春人
運転手・ゴンチャロフ・郵便屋: 大澄 れい

(上は私の偏愛順ですw)
[PR]
by yukituri | 2013-02-27 18:19 | 宝塚 (他作品、雑談)

次はブラックジャック

海外ミューファンを標榜していながら、次はノートルダムじゃなくてブラックジャックにしてしまいました。青年館。宝塚各組の2番手以下の人の主役作品もやるところ。

お目当ては初めて主役で見る未涼さん。主役だから歌いまくりだよね!と期待していたら… 何と大阪では声が出なくなって台詞にしたり周囲がカバーしたり、安蘭さんのヘイズ・コードを思い出す状態だったとか?

明日が確か東京初日。諸般の事情で千秋楽に最初で最後の観劇ですが、ヘイズ東京の時みたいに、声が戻ってもってますように!

ちなみに、もう1人好きなトップじゃないけど実力派、悠未さん (両方うまいけど背は対称) の初主役?は、題材がゲームの逆転裁判、しかもパート3だったからなんとなく行きそびれ、惜しいことを。

BJなら、児童館で座り読みしてるし(ン十年前だよ!?)大丈夫、だよね、だといいな… でも難解多いらしい正塚センセだからなぁ(^_^;
[PR]
by yukituri | 2013-02-21 21:29 | 宝塚 (他作品、雑談)
龍・明日海の並びがやっぱり美しかったです。月組ベルばら。どピンク昭和歌謡曲は相変わらずだけど、上位3人に歌のアレな人がいないというのも、今のヅカではかなり希少だし(歌劇団なのに 涙) 楽しめました。

実はこの 「オスカルとアンドレ編」、今回限りの月組トップ&準トップ体制にはうまく合った仕組みでしたね。

More
[PR]
by yukituri | 2013-02-15 19:53 | 宝塚 (他作品、雑談)