日本版LNDも気に入りました


by yukituri

<   2006年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

いい加減、帰国してから2ヶ月も経っちゃったので、自己設定の締め切りということで、積み残しになってるエッセン 「オペラ座の怪人」 3回分の感想と、その後の旅日記の項目+α だけ先に作ります。だんだん中身を追加して、1つ1つ独立させる予定 (は未定 ^_^;?) 

というわけで、ここも上から下に読む順序にしますね。
[PR]
by yukituri | 2006-09-29 21:17 | 観劇旅行 (日記・計画他)
エッセン「オペラ座の怪人」 1回目
7/29(土) 15:00 1階3列下手

Phantom der Oper    Ian Jon Bourg (1.5)
Christine Daae     Martina Rumph (2)
Roul Vicomte de Chagny Christopher Morandi (2)
Carlotta Guidicelli   Evelyn Werner (1)
Meg Giry        Annabel Knight (1)

Uwe さんの前楽日だけあって、内々の予定では2回とも出演のはずだったのだが、怪我(捻挫?)したとかで Ian さんに交代。まあ、両方見られて良かったとも言えるけど。怪人の第一声 "Impretinent" が響き渡ったとたん、「あ~違う~~」 とプシューっとなった。みんなが 「Ian が悪いってんじゃないけどね…」 と言う気持ちがよく分かった。

クリスティーネは 1stの人と割と似た感じの、ややむっちりで声が力強いタイプ。ラウルは黒髪の華奢なお坊ちゃん風。


エッセン「オペラ座の怪人」 2回目
7/29 土 20:00 1階1列上手サブセンター

Phantom der Oper    Uwe Kröger (1)
Christine Daae     Beatrix Reiterer (2)
Roul Vicomte de Chagny Christian Müller (2)
Carlotta Guidicelli   Laurie Anne McGowan (2)

今度は Uwe さん! やっぱりいいなぁ。クリスティーネはスタイルがすらっと素晴らしいが、声がやや細くて息もれあり。ラウルはちょっとマッチョな金髪好青年風。私はけっこう気に入ったが、現地のあるファンの人が翌日、「もっと少女っぽい男がいい」 と言っていた。日本語だったら、「美青年でなくちゃ!」 というところか(^_^; 女性ファンはどこでも同じだなあ(笑)


エッセン「オペラ座の怪人」 3回目
7/30(月) 16:30 1階10列上手サブセンター

Phantom der Oper    Uwe Kröger (1)
Christine Daae       Anna Görner (1)
Roul Vicomte de Chagny Nikolaj Brucker (1)
Carlotta Guidicelli   Evelyn Werner (1)

Uwe さん千秋楽、で初めて主要キャストが 1st 揃い。やっぱりクリスティーネ、ラウルとも一番いい感じ♡
この作品を見るには、実は1階最前列はあまりお奨めじゃないのが、前日よく分かった。怪人が 「ふははは~~~」 とか言って出てくるのが、常に頭の真上だから(^_^; 10列目はちょうど良かった。
[PR]
by yukituri | 2006-09-29 21:15 | 海外観劇 (他作品、総括)
旅日記 7/31(月) エッセン→ トゥーン再び
SoMの店舗がすぐ横にあるはずだけど諦めて早めの列車でトゥーンに向かった… ら、雨に降られてエリザベートがドタキャンになるし(涙)

旅日記 8/1(火) トゥーン→ フュッセン
スイスからドイツの国境沿いの湖あたりで、10キロだけオーストリアを通る (16ユーロだけ別料金 ^^;) というのが面白かった。

旅日記 8/2(水) フュッセン→ ミュンヘン
きれいな建物がなかなか多いミュンヘンの旧市街。三越まで可愛い黄色に花模様のファサード。ビアレストランで名物の白ソーセージを頼もうとしたら、何と「午前中だけ」の販売だって! 朝食からビールとソーセージとは、さすがはバイエルンだ!

旅日記 8/3(木) ミュンヘン→ シュトゥットガルト
またしても列車が遅れた! コンパートメントのおっちゃんが、朝っぱらからビールを飲んでいた。さすがは… (以下同文)

旅日記 8/4(金)~5(土) シュトゥットガルト→ フランクフルト→ 帰国
飛行機がけっこうラッキーな席。でもやっぱり疲れた。
[PR]
by yukituri | 2006-09-29 21:12 | 観劇旅行 (日記・計画他)
d0064742_21322336.jpgリュ・ジョンハンさんを除き、リーフレットの曲名の横に付いた名前のハングル部品解読にイマイチ自信が持てないのですが(爆) 韓国版 「ジキルとハイド」 CDを聞き始めています。
キャストの皆さんの伸びやかな歌声に、来日公演の思い出がよみがえりますね♪ 3月当時の感想① 感想②

そういえば、私の初! 韓国語CDです。
んー、言葉が分からないから、BGMにもいい感じ(なんかヘン)

このCDのキャストとかの情報を求めてネットをさまよっていたら、かえって来日公演についての韓国メディアの記事 (日本語版) に行き当たりました。今更だけど面白かったです。

ちなみに、日本の劇評でネットで読めるものがあったらどなたか教えて下さいませ。シアターガイドとシアターフォーラムでは見当たらなかったです…

More
[PR]
by yukituri | 2006-09-28 20:36 | CD/ DVD/ 映画感想 (内外)
ドイツ語 (CD) → 日本語 (舞台) → ハンガリー語 (CD,1曲だけ) → 韓国語 (舞台) に次いで、5ヶ国語目にして初めて、オリジナルの英語版 「ジキルとハイド」 を聴きました。新アレンジ版が出たと知って、「シングル3枚で25%引き!」 というHMVのセールに申し込んだら、お目当て以外の2枚だけ来たという(^_^; ちなみにみもう1枚は韓国版です。

ほんとの初演かは知りませんが (1997年発売だから違うかな) "Original Broadway Cast"。わあ、主役のロバート・クチオリさん、ウィーン版の Thomas と声質や演技が似てるわあ (いや、逆だろ) 31曲も入ってるし、かなりお得感がありますね。ジキルの婚約者嬢は、ウィーンの MayaさんよりこのCDの人のようなお嬢様タイプのが個人的にしっくりしますね~ いや、Mayaさんのも十分好きですけど。

お目当てが品切れ入荷待ちなので、"Ich muss erfahr'n" の英語版
"I Need to Know" (だから逆だってば^_^;) を聴けるのはもう少し後になりそうです。残念!

Jekyll, Hyde : Robert Cuccioli
Lucy : Linda Eder
Emma : Christiane Noll
[PR]
by yukituri | 2006-09-27 21:41 | Jekyll & Hyde
mixiで、大阪のゲスト情報が出ているのを見ました (感謝です!) 劇場のHPにはまだ出てないようですが、ニュースレターに書いてあったとか。

姿月あさとさん、大鳥れいさん (19日・20日のみ出演)、初風緑さん、美々杏里さん、だそうです。

大鳥さんが歌ってくれるなら、19日か20日に行きたいなあ! それとも、東京の彩輝さんのようにトークだけ (ウィーン・日本のエリザベート対談とか?) なんでしょうか…? そしたら悲しすぎです。このメンバーだったら、宝塚のエリザベートのちょこっと再現なんてのもできそうですけどね(^_^;

