日本版LNDも気に入りました


by yukituri

<   2008年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

梅田で上演中の 「ファントム」、今週末で千秋楽ですね~ 以前の書き込みへのコメントで大阪公演の様子を教えてくださった皆様、どうもありがとうございました! おかげで東京にいながらこんな感じかな? とかいろいろ想像できて楽しかったです。できればまた、

* 大沢ファントム (演技は◎?) の歌はその後、向上したか?

* ”きれいだがか細い感じの声” だったという徳永クリスティーンの歌は最後までもったか。

* Lukas くんは格好良かったか (日本語は 「がんばったで賞」? ただ出番や歌が少なくてもったいないようですねぇ) 周囲に溶け込んでたか、ダブルキャストのパクさんと比べた印象は?

* ある意味、伯爵以上においしいところをさらう (宝塚版ではそうだった) キャリエールはどんな感じか。

とか、お聞きできれば嬉しいです(^-^)/
[PR]
by yukituri | 2008-01-25 06:51 | 国内観劇 (その他)
昨日の新人公演 (さそってくれてありがとうございました) と合わせれば通算3回も見てしまった、星組 「エル・アルコン」。途中、外国語らしき台詞が何度か出てくるけど、あれは何て言ってるんでしょう。ご存知な方、ぜひ教えて下さい~~

設定を考えればスペイン語かフランス語の文章でしょうが、全く分からず。かなりカタカナに聞こえました (ごめんなさい) 
正直言って、あんまりこういう外国語台詞は安易に使ってほしくないなぁ。観客には分からないし、日本語のやりとりが本来は英語だったりスペイン語だったりという、そもそものお約束が破れてしまう。

あ、新人公演のヒロインの稀鳥まりやさんがティリアンに何か言われて切り返すところだけは、抑揚といい巻き舌といい、「ををスペイン語だ!」 と、ほぼ確信できました (響きは ^_^;) ここだけは、あるHPで 「私の海で会いましょう」 じゃないかと読みました。ギルダはフランス貴族の設定だけど、教養としてスペイン語もできるのでしょう、多分。ネット検索してみると、この娘役さん、本物のスペイン帰国子女で、4ヶ国語を話すとか。エライ。

そうそう、逆に、意味は分かるけどなんだかな~ と思っちゃったのが主題歌? のサビ  ♪グラン・ブルー、グラン・メール、グラン・スカ~イ♪ 
うーむ。きれいなメロディーで、頭の中にぐるぐるしてるけど、何か英仏語のマゼコゼのような(^_^;A

追記: スペイン語を勉強した友人に聞いたところ、「私の海で…」 は
 "Vamos a ver en mi mar" かもと。なるほどそんな感じでした(^^)
[PR]
by yukituri | 2008-01-23 22:09 | 宝塚 (他作品、雑談)

ドイツ3ヶ所で "Mozart!"

ドイツ語圏で長らくきちんとした公演がなかった "Mozart!" (ミュンヘンのはブダペストからの客演) が今年前半、なんとドイツの3ヶ所 (プロダクションは2つ) で開催されます。興行会社ステラの倒産で宙に浮いていた上演権がようやくきれいになったのかな? 大都市はないですが。

キャストや日程は Musicalzentrale の記事 (ドイツ語) で見られます。

1つ目は、ベルリンの西南、旧東ドイツの Zwickau と Plauen という2都市で飛び飛び・交互に、1/27から 6/21まで計14回。記事は こちら

Wolfang: Maximilian Nowka
Leopold: Michael Junge
Nannerl: Sandrine Guiraud
Colloredo: Michael Kunze
Baronin: Silke Richter
Constanze: Inga-Britt Andersson
Schikaneder: Marcus Sandmann

「レパートリー劇場」 とあるので、いろんな演目を代わる代わるやっている中に時々混ざる感じかな。町で唯一のホールだったりして(^_^;? 聞き覚えのある人いないなぁ。ちなみに、コロレドの 「ミヒャエル・クンツェ」 さんは作者様の特別出演ではありません(笑) 中堅の役者さんだそうです。

2つ目は、私が一昨年行った北ドイツ、ミュンスター近くの小さな中世風の町、Tecklenburg の野外劇場ですね→ 記事。6/21から 8/30まで週末中心に24回。毎年、夏のフェスティバルで2-3作品を上演、その中の1作は有名ミュージカルのようですね。

Mozart - Patrick Stanke
Leopold Mozart - Ethan Freeman
Colloredo - Marc Clear
Nannerl - Karin Seyfried
Constanze - Simone Geyer
Baronin von Waldstätten - Jana Werner
Schikaneder - Adrian Becker

