日本版LNDも気に入りました


by yukituri

<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

栗本薫さん

が、お亡くなりになってしまいました… 後書きに闘病記が載っていたものの、順調に執筆活動をされてると思っていたので、驚きました。残念です。

これで、某大長編シリーズが未完で終わってしまいましたね。全巻はとても持ってませんが、ところどころ買って読んでいた私(^_^;A としては、やっぱり当初予定の100できちんと〆ておいてほしかったなぁ (1冊4日みたいな書き飛ばしをせず、中盤から目立っていた饒舌さを整理すれば、十分できたと思うんですが) 構想だけでも出版されたりしないかなぁ。

小説や別名義の評論のほか、自作を基にしたミュージカルの上演とかも、後書きによればされてたようですし、すごく多才な人でしたね。早すぎる死、ご本人もやり残した人がいろいろおありだったでしょう。

以前はミステリーとかもずいぶん読み漁ったものでした。デビュー作など、すごく良質で楽しませていただきました。

ご冥福をお祈りします。
[PR]
by yukituri | 2009-05-29 01:54 | 普通の日記、PC・語学関係
下の最初の報告への書き足しです(^^) 昨日はみなさま、お忙しいところミュージカルカラオケに参加、お疲れ様でした~ とても楽しく過ごさせていただきました♪ 初参加の Makiさん、dachoさん、トミーさん、それぞれ面白く感じていただけたなら幸いです。

More
[PR]
by yukituri | 2009-05-25 13:49 | カラオケ・オフなど
今日のカラオケ、回数が回らなかった割には、数えてみたら、合唱や歌い継ぎを除いても8曲歌えてました(^^)v デュエット相手や補助にご指名いただいた皆様、ありがとうございました♪ 基本的に、よく聞いている歌なら (特にドイツ語版) 何でも喜んで歌いますので、今後もどんどん声を掛けてやってくださいまし。男性パートでもうれしいです(笑)

今回、挑戦した新曲は、

More
[PR]
by yukituri | 2009-05-24 23:00 | カラオケ・オフなど
今日は久々の 「外国語歓迎! (日本語ももちろんOK) ミュージカルカラオケ」 の日でした。今回、新参加の方が3人。残念ながら欠席も出たので最終的に12人。食事・お茶を交え、集合から7時間半(!) という長丁場。合計37曲を歌いました♪ が、この人数だと、それでも3.5周というところ(^_^;A 合唱やデュエットもあるので、もっと歌ってはいますが、なかなか一回りに時間がかかります。CD入れ替えなど、次回はもっとサクサク進めるよう努力します。

初めて使った錦糸町の中華料理、サウンドルームとも、ありえないお手頃さ(^^) 手配してくださった tomocatさん、ありがとうございました!

個別メッセージは後で書き足すとして、とりあえず曲リストを "More" に入れておきます。初登場の曲、作品もけっこうありました(^O^)/ 言語別では英語17曲、ドイツ語16曲、日本語4曲、フランス語3曲。言語ミックスの場合は、両方に付けました。英語が僅差でトップですね~ 別にドイツ語が優先というわけではないので、全然構いませんし♪

More
[PR]
by yukituri | 2009-05-24 21:42 | カラオケ・オフなど
5/19 18:30 日生劇場 1階中ほど列・上手寄り

ワイルドホーン作曲の新作 「シラノ」 を見にに行ってきました…のですが、私事やら仕事やらで半分徹夜明け、国内時差ボケもあって開幕ごろにはヘロヘロで、ほとんど 「ヨーロッパに着いたその日の晩 (日本時間翌朝未明) の観劇」 状態でした。だから、冗長な部分とかは、ひたすら 「早く先に進まないかなぁ~」 と願いつつ見てたりして(^_^;A 観劇コンディションが良くなかった分、辛口かも。気を悪くされた方がいたらすみません。

物語は、ネットで見た限り、ほぼ戯曲の 「シラノ・ド・ベルジュラック」 と同じようです。これまで名前しか知りませんでしたが(^_^;A → Wikiの項目

ロクサーヌの朝海さん。宝塚退団後には初めて見て、女性姿もすごく綺麗でした。歌は正直… でした。低音部は思っていたよりまろやかで、努力は感じられましたが、なかなか可憐な話し声が、歌になるとかなり太くなってギャップが(^_^;A あと、高音は急に不安定な裏声で、切り替えが滑らかではない気がしました。これはエリザベートで聞くのは厳しそうだなあ。

題名役・シラノの鹿賀さんは、台詞も歌も? 独特の調子で、縮めたりためたりの癖が、今ひとつ好きになれませんでした。聞き取りにくいし。「ジキルとハイド」 の時より癖が強まっているような… シラノというあくの強いキャラクターだからでしょうか。年恰好はこちらの方が合ってましたけど。

というわけで、主役2人のシーン (特に歌) は、残念ながら私にとって心地よくはなかったです。個人的には、朝海さんには歌より芝居 (お茶目で笑わせる間とかも上手かった)・ダンスで活躍してほしい。