個人的には美々さんのエリザベートもぜひ聴きたいのですが。一度、神戸のライヴで 「私だけに」 を歌われたとか。
[PR]
by yukituri | 2006-09-27 06:47 | Wien 版 Elisabeth 来日
またしても海外版の掲示板でまず知ったのですが、ドイツの情報サイト musicalzentrale によると、Thomas が12月に始まるベルリンの Tanz der Vampire のクロロックに決まったとか! 去年のハンブルクでは見逃したので嬉しい~ 
ちなみに、ヘルベルトはシュトゥットガルトのトート 2te で結構気に入った Haldor くん (似合うような似合わないような… ^_^;) だと聞きますし。
これで、ザラもハンブルクに引き続き Jessica ちゃん (とつい呼びたくなります ^_^;) だったら、とっても素晴らしいんだけどなあ!
[PR]
by yukituri | 2006-09-24 19:08 | 海外 Musical 話題
プレイベントの記念コンサートの陣容を見るに、来年のウィーン版エリザベートの来日公演のルドルフは、クローズ1年前まで1stだった Lukasくんでまず間違いないのでしょうが。ある方のブログで拝見したところでは、「彼が断っていたら (シュトゥットガルトの最後の1stの) Martin Pasching さんの予定だった」 とのことです。私が8/3に見た方ですね。

見たところお年は30代で、実物には近そうですし、お顔も声も悪くはなかったのですが、麗しの皇子というのはちょーっと違うかな (すみません) と思ってしまって。何でも、ルケーニやトートをカバーする/したこともあるくらいの幅の広い方だそうですね。

第一候補に Lukasくんを呼んで来るとは、さすが宝塚のプロデュース? 日本のフ女子ファンのツボを心得てらっしゃる(^_^; あ、そうそう、日本では、くれぐれもヒゲは付けないで下さいね!
[PR]
by yukituri | 2006-09-24 12:18 | Wien 版 Elisabeth 来日

Linie 1 (地下鉄一号線)

コメントにも書きましたが、「地下鉄一号線」 という作品があります。 原題は "Linie 1"。実は私の初!ドイツ語ミュージカルだったりするのですが。学生時代 (いつのことかはあまり厳密に突っ込まないで…^_^;) に、ベルリンで見ました。小劇団?中劇団?の作品って感じで、主人公の女の子以外はすっごい役替りの連続。それがまたみんな化けるのうまくって、カーテンコールで 「えっ、なんであの人が出てこないの?」 なんて思ったボケは私でした。全部で12人くらいで回してたんじゃないかなあ。

ロックっぽい曲がテンポ良くて好きで、テープで聞きまくってました。どこかにまだあると思うけど、そうなると今じゃ家で聞けないのか? ガーン。どちらにせよ、今でもドイツでやってるとしたら、かなりお奨めできる作品です。

"6 Uhr 30, Bahnhof Zoo!" (6時半、ツォー駅!) で始まる、ロックスター?と恋をして夜行でベルリンに出てきた田舎の女の子の1日の冒険。行ったり来たりする間に、パンクっぽいあんちゃんやら、年金生活の老人やら、お固そうな社民党の女性やらが、とっかえひっかえ乗り合わせ (しかも大体が無賃乗車っぽい…笑)、いろんな人生模様が語られるんです。

で、なんでそんな話を今ごろするかというと、Yuzuさんのブログで何と韓国版があることを知ったから! ストーリーも完全に置き換えられてるみたいで、すごい。ポスターを見たら、思いっきり漢字、しかも旧字体で 「地下鐵一號線」 迫力~ ハングルじゃないのが珍しい気がしました。

ちなみに、中央駅を通る地下鉄なわけだから、東京バージョンを作るとしたら 「丸ノ内線」 か 「東西線」 …? あ、合わねえ!と思わず笑っちゃいました。東京メトロさんごめんなさい。
[PR]
by yukituri | 2006-09-23 20:28 | 海外 Musical 話題
そういえば、9/17でシュトゥットガルトのエリザベートが千秋楽を迎えていましたね。これでドイツ語圏での上演がひとまずなくなってしまったわけで、寂しい~ あとは、12月始めにフュッセンの祝祭劇場で2日間だけ、 コンサート形式でシュトゥットのメンバーが演るそう (場所柄はぴったり^^) なのと、日本へのウィーン版来日ですね!
私もまだ全部は見ていませんが、千秋楽のカーテンコールの動画 があるとお聞きしました。ちびルド大集合ですごい。こ、こんなにいたのか~~~
[PR]
by yukituri | 2006-09-21 06:27 | エリザベート (データ/雑談)