こちらには、「エリザベート」 の初代ルケーニやブレーメン版の 「ジキルとハイド」 の主役などCDでは私にもおなじみの Ethan Freeman さんがパパ・レオポルドで出ます。ああ生で見たい! ヴォルフガングや男爵夫人も見覚えがある名前です。木組みの家が多い可愛い町並みも、お城の廃墟を生かした野外劇場もとってもお奨めできます。
2006/7/25、8/7、15、19あたりの書き込みに、劇場の感想とか旅日記とか載せてありますので、よければご参考に(^^)
[PR]
by yukituri | 2008-01-22 12:02 | 海外 Musical 話題

月組 "Hollywood Lover"

1/20(日) 11:00 日本青年館 1階J列センター

d0064742_20464054.jpg月組の、というよりワタシ的には大空祐飛さんの、"Hollywood Lover" を見に行ってきました。10列目でもオクで8割増し(泣) やっぱり凄い人気、またそれだけある格好良さでした。

大空さんの声の開幕アナウンスも、スーツ物の芝居も、なんか新鮮! 考えてみたら私、ファンと称しているくせに初めてかも(^_^;A 衣装となると、生で見たのがルドルフ (軍服) やら、中大兄/天智 (飛鳥) やら、カシウス (なんちゃってローマ) ですから。

歌のほうは、安蘭さんを聞いた後では正直…(爆) 主役のお疲れもあるのか、出演者中一番? ガラガラ声でした。ただ、この人の持ち味は歌じゃありませんから! ものすごい脚の長さも美貌も、クールな雰囲気の演技も、いつ見てもさすが。スーツだと余計際立ちます。

ヒロインの城咲あいさんは、大女優としての冷たく物憂げな顔が魅力的。その夫役の遼河はるひさんは、宙組時代に気に入った "Never Say Good-bye" のアギラールを彷彿とさせる、存在感ある敵役を好演。前回の月組ツアーのショーでは歌にがっかりしましたが、今回は点が上がりました。大空さんより上背があるくらいだし男らしいし(^_^; 憎憎しキャラをやらせたら一級品ですね。

越乃リュウさんはいい切れ者部下ですが、歌がないのは残念。主役コンビの友人役、花瀬みずかさんは、筋の設定がちょっとあれっ?と思うところもあったけど、歌が主要メンバーで一番うまく (他はあんまりいない…爆)、安心して聞けます。その夫の桐生園加さんは、とっても誠実そうで温かみのあるマイホームパパ! 今回新しく好きになりました(^^)

植田景子作のストーリーは、類型的とか先が読めるという意見も見かけますし(爆) 英語使いすぎ (発音ビミョン) でちょっと最後がくどい気もしたけど、総合的にはかなり気に入りました。登場人物たちを格好良く見せるという点では十二分にマルかと思います。
[PR]
by yukituri | 2008-01-20 17:30 | 宝塚 (他作品、雑談)
オークションの狭間で2連続で行ってきました。1回目は1階SS席 (繰上げ落札)、2回目は2階SS席 (ほとんど定価) やっぱり1階の前の方が断然スターさんたちが近くて楽しめますね!

去年も初宝塚はそうだったのですが、今年の観劇始めも安蘭さんの作品。
歌や演技では今の宝塚で一番ファンです(^^) 雰囲気他では大空さん♪

d0064742_2055083.jpg…何か盛りだくさん + 話が錯綜してるなー、と思ったら、元は漫画3作 (公式には 「エル・アルコン」 「七つの海、七つの空」 だけど、ギルダとのからみ部分は 「テンペスト」 より) の再編成なんですね。というわけで終演後、キャトルレーヴで原作漫画の文庫版 (2冊に収録) を買って復習、ようやく分かりました(^_^;A

一言ストーリーに注文するとしたら、原作の 「エル・アルコン」 (船) の特徴の機動力+砲撃力と活躍をちょっとだけでも描いてくれればいいのに。今のままじゃ、ああまでして求めたティリアンの野望が腰砕けでかわいそう。

というのは置いといて。安蘭さんの歌はやっぱり聞き応えあり気持ちいい。主題歌の三重唱は (歌詞はともかく) 素晴らしい。イギリスの歴史上で、一番男性が着道楽だった? というエリザベス調風の衣装も堪能できます (ちょうちんブルマはなし…笑)

チラシのティリアンの漫画は、今の青池先生の絵柄なので 「コスプレしたエーベルバッハ少佐」(爆) にしか見えないけど、安蘭さんは原作の華奢で美形な彼をなかなか上手く体現していると思いました(^^)
[PR]
by yukituri | 2008-01-13 19:42 | 宝塚 (他作品、雑談)
気が付いたら、もう今週末に大阪で 「ファントム」 開幕ですね!