この日のお目当て、若き貴族クリスチャンの浦井君 (ダブルキャスト) は期待通りかわいかったです。ルドルフの時より体型がやや丸くなったか。少しだけ声が割れ気味でしたが、素直で伸びやかな歌い方。ロクサーヌ、シラノの歌をこれと間違えるなんてありえないですよ! クリスチャン、あんまり 「この美貌~」 と自分で言いまくるので 「バカの花 (川原泉の漫画より) か、こいつ?」 と思ったのですが(^_^;A なかなか真摯な好青年でしたね。ソロが意外とないのと、終盤、出てこないのがとっても残念… 

ロクサーヌに恋焦がれる実力者のオジサン貴族、鈴木綜馬さんは今回の収穫でした。東宝フランツ・ヨーゼフとしてはワタシ的には2番目なのですが、演技も歌も技量がある人だなあと思いました。歌が少なくて残念。

あと良かったのはアンサンブル。男女とも声の綺麗な人が多くて (例えば幕開けにソロを歌う人) 東宝のミュージカルって、えてしてアンサンブルに主役級よりいい人が揃ってる気が。もっと昇格させればいいのにな。♪我らガスコン! という歌は大迫力、修道女の静謐な合唱も美しかったです。

三銃士と同時代らしい? 衣装やセットもなかなか。スペインと並んでほぼ世界初演? 台詞部分が長く、歌ともども、正直冗長な部分もあるので、話の筋をもう少しすっきりさせれば、ぐっと良くなるかも。
[PR]
by yukituri | 2009-05-21 10:44 | 東宝・梅芸系
すっごく久々に、日本版の 「エリザベート」 を楽しみました。というのも、安蘭さんの新人公演ダイジェストDVD "Energy" を買ったので。お片づけをしつつ、片目&耳で鑑賞。2枚組、1枚目が丸々、東京での新人公演からです。かなりほとんど入ってるのかな?

安蘭さんの声、もちろん今に比べれば深みやコントロールは発展途上の部分もあります。でも、十数年前、入団7年目 (5年目だそうです、ご指摘ありがとうございました) の、ほんの2日間の公演でこれはすごい! しかも普段はあのボーイソプラノ風の子ルドをしながらです。本当に感心しました (2幕、そのシーンでメロディーが一部変わっていたのは、当時は低すぎたんでしょうか?) 特に、1幕目、ハンガリー訪問の時の 「闇が広がる」 はゾクゾクしました!

他の皆さんもなかなかのできばえ。さすが、”奇跡の新公” と呼ばれてるだけありますね。フランツ・ヨーゼフの歌声だけは残念でしたが、風邪でもひいてたんでしょうか? でもこの人も、美形皇帝ぶりは楽しめました。

それにつけても、もっと完成した安蘭さんのトートを生で見たかったです…
[PR]
by yukituri | 2009-05-12 18:23 | エリザベート (国内) 感想

ガラクタが減らない…

私事ですが、現在荷物のリストラ中です。しかもあと数日以内にやらないとなりません(^_^;A 

ン年前に買った、それほど好きでない作品のプログラムとかが一山。
ほとんど読まないけど、捨てる決心もつかない気晴らしの本がン山。
買ったけど全然使ってない便利グッズも一山。なかなか減りません…

そもそも捨てるのが下手なんでしょう、私。それで、使いたい時にはどこにあるか分からないという最悪パターンです(爆) つい整理しながら漫画に読みふけったりも。なかなか 「捨てる! 技術」 ご推薦の 「中を見ないで捨てる」 は踏ん切りが付きませんし。

とりあえず、横で 「歌い放題」 をかけながらおかたづけにいそしんでます。新曲、練習しなくっちゃ!

というわけで、しばらくブログに書き込む頻度は減ると思いますが、ネットは定期的にチェックして、コメント、メールは随時読みますので~
[PR]
by yukituri | 2009-05-11 07:07 | 普通の日記、PC・語学関係
(予定を決定にしたので、微修正・再掲します)

こんにちは。5/24(日) に次回の 「外国語歓迎! (日本語ももちろんOK) ミュージカルカラオケオフ会」 を開催します。前回からまた3ヶ月空いてしまいました(^_^;A ので、早く歌いたいです♪ 今回、新しい試みとして、会場を錦糸町のサウンドルーム (値段も手ごろ) にします。お酒の持ち込みはNG (食べ物、ソフトドリンクはOK) なので、最初に (お酒飲むかは自由な) ランチ兼おしゃべりの会を近くの台湾料理屋で開きます。

5/24(日)、JR錦糸町駅北口付近
1) 食事 & 観劇感想おしゃべり会 12:00~ 台湾料理屋
2) カラオケオフ会 13:30~ サウンドルーム

今回、tomocat さんが、会場手配・案内担当の副幹事を引き受けてくださいました。ありがとうございます! ご参加のみなさんへの連絡も、主に tomocat さんから行きますので、よろしくお願いします。いつものローカルルールは私の方からお送りします。

カラオケパセラや無国籍堂でやった会でも、最初は食べながら自己紹介を兼ねたおしゃべりタイムということが多かったので、要はその場所が変わるだけ、ということです。

メールの仮表明、mixiコムュの申し込みをを含めると、今現在、参加予定者は15人です。おお新記録(^_^;A サウンドルームはこれでギリギリだそうなので、一旦、締め切りますね。
[PR]
by yukituri | 2009-05-10 06:16 | カラオケ・オフなど
前々から 「元はどんな歌詞だったんだろう」 と気になっていた、Rudolf の "The Steps of Tomorrow"、英語版を聞くことができました! ハンガリーでプロモーション用に出回っていた? デモが出所らしく、歌ってるのはJekyll & Hyde Resurection CDの主役、Rob Evan さんみたいです。

ついについにオリジナル歌詞が分かるのね! と思ったのです、が…

き、聞き取れません、あんまり (ガーン!) なんかアメリカ英語風に?
うにゃぁと繋げて発音してる、のかも? Rob さん、もっとくっきりはっきり歌って下さい~~(涙) と、自分のヒアリング力の低さを棚に上げて(爆)

とりあえず、アンサンブルのサビが "On the Steps of Tommorrow" だということと、夢の未来図の例として、地震関係が出てくるっぽいことは分かりました。それだけでも嬉しいし♪

何度か聞いたら、分かるところだけでもまた書き取ってみようと思います。多分、ウィーン版より自力解読度は低くなると思いますが(^_^;A

英語版、正規のCDで、歌詞付きで売ってくれてたらよかったのに!
[PR]
by yukituri | 2009-05-06 19:37 | 海外 Musical 話題
考えてみれば初めて自力でゲットした東京宝塚劇場1階SS席(^_^;A 時々驚くほどにスターさんが近くに来てドキッとする。第1部の客席下りの時とか、轟さん (特別出演) と水さんが1.5メートル(推定)くらいのところを通って! 第2部では何回か銀橋のスターさんの目線が来た気がして、すごいなぁ。1週間前までならこれが安蘭さんだったのに… と思うと切なかったが、いやいや水さんは私が住む県の観光大使様、りっぱなご当地スター、こちらも堪能させていただきましたとも。

第1部は35分くらいであーっと言う間に終わり、2部が長め。何かどっかの Super Live 2 を思わせる構成だ(^_^;

第1部は和物+ 若干無国籍のショー。青天はそんなに好きではないので笠をかぶっている風の盆のしっとりした場 (松本先生 -驚異的に若い- の 「風の女」 の日舞が効いている)、川中島の場 (扇の舞での戦いの表現や轟さんの総髪の兼信が格好いい)、菊人形= 静御前と義経の場が気に入った。ここの 水さん (失礼、音月さんだそうです。ご指摘ありがとうございました) 直衣に立烏帽子姿がとてもきれいで、銀橋を通ってほしかったなあ。あと、猫娘と小僧さん (一部大きいけど笑) のラインダンスが楽しかった。フィナーレにかけてはキンキラで、マツケンサンバ調(^_^;?

第2部は、(「怪傑ゾロ」 + インディアン) × ノー天気風味 (失礼!) な冒険活劇。「スカピンを薄くしたような」 とも聞いていて、それも当たってはいるけど、インディアン話がかなりの比重を占めてるので、これはこれで別物として鑑賞できた。ただ、植民地の日常にしては、スペイン人の皆様は、ベルサイユ宮殿の使い回しと思しき宮廷服やドレスで着飾りすぎ。アントワネットのじゃないの!? というのまであった(爆)

今回退団の白羽さんは、ゾロ女性版の勇ましい役… かと思いきや、実は相当、すっとんきょうで、ゾロそっくりの帽子と仮面と黒服とマントで剣を持ってはみても、空回りしてはゾロに助けられるお嬢様。しっとりした歌を、もう少し聞きたかった。

ゾロ/ ドン・ディエゴの水さんは、扮装してヒゲを付けると、なかなかいいオヤジ風味を醸し出していた。顔を隠しても格好いいのはさすが。マントを翻してのダンスや剣戟シーンも見ごたえがあった。

あと印象に残ったのは、ディエゴに忠実なインディアンで 「ゾロの影」、ベルナルドの音月さん。”言葉を捨てた” 役なので、歌がないのが残念… と思ったら、フィナーレのエトワールでほとんど1曲歌ってくれてよかった。ダンスで白羽さんをリフトするところも綺麗だった。華奢に見えるのにえらい。

スペイン人に一族をほとんど皆殺しにされたのに、なんでみんなディエゴに仕えてるの、インディアンの衆? とか、総督一人追い出しただけでみんなを救ったことにしてゾロの正体ばらして大丈夫なのディエゴ? とか、それこそ反乱だよ次の総督が来たらひどい目にあうんじゃ? の兵隊さん&住民たちとか、考えればかなり能天気な部分もある話だが(^_^;A 「なかなか愉快」 と思って見終われた。前回の "My Dear New Orleans" より明るいのは間違いない(爆) 日舞、ラテン、インディアン風、フラメンコ調その他、1部2部通算でかなりいろいろダンスも楽しめたし。
[PR]
by yukituri | 2009-05-02 20:33 | 宝塚 (他作品、雑談)