日本版LNDも気に入りました


by yukituri

<   2007年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

オペラ座の怪人にお詳しい方から、レアもののドイツ語CDを3枚、聞かせていただきました。ありがとうございます!! 1つは、1996年のスイス・バーゼル版で4曲のみ収録。2つ目と3つ目は、今は亡き興業会社ステラ (倒産→ステージエンターテインメントが吸収合併?) のプロモーションCD2種類、これも90年代? 各5曲入りでオペラ座からも1曲ずつ収録。

バーゼルCDの怪人は Florian Schneider という人で、"Das Phantom der Oper" (オペラ座の怪人)、"Die Musik der Nacht" (夜の音楽) の2大曲を歌ってます。ステラ1 に入ってる "Phantom der Oper" は名前の記載なし。誰? 初演の人? 後出の Ian さん? ステラ2のは、私が去年1回見た Ian Jon Bourg さんの "Musik der Nacht" でした。

この3人? 揃いも揃って何だかオペラな風情。や、怪人は天才的なオペラの歌い手で、クリスティーネをプリマドンナに育てるわけですから、設定上は正しいんですが、どうも Uwe さんとか Gerald Butler さんのミュージカル歌いに慣れちゃってると…(^_^; 歌はみんなうまいですが、どちらかというとみんなねちっこくで、一応テノールでも声も太目な感じかな? 

Schneider 氏は r がやたら巻き舌。話に聞く歌謡曲からの伝統? と思っちゃったりして(爆)

Ian さん、夏の舞台が懐かしいなぁ。そういえばこういう粘着質な歌い方だったっけ。その時と違って、u ウムラウトが i に近すぎる気がしたけど、センセは特に気にならないとかで。

ステラCDでは他に、"Nur fuer Mich" (レミゼの On My Own ってこう言うのか~ 誰か分からないけど綺麗な声) や Tanz der Vampire の "Totale Finsternis" が嬉しかったです! ザラは違うけど、クロロックは一昨年秋に私がハンブルクで見ていた Kevin Tarte さんで、CD音源は他に知らなかったのでラッキー♡
[PR]
by yukituri | 2007-01-30 21:05 | CD/ DVD/ 映画感想 (内外)

貴城けいさん…?

ここ数日、検索ワード 「貴城けい」 でこのブログに来ていただいている方が赤丸急上昇で、「エリザベート」 に迫る勢いです。さすがは、お披露目&サヨナラの 「維新回天竜馬伝/ザ・クラシック」 公演中というところでしょうか? といってもこのブログにはあまり記載がないんですけど(^_^;

私自身は1/28日に行くつもりが仕事でダメになり (大幅値引きで売りました… 最近こんなのばかり T_T)、2/3(土)11時のを買い直しました。ので、感想は早くてもその日になります、すみません。ちなみに、オクでもあまり値上がりしていませんし、ファンの方々の評判も上々なようなので、まだという方は、今からでも観劇検討されたらいいかも(^^)
[PR]
by yukituri | 2007-01-29 12:31 | 宝塚 (他作品、雑談)
さて、各方面で話題になっているフランス版 「ロミオとジュリエット」 の韓国公演、とうとう、見に行くべぇ~! と計画を立て始めました。

韓国… 90年代に、一回行ったきりだわ… その時は勢いで何とかしてしまったのですが、韓国語は2言くらいしかできないし、時間はないしでやや不安。そこで budouya-mane さんに教えていただいた現地旅行会社、グッドモーニングツアー というところに代行を頼んでみました。
何と、「2/19~27のチケットは2月初頭にならないと発売されない!」 とかで、結果はまだ分かりませんが、日本語のテレホンサービスはあるし、メールのやり取りは色々親切だし、なかなか良さげです。しっかし、アドレスが "yonsama" なのが(^_^;; ヨン様ツアーで成長したのかしらん。

飛行機は、羽田-金浦という各都心空港を結ぶ便があり、それにしようかと。でも、JAL/ANAは正規割引出してないんですよねぇ。いい格安チケットあるかなあ。韓国は開演が遅いので、日曜マチネも3時から、それを見てると飛行機に間に合わなさそうなので、残念。土曜日マチソワだけになるかも… あとはそろそろ会社に言わないと。「何しにこんな寒い時に韓国へ?」 という同僚の問いが心配ですが(爆)

ハングルは… まあ、何とかなるさ、と高をくくっています。私が行ってからはやン年、アルファベット表示も増えたと思いますし。ホントは漢字表示の方がありがたいんですけどねぇ(^_^; セジョンというより世宗とか…
[PR]
by yukituri | 2007-01-27 08:33 | Romeo & Juli ette/a
下の授業話の続き。"Mozart!"の "Wie wird man seinen Schatten
los?" 「影を逃れて」、なぜか「僕こそ音楽」とかを差し置いて Joysound のカラオケに入ってるので、前回私が試しに歌ってみたら、「内容がなかなか深くて気に入った」 とか。

で、センセが言うには、ヴォルフガングがどうしたら逃れられるのかと繰り返し歌う、自分の 「影」 とか 「運命」 というのは、「教会」 (やそれに指導された社会) だって! こちらが 「この作品にはアマデというヴォルフガングの才能の化身? みたいな幻想の少年がいて、彼を最後には殺しちゃうように見える、云々」 と解説したんだけど、それでも。

「一つの解釈だよね」 と私が言ったら 「ヨーロッパ人なら大体そう思うはず」 と主張。何でも中世~近世の教会の教えというのは今よりずっと拘束的で、あるべき姿からたどるべき運命まで全部、教会の言う通りにしなければ、という強い圧力にモーツァルトもずっと悩まされていたはず、とか。確かに、"Was soll mir die Unsterblichkeit?" (不死なんて僕にとって何だ)って歌詞は、これはキリスト教の教える天国のことかも、と私も思った。

それにしても。「影を逃れて」 の日本語版では、コーラスが 「子供の姿で」 と歌ったりするし、はっきりアマデを指してる気が。いつも影のように張り付いてるし、運命運んでくるし、それ以外ありうるとは思ってもみなかった…

ちなみに、コロレド大司教が 「我々を進歩させるはずのもの」 と歌う "Ein-sicht" "Kritik" "Vernunft" (洞察、批判、理性) も、(センセの主張では) 教会の教えに沿ったもの、それだけ!!なんだとか。日本語だけ見てたら、すごく近代的批判精神に聞こえるんだけど、逆なのか…(^_^;?

かなりキリスト教 (特に歴史上の) への批判が強い人だし、ヨーロッパ人がみんな、というのが正しいかは分からないけど、興味深かった。
[PR]
by yukituri | 2007-01-24 20:27 | 海外 Musical 話題
 日曜日、風邪が大体治ったので、例のドイツ語の 「授業」 もしてました。まずは、「この人のドイツ語って?」 を兼ねて、今日解釈したい歌を聞いてもらいました。ちなみにセンセたちとの前回のカラオケで私が新たに歌ったやつだったり(爆) 練習不足で冷や汗だったけど、その時に聞いただけでも歌詞はけっこう分かったと言ってくれて一安心。

1) Maya Hakvoort "Ich gehöre nur mir" (私だけに、Elisabeth)
 このシリーズ初の女性登場(^_^; Mayaさんの 「私だけに」、私には所々、ゲ"ヘ"ーレ ではなく ゲ"エ"ーレ と h 抜きに聞こえるので。センセには特に問題なく聞こえたらしいけど、「そういう発音だと思ってるからかも?」 とも。「ここ、ここ」 と改めて再生してみたら 「確かにほとんど言ってないほど弱いね」。
 ちなみにこれ、オランダ人にはありえる癖だそうで。フランス人が h を言えないのは有名だけど、オランダ語もフランス語に近い部分があり、ドイツ語を話す時に単語によっては h がもれるとか。へえ。オランダ版CDを聞くと、喉音の chとかがもっと強くてドイツ語っぽいのに、面白いなぁ。ただ、全体としては Mayaさんのドイツ語 「本当に上手い」 には違いなくて、歌には 「鳥肌が立った」 と言ってました。

2) Yngve Gasoy Romdal
 "Wie wird man seinen Schatten los" (影を逃れて、Mozart!)
 モーツァルトのウィーン初演のヴォルフガング、最近では美女と野獣の
Beast の Yngve (イマイチ読めない)さん。ヴォルフとしては、CDで聞く限り Thomasのレオポルドパパや Uweさんのコロレド大司教とおんなじくらいの年に思えちゃう(^_^; のが玉に瑕だけど、歌唱力には文句なし。で、ドイツ語はというと、「外国人? そうとは分からない」 。確かノルウェー人だと言った後も、特にそれっぽくは聞こえないそうで。

 さて、歌の内容の方は。「私だけに」 は、すごく "emanzipiert" (自立した、解放された) に聞こえるとか。出た! ドイツ語での現代女性のキーワード中のキーワード。やっぱりエリザベートは 「早く生まれすぎた」 女性として描かれてるんだなぁ。

 読解していって面白かったのが、最初の "Ich will nicht gehorsam, gezähmt und gezogen sein" (=私はならない、従順で、手なづけられて、しつけられた (女/皇后?) になんて) について、「gezogen は本当なら erzogen だ」 と指摘されたこと。確かに erziehen なら教育で意味は合う。じゃあ何で、と思ったら… ge で頭韻を踏んでたのか~!? 次もそういえば "bescheiden, beliebt und betrogen" (=慎み深くて、愛されて、裏切られて) と be 揃いだし。脚韻は別の歌でいくつか分かってたけど、頭韻はあまり気にしてなかったな。気付くのが遅いって(^_^;

 「影を逃れて」 の方は、長くなりそうなので別項に。
[PR]
by yukituri | 2007-01-24 19:22 | エリザベート (データ/雑談)
エリザベート来日記念コンサートの余韻がなかなか冷めない私、某サイトで姿月さんと Lukasくんの 「闇広」 の写真を見てまたまた再燃してしまいました。苦悩する美青年、やっぱりいいですね~(爆) 2人の声もなかなか美しいハーモニーだったし。大阪、東京ともカメラはいたので、ぜひベストシーン集とか出してくれないかなあ、もちろん Mate & Lukas の闇広や、あのびっくり千秋楽アンコールも入れて!

と思っていたら、某巨大掲示板に 「大阪の分だけで発売」 という情報が。ほんとかな。劇団やTCAのページには見当たらず。トークはいらないから (一部、盛り上がった部分を除く) 東京の名場面↑も入れてほしいなぁ。
[PR]
by yukituri | 2007-01-21 20:01 | Wien 版 Elisabeth 来日

間が空いて、すみません

突然降ってきた仕事と、引き始めの風邪のためちょっとダウンしてました。せっかくコメントをいただいていたのに間が空いてすみません m(_ _)m 大体復活したので、今日のうちにゆるゆるとレスを書こうと思います。
[PR]
by yukituri | 2007-01-21 08:39 | 普通の日記、PC・語学関係
姿月さんと井上くんの 「闇広」 動画を他の方にお奨めしようと、久しぶりに某YTに行ってみたら、多分まだ見てない Uweさんの画像がいくつか関連表示。親切ー。芋づる式に見ていくと時間があっという間にたって、危険な森だなぁ(爆)

d0064742_2312663.jpg中になかなかすごいのが。Uwe さんと Jesper さんの "Die Schatten werden länger" (闇広)、そりゃ嬉しいんだけど… Fernsehgarten というとTV局のイベント会場かな? 真っ青な空の下、トロピカル植物に囲まれてトートとルドルフが歌って動くという(^_^; ミスマッチ過ぎて笑えた。前に見た、プールサイドにトートとエリザベートが登場!という Olegg & Maike の "Wenn ich tanzen will" (私が踊る時) もすごかったけど。屋外だと、トートがやたら健康的に見える(笑)

他にも、ホテルの庭?みたいな感じの所の、ピクニックテーブルに座ったラフな格好の観客のすぐ近くで、タキシード姿で 「オペラ座の怪人」 の
"Mehr will ich nicht von dir" (All I ask of You) をラブラブデュエットしてクリスティーヌに跪いちゃうラウル (Nikolaj Alexander Brucker さん、パンフ写真よりずっとハンサム~!) とか、ホームセンターの駐車場のガーデニング売り場か? と思っちゃう感じのところで 「ジキルとハイド」 の
"This is the Moment" を熱唱する Robert Cuccioli さんとか。欧米ではミュージカルスターのこの手の屋外イベントが多いのかな?

屋内イベントからは、Uwe さんと Anna Görner さんの "Das Phantom der Oper" も。アップした人が縮尺を間違ってた?のか、2人ともえっらいずんぐりむっくりに見えるし(^_^; TV用セットのイミテーションもショボイけど、この2人の舞台風の映像が見られて嬉しい!

そうそう、Tさんにお奨めされた Cuccioli さんの "A Dangerous Game" 絶品でした♡ ジキルだとややキョトって見えちゃったけど、さすがイタリア系? ザンバラ髪のハイドの色気あること! 舞台で見たかった~
[PR]
by yukituri | 2007-01-15 23:14 | エリザベート (データ/雑談)
昨日、またもやドイツ語のセンセたちとカラオケに行ってしまいました(^_^; 奥さんがカラオケ仲間ウェルカ~ム!状態だったらしくて。エリザベートは一度も見たことない人だっちゅうのに、闇広を耳コピでちょっと覚えてもらってハモリの練習相手にしちゃったり (爆) すいませ~ん。

そこにはもう一人ドイツ人 (20代始めくらいの男性) がいたんですが、これがまた一度もミュージカル見たことない、曲も全然知らないって人で。私が歌ったうち、独語ポップスで唯一通信カラオケに入ってる? NENA の "99 Luftballons" は80年代産とはいえまだ知られてるので大丈夫だったけど、興味なさげなのにミュー曲ばっかり歌っちゃってごめんねー。まあね、 演歌とか懐メロとかもやりましたが、日本文化の紹介ってことで(爆)
あ、学生時代に留学生の人に1題目だけ教えてもらった 「北国的春」 (でよかったかな? 北国の春の中国語版。けっこう有名だそうで、漢詩みたいでなかなか楽しい) とかもやって、怪しい多言語歌い状態だったけど。
後で聞いたら宮崎アニメのファン (日本に来る動機としてありそうだなー) らしかったので、アニソンの方がよかったかも?

それにしても全くミュージカル観劇してないのか… センセが言うには 「ジェネレーションギャップだろ。ミュージカルを見るのは僕たちの世代くらいまで。若者はほとんど見ない」 とか。えーっ、あんな一杯ミュージカル劇場あるのにもったいない~ 日本でも多数派は30代以上でしょうけど、若い人もちょっとはいますよねぇ。ま、男性はあまり見かけませんが(^_^;
[PR]
by yukituri | 2007-01-15 20:30 | 海外 Musical 話題
ここ数ヶ月、新しい記事をアップするたびに、どうやってチェックしてるんだか (きっと自動プログラム…) 迷惑猥褻トラックバックが間髪入れずにいくつも付くようになり、だんだん増えて、今朝などは30個を越していました。送り主のURLを拒否する設定にしても効果がなく、「更新Pingを送信する」 のチェックを外しても半分くらいはしぶとく生き残り、個別削除にも疲れたので、ついに 「リンクのないトラックバックを受け付けない」 設定を使い始めることにしました。

これがどういうことかというと、送信元さんの記事に、エリザベートの小路へ とかうちの記事へのリンクが入っていない限り、TBを送っても遮断されてしまうというものです。送り主の方に文章を変えさせることになるので、できたらこれだけはやりたくなかったのですが、他に有効そうな方法が備わっていないので仕方ありません(-_-;

他のブログのように、1) 承認制にする、とか 2) 影文字の入力で初めて送れるようにする、とか、サポートに何度も要請してきたのですが効果なし。軽くていいブログですけど、こういうところは対応が鈍いです、エキサイト。この種の機能が付くまでの暫定措置ということで、ご了承下さい。
[PR]
by yukituri | 2007-01-14 15:10 | 普通の日記、PC・語学関係