大沢ファントム、徳永クリスティーン (ヌにあらず)、Lukas フィリップの出来はどうか? 全体の演出は? とーっても気になります。見られた方、よければご感想を教えてください(^^) 東京でぜひ! 行くべきか、についてのご意見も大歓迎です♪

1/13-27 大阪・梅田芸術劇場メインホール
2/ 1- 3 名古屋・愛知厚生年金会館
2/ 7-22 東京・青山劇場

ちなみに、私がこの作品を見たのは宝塚で2回。一言感想は、1回目 = 宙組。和央さんのエリック = ファントムが美しかった、安蘭さんフィリップ、樹里さんキャリエールも良かった。2回目 = 花組。春野さん (ファ)、彩吹さん (キャ) の歌が聞かせた、です。
初見だったせいか、全体的には宙組の方が印象が深いような。
[PR]
by yukituri | 2008-01-10 12:58 | 国内観劇 (その他)
Mayaさんの日本ファンクラブのHP に、コメントで教えていただいた 「ウィーン・ミュージカル・コンサート」 の情報が載っていましたね(^^)/

大阪だけ(泣) の10公演、5/21(水)から 28(水)まで、月曜は休み。
土日が両方マチソワなのはいいんですが、どうして週末を2回にしないんでしょ。梅芸のメインホールがいっぱいなのかなぁ。

一般販売3月22日から。チケットは、S席13,000円、A席8,000円、B席5,000円。うっ、S席がけーっこう高いかも(^_^;A とはいえ、Mayaさん、Máté、Lukasくん、Marjanちゃんの豪華メンバーで、"Elisabeth" に "Tanz der Vampire" に "MOZART!" に "ROMEO & JULIA"、加えて "REBECCA" とくれば、これは行かないわけにはいかないでしょう!

一番聞きたいのは、ロミジュリをたくさん! 何せウィーンの生舞台は見損ねてますし(涙) ラブラブデュエットを思いっきり歌ってほしいです。

あと個人的に注目なのは "Rebecca"。Mayaさんの Mrs. Danvers と Marjanちゃんの "ich" で主題歌なんて、きっとゾクゾクものでしょうね♪ 

Mátéは Uweさんの向こうを張って Maxim を歌ったりするでしょうか??
もし Lukas くんなら、やや若すぎだけど、ウィーンで見たセカンド Tim さんと似た、超スタイルのいい Maxim になりそう。彼と Marjan ちゃんの "Jenseits der Nacht" とかも、ちょっと聞いてみたいかも♪
[PR]
by yukituri | 2008-01-09 20:46 | 来日公演 (他作品)
昨日、誤ってごっそり消してしまったコメント(申し訳ありませんでした)、できるだけ再アップしました。タブブラウザの別ウィンドウでたまたま見ていたり、もう1台家にあるノートに残っていた分です。それでもいくつかは見つけられず、私のレスだけパソコンの自動バックアップから出して入れたものもあります。全体の順序もかなり前後してしまいました、すみません。
場所がおかしいとかお気づきの点があったら、またご指摘をお願いします。
[PR]
by yukituri | 2008-01-08 21:45 | 普通の日記、PC・語学関係
す、すみません! スパムコメントを1つ消そうとして、他の方のまでごっそり消してしまいました… 一番上のだけに削除用のチェックマークを入れるつもりが、画面全部に入ってしまったのだと思います。大失敗です。

一度削除してしまうと復活できないんです。たまたま別ウィンドウで開いていたものは数個コピペできたので、後ほど投稿者の方のお名前を書いて入れ直すつもりですが、3日以降にいただいたもののうち、15個くらいは失われてしまいました… 大変大変、申し訳ありません!! 万一、入れたコメントをパソコンに保存されている方は、お心当たりの所に再投稿していただけると大変助かります。

本当に反省しています。お許し下さいm(_ _)m  これにめげずに今後ともお付き合いいただければ… どうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by yukituri | 2008-01-07 16:25 | 普通の日記、PC・語学関係

初詣 @ 成田山

d0064742_1621367.jpgようやく初詣に行って来ました。千葉にいながら、まだお参りしてなかった成田山へ。ここって、日本2位くらいの人出の場所でしたよね。もう5日、しかも午後遅めだというのに、参道はまだまだ人だらけ。
和風の街並みがいい感じですが、何ヶ所もケバブ売ってたり、割と無国籍(^_^;A

d0064742_22174870.jpg本堂に行ってみると、ちょうど1時間に1回の法要が始まるところだったので、ちゃっかり見させていただきました。ミューファンなせいか、お経も微妙にハモってるように聞こえてしまったりして。
ここは真言密教、ノーマクサンマンダー しか分かりませんでしたが、うちの宗派の浄土真宗に比べてにぎやかな感じが興味深かったです。お堂の中でかなり大きな火 (護摩でしょうか) を焚くのも、演出が派手でいいですね。
[PR]
by yukituri | 2008-01-05 22:31 | 普通の日記、PC・語学関係