日本版LNDも気に入りました


by yukituri

<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

毎年恒例?の今年の観劇記録とマイベストです。国内・来日・海外合計で39回とちょっと低調(^_^;? でしたが、「日本にもこんな凄い歌手が!」 と驚いた四季のアイーダや、オリジナルキャスト来日が素晴らしかった RENT、キャストの良さがさすがのウィーンと、密度の高さは悪くないかも。

国内: 22回= うち宝塚8回、四季6回、東宝2回
マルグリット 2回
太王四神記 (宝塚花組)
ア・ビヤント (星組) 3回+千秋楽中継
ZORRO (雪組)
シラノ (東宝)
エリザベート (月組)
ウィキッド (四季) 2回
ダンス・オブ・ヴァンパイア (東宝)
The Musical Aida (梅芸) 2回
ブラッド・ブラザーズ (東宝)
アイーダ (四季) 4回
組曲虐殺 (こまつ座)
ESCOLTA コンサート
安蘭けいファーストコンサート UNO 2回

マイベスト
1) アイーダ (四季) 何といっても濱田さんのアイーダが素晴らしい。
            金田ラダメスも素敵でした~☆
2) ウィキッド (四季) 楽しい作品、沼尾アイーダと飯野魔法使いも◎
3) エリザベート (宝塚月組) トートとフランツ・ヨーゼフの健闘で一応。
番外) 安蘭けいファーストコンサート 「最後のダンス」 に感激!


来日公演・海外観劇 17回= うち来日8回、海外観劇9回
Super Live 2 "LOVE LEGEND" 3回
West Side Story
RENT 4回
Tanz der Vampire (Oberhausen)
Rudolf (Wien) 4回
Wicked - die Hexen von Oz (Stuttgart) 2回
Tanz der Vampire (Wien) 2回

マイベスト
1) RENT  「本物!」 を見た感激で。
2) Rudolf  ウィーン版の演出が気に入って、キャストも◎
3) Tanz der Vampire (Wien) セットがより写実的に。キャストも◎
4) Wicked (Stuttgart) さすヨーロッパ人はメルヘンが似合う~♪
                 歌ももちろんすばらしいし。

それではみなさまよいお年を。Guten Rutsch!
[PR]
by yukituri | 2009-12-31 19:08 | その他観劇関係の話題
すっかり遅くなってしまいました。あんまりもたもたしていると次の旅行が来てしまうので(^_^;A Oberhausen の TdV 感想を書き足しておきます。とりあえずセットや衣装の部分から。

09/9/26 (土) 19:30 Methronom Theater, Oberhausen

Graf von Krolock: Jan Ammann
Sarah: Anne Hoth
Professor Abronsius: Christian Stadlhofer
Alfred: Krisha Dalka
Herbert: Florian Fetterle
Magda: Linda Konrad
Chagal: Jerzy Konrad
Rebecca: Eva Maria Bender

…とっても旅行初日。ただでさえ疲れるのに、東京の自宅→ 成田空港→ フランクフルト空港→ IC・RE 乗り継ぎで Oberhausen→ 劇場最寄りのホテル近くまでバスに乗ったら市内を大回りと、都合19時間半? の旅で超ヘロヘロ (total kaputt) 状態。メールチェックをしようとしたら、無線LANがうまく設定できずに時間を空費、仮眠もしそびれ… というわけで、劇場では半分ほど意識がないかも(汗) でした。だから覚えてる範囲で。

(やっぱり当日観劇は直行便で行ける街がいいですね~! ってミュージカル常打ちなんてあちら方面ではウィーンやロンドンしかないけどさ ^_^;)

演出: 前に見たハンブルク版やベルリン版を基本的に踏襲しつつも、今の? ウィーン版に合わせてマイナーチェンジをしているらしい。"Draussen ist Freiheit" の後半がロック調になるところはベルリンからあったかな? 少なくとも、Sarah が長髪・白塗り・黒マントたちと踊る場面はなかったような。プログラムには 「王子様たち」 とあった気がするけど、吸血鬼ルックの…? (笑) 宿、幅はベルリンより広かったけど、やたら薄かったような。

衣装他: Krolock = うーむ、なんというか、お色気路線(^_^;? 
クロロック扮装だからか半意識不明だったからか、せっかく 「無駄に美形」 (すみません…汗) と聞いて楽しみにしていた Jan 伯爵のお顔があんまり意識に残らなかった、かも(爆)
Magda = 金髪の三つ編み伏し目がち小さな声。えらく大人しい人だな、と思ったら… 噛まれた後がすごかった!
Rebecca = 眉毛がコワすぎ。
Sarah, Alfred, 教授, Shagal = ごく普通 (をい)
[PR]
by yukituri | 2009-12-30 03:27 | Tanz der Vampire
来年、東京公演の 「ハプスブルクの宝剣」 の原作を久々に読みました。確か前回は10年前くらい(笑) 前から、さすがは藤本ひとみ作 (大人用の場合) の重厚さ! と感心していたのですが、今回読んでみて、ちょっとたらり。文庫本上下ン百ページ、通読にほとんど一晩かかったんですが。

こ、これを1時間半のヅカ芝居に? どうやって縮めるんだろう(^_^;A と。

マリア・テレジア即位前後、領土を狙う周辺列強に翻弄されるオーストリアの歴史やユダヤ人迫害。テーマは重く、主要登場人物もかなりの数。
主人公エドゥアルト (エリヤーフー) とマリア・テレジアの愛憎、プロイセンのフリードリヒ王太子/王との友情と相克… 美味しいシーンや名台詞も多すぎて。詰め込みすぎてかえって薄っぺらにならなきゃいいですね。
って、もう関西では上演してるんでしたね(^_^;A どんな感じでしょう。

平日午後とはいえSS席が取れたので、けっこう楽しみにしています♪
[PR]
by yukituri | 2009-12-25 01:29 | 普通の日記、PC・語学関係
09/12/19 13:00 2階6列上手 (バルコニー席)

安蘭さんのファーストコンサート 「UNO」、2回目行ってきました~ 2階センターブロック2列目だった前回も見やすかったけど、今度の方が舞台に近くて楽しめました♪ 前回、おけぴでチケットを譲ってくださった方から曲リストも見せていただきましたし (ありがとうございます!)

一昨日よりは若干、かすれ気味の声だったかもしれないけど、相変わらず低音の伸びが素晴らしかったです!!

リストによると、私が気に入ったのは、1部では、

"El Cumbanchero" スペイン語? すごい早口で、よく口が回るな~ と感心 (外国語カラオケをやってるので、その大変さは身にしみてます…笑)
安蘭さんの、おなかの底から響いてくるような声が気持ちいい♪
何を言ってるのかな? とネット検索すると、教えて goo の Q&A が出てきました。題は 「どんちゃん騒ぎする人」、歌詞の内容は「お酒を飲んで、太鼓を叩いて、騒ごうぜ!」 という感じだとか。そうだったのかぁ。
えらいスタイリッシュなどんちゃん騒ぎですけど(^_^;A

"Desperado" (イーグルズ) これまた意味知りませんでしたが、日本では訳題の 「ならず者」 で通ってるんですね。なるほど~ 題は荒っぽそうですが、しみじみ聞ける切ないメロディーが好きです。
それより何より、あのラテンな白いスーツの上下やソフト帽、歌の前のダンスが格好いいし! 男役スターの本領発揮ですね。もっとこういう衣装があったらよかったのにな。

2部の宝塚メドレーはどれも聞き応えありましたけど、曲として気に入ったのは前に書いたように 「失くした翼 」 (「イカロス」、リリカルな歌い方で) や 「星を継ぐ者」 (「龍星」 良かったですし! ちなみに、曲名は好きなSFの題でもあります…笑) など。
サヨナラ公演の主題歌 「マイ・ディア・ニューオリンズ」 も懐かしく聞きましたが、「最後のダンス」 の後だと分が悪い(^_^;A

そう、今日も 「最後のダンス」 がコンサートの白眉でしたね! 新人公演DVDは見たけど、声の深みが段違いに進化されてて。宝塚本舞台で、あの軍服ダンス付きで見たかった! まあ、トートは本来、性別関係なしでもいいから、今日の微妙に女っぽい格好も気にならないですが。

女っぽい格好といえば、黒づくめ・ぴっちりした髪型のせいか、2部の最初はやっぱりダンヴァーズ夫人風なので、このまま 「レベッカ」 でも歌ってくれないかな? なーんて思っちゃいました(笑) 考えてみたら、安蘭さんの迫力の低音にはぴったりの役かも!?

まあ、相変わらず、声と服装のミスマッチが気になる歌はけっこうありましたが(^_^; ミニドレス姿でドスの利いた声で歌うのは、やっぱりちょっと。
"From Distance" か "Wanna Man loves a Woman" だったかな?
和田あき子が歌ってるTVを見た記憶がよみがえったかも(爆)
「ひとかけらの勇気」 は、ドレスと燕尾の折衷?らしいけど、どうもねぇ。

チケット譲ってくださった方の、美しい盛りの時期に男っぽい服で通してた分、女の服が着たくてはじけてるんじゃ? というご意見を聞き、そうか~ とある意味納得して、今日はおとといよりは優しい気持ちで見られましたが…(^_^;A 女の歌のときは思いっきりドレス (マリリン・モンローの真似は可愛くて笑った)、男役声の時はもっとスタイリッシュな服と、半々にしたらもっといいのにな。
[PR]
by yukituri | 2009-12-19 19:31 | 国内観劇 (その他)
ミュージカルファンになって以来、宝塚で一番歌が好きだった安蘭さんのファーストコンサート 「UNO」 (意味は 「1」 ) に行ってきました。
(どーでもいいですが私、このタイトルを見るとつい 国連? と考えてしまいます。ああ**語に毒されている…爆)

土曜日に1回だけ行く予定でしたが、それで満足できるかな? と思って、おけぴで探して追加しました。

前回のアイーダは、あんまり低音がなくてさびしかったけど、今回は宝塚時代の歌がた~っぷり。朗々たる男役美声、健在でした♪

です、がっ!

なーんで衣装があんなビミョンなのばかりなんでしょう?? 第1部では、男役声なのにミニドