日本版LNDも気に入りました


by yukituri

<   2005年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 発表になりましたね~ 武田トートと見て 「げっ金八が!?」 と思ったら別人(^_^;Aアタリマエヤ。武田真治さん、けっこう格好良さそうだけど、歌はどうなんだろうか。CDは何枚か出してるみたいだけど。

 しっかし日生劇場か~ アスベスト除去工事中の帝劇より700席ほど少ないんだっけ。1カ月限定だしまた争奪戦かな、考えただけでげっそり。海外で素晴らしいの見ちゃった後だし、無理してまでは行かないかも。内野閣下いないし(T_T)

 あ、初風諄さんのゾフィーと山口トートの日なら見たいかな。武田トートは話のネタに1回くらい…? ってその程度の気分じゃ多分取れないって。
 トートを一人新しく選ぶんだったら、岡幸二郎さんのを見てみたかったなあ。歌うまいし、中性的な魅力あるかもしれないし(^^) むしろシシィがやりたそう、という声もありつつ。

 M.A.の葉書…来てない。やっぱりだめだったか… がっくり。
[PR]
by yukituri | 2005-11-28 21:37 | エリザベート (国内) 感想
京胡の呉汝俊(ウー・ルーチン)と津軽三味線の上妻宏光、2人の伝統楽器演奏家のコラボイベント 「Asian Dreams ~音楽の獅子たち~」 を鑑賞。このところミュージカル狂いの私には珍しい(^_^;) ゲージツ的な公演。主催はテレビ東京とキョードー東京。キョードー東京ってMitsuko とか時々見る名前だと思ったら、テレビ系だったのか。

遅刻しちゃったけど、開演も10分ほど遅れてセーフ(笑) 初めてだった会場のシアターコクーンは、両サイドに座席があったり、ちょっと馬蹄型のオペラハウスを思わせる作り。700席と小ぢんまりしている。

まずは2人が1曲ずつ披露。キューイーンキュイーンの京胡とベベンベンの三味線、同じ東アジアの弦楽器でもかなり趣が違う。迫力は津軽三味線、盛り上がりは京胡の方があると感じた。京胡、普通は京劇の主伴奏をする楽器だとか。

その後は、後ろのスクリーンに映像を映し、元バレエダンサーの小林十市さんを語りも入れながら (表現というから踊るのかと思ったら違った)、2人の生い立ちや芸術の来歴を紹介する。上妻さんは6歳で三味線の音にほれた、というのがびっくり。

呉さんの時は、思いがけず京劇の所作と歌まで出てきて面白かった。演奏だけじゃなくて女形もやるみたいで、楊貴妃の役の一節を見せてくれた。歌舞伎と違ってちゃんと歌うんだなあ。独特な声だけど伸びがある。京劇って今では女優もいるはずだけど、女形との住み分けはどうなってるのかな。京劇も一度しっかり見てみたくなった。
[PR]
by yukituri | 2005-11-27 17:17 | 国内観劇 (その他)

今度来たCDの感想

 帰国してからサウンド・オブ・ミュージックで買ったCDをようやく全部聞けた。舞台を見た三銃士がやっぱり一番乗れるなあ(^^)

1 Drei Musketiere 三銃士 (ベルリン2005)
 CDだと台詞がほとんど入ってないので、聞いてて楽(^^ゞ やっぱりピアさんがいいなあ~ ダルタニアンの本役の人も、ごつい外見に反して? なかなか若々しいかわいい声だ。ヒロインはコンスタンツェじゃなくて "セ" だったのね。フランス語読み? その割にルイがルードヴィッヒだけどさ。

d0064742_20302826.jpg2 Jekyll & Hyde ジキルとハイド
(ウィーン2002)
 アルファベットで見るまで "ジギル" だとばっかり思ってたのはナイショ(爆)  この間のオフで聞いたところでは、「かなり手抜き」な歌い方だそうだけど、これで手抜きなら実際の舞台のトーマスはよっぽど凄かったんだろうなあ。最初の曲とかかなり緊迫して楽しめた。ジキルとハイドの掛け合いっぽい曲、ほんとに一人で歌ってるのか!?と思った。

3 Musical Stars: サウンド・オブ・ミュージックのお買い得3枚組CD。英語の曲がすごく多いけど、翻訳吹き替えが標準的な割にはどうしてだろう。ウェストエンドで演じてる人が多いとか? どうせならドイツ語のを聞きたいなあ。というわけで、"メモリー"とかよっぽど好きな曲以外はより抜きで携帯プレーヤーに入れている(^_^;)
 フェリックス・マーティンのクロロックが聞けてうれしい。ウィーンCDの人ほどねちっこくないけど、なかなか好きな歌い方。ファントムも彼の歌だ。

4 Still in Love with Musical: エリザベート出演者コンビ (もう一人も?) の1997年のコンサート。せっかく何曲も歌われたっていう、エリザベートの曲が全然入ってないってどうよ… より抜こうにも、3よりもっと英語の曲ばかり。ウーヴェさんピアさんの若~いジャケット写真が見られただけでもいいか。声も若いような。フランツ・ヨーゼフだったヴィクターさんは背が高いなあ。
[PR]
by yukituri | 2005-11-23 20:28 | CD/ DVD/ 映画感想 (内外)
 "Elisabeth Tour Round The World"の管理人、むらさきさん主催のドイツ語圏+αミュージカルファンのオフ会に行ってきました。楽しかった~ありがとうございました。

 出席者は全部で8人。また見事に海外観劇の猛者ぞろい。年に4回行かれる方とか、ウィーンで全員の?出待ちサインをもらって来られた方とか。はまってまだ半年、観劇旅行1回だけの私はタジタジでした。その割にずうずうしく話してた記憶がうっすら (途中から酔っ払ったのであいまい、汗) …すみません(^_^;)

 2次会で行ったカラオケボックス、備え付けのDVDプレーヤーが何とPAL対応! マニアにぴったり(^^) 今度出るウィーン版エリザベートのDVDだってその場でかけられちゃう部屋ですね。

 出席者のうち半分近くが、来週にはウィーンのエリザベート千秋楽やMitsuko コンサートのために旅立たれるとか。別途フィンランドに行かれる方も何人も。すごすぎ。寒い季節ですから、皆さんお気を付けて!
[PR]
by yukituri | 2005-11-21 22:02 | カラオケ・オフなど

M.A.って?

「M.A.」 製作発表会に200人をご招待!
http://www.toho.co.jp/stage/ma_oubo.html

な~んて東宝がすっごく思わせぶりな告知をしてるのは、日付を考えると、クンツェ&リーヴァイの新作ミュージカル会見しかない!?

d0064742_21525176.jpgM.A.というと、メアリじゃなくてマリー・アントワネット??? ウィーン生まれだし、250周年だし。

すっごく行きたい!この製作発表会。思わず葉書を書いちゃいそう。でも当たらないだろうなあ。休みも取れないかもだし。
[PR]
by yukituri | 2005-11-18 21:29 | 東宝・梅芸系

ガラコンサートが(T_T)

 宝塚の「エリザベート・ガラ・コンサート」、友の会の抽選(申し込み1枚だけ!!)も、ぴあの一般販売も全滅(T_T) 回数も枚数も異様に少ない… こんなに人気があるんなら、芸術劇場の中ホールじゃなくて大ホールでやってよぅ。オークションに出てる件数も少ない。いくらなんでも3-4倍も払う気になれないし。このままでは見ずに終わっちゃうかも。ま、春の月組ほど思いいれないし!(負け惜しみ)
[PR]
by yukituri | 2005-11-15 00:10 | エリザベート (データ/雑談)
11/13(日)1階S列上手

「エリザベート」に比べ、異様に買いやすかったこの公演。40年やり続けてる定番中の定番だからかな。今でもちょぼちょぼ空席があるみたい。
母が持っていたミュージカルヒット集LPで子供時代に聞き、映画も1,2度見たけど、日本語版を見るのは初めて。さすが楽しい作品だ。でも、テーマが 「正しい(上流)英語」 だから、翻訳はきびしい。うまく置き換えて何度も笑いを取ってたけど、歌詞も少し覚えた英語版で見/聞きたくなった。

今回のお目当ては、9月にルドルフ役で好きになった浦井健治くん。イライザの大地真央さんやヒギンズ教授の石井一孝さんはあんまり気にしてないという(^_^;A

浦井くん、ルドルフの時より丸くなった気がする。髪型がふわっとしてたのと、お坊ちゃまルック=水色の燕尾服のせいかなあ。ダンスもないし。「君住む街角」はやっぱりよかったけど、結局当て馬な役、かわいそう。

大地さん、50目前?とは思えない若さで、ピンクのドレスもそれなりに似合っちゃうのがすごい。声は期待していたほどきれいではなかった。映画の吹替えの人と比べては気の毒だけど。石井さん、けっこう格好いいが、眉間にシワよせた横顔はちょっと欽ちゃんを思い出してしまった(^_^;)
[PR]
by yukituri | 2005-11-13 20:23 | 東宝・梅芸系

吸血鬼 いつもの疑問

今の通勤のお供は、Tanz der Vampiere (ヴァンパイアのダンス)
容量が小さい耳掛けオーディオでも、このくらいは全部入る。
ぼんやり聞いてるうちに、吸血鬼についての素朴な疑問がまた。

血を吸われた人がみんな吸血鬼になったら、エサ足りなくならない??

懐かしの 「ポーの一族」 とかアン・ライスの 「レスタト」 では
吸うだけではなくて血を注入しないと吸血鬼にはならないけど、
このミュージカルではそういう歯止め設定は全然ないし(^_^;)

思うに、トランシルバニアとかの田舎でひっそり暮らしてる分には、
ニンニク予防や杭での退治でけっこう均衡が取れるかもしれない。
でも、外に出ちゃったら広がる一方になりそう。

むかーし読んだマンガには、それで 「最後の人間」 になっちゃった
ヒロインが出てきたなあ。その後の吸血鬼たちはどうしたんだか。
きっと共食いだな(>_<)
[PR]
by yukituri | 2005-11-11 22:00 | 普通の日記、PC・語学関係
 だそうですね。ご本人のサイトに書かれています。すごいことやるなあ。そりゃー「エリザベート」 「モーツァルト!」 の作者コンビですから、日本でも動員は確実でしょうけど。内容は12/1に東京で記者会見して言うみたいですが、ウィーン・エリザベート千秋楽の3日前に来日ってのもすごい。

 「2006年12月世界初演」とあるからには 「レベッカ」 とは別の作品ですね。某2チャンネルでは 「メアリ・スチュワート」 じゃないかってありましたが(根拠は不明)、なおさら何で日本で?と思っちゃいます(^_^;)

 ちなみに、ドイツのニュース→ http://www.musicalzentrale.de/ によると、「初演場所はまだ未定」 だそうです。ん? ”東京で世界初演”と書かれてる人もけっこういますが(私もそう思ってた)、劇場が未定というより、都市からして決まってないのかな。わざわざ東京で発表だから、それっぽいですけど、念のためちょっと書き直しておこうっと…(汗)
[PR]
by yukituri | 2005-11-07 22:44 | 海外 Musical 話題
ふと思い立って、ミュージカル旅行で巡ったドイツ地方都市の人口をネット検索してみた。結果は、

エッセン= 59万5000人
シュトゥットガルト= 58万9000人

どっひゃー、人口60万もない街でロングラン公演。日本で言えば (最近の大合併前の) 静岡や新潟で 「エリザベート」 や 「オペラ座の怪人」 をやってるような感覚かも? すごいことだ~~

musicalwelt.de で見てみたら、今やってるかもうすぐ開幕のミュージカルは、ドイツ国内で、ひい、ふう、15品+2ツアーも! 

私が7日間/6都市/7.8公演(笑) なんて無茶な旅ができたのも、こうしていっぱい並行上演してるからだな。圧倒的に東京集中の日本に比べ、何ともうらやましい。
[PR]
by yukituri | 2005-11-06 10:53 | 海外 Musical 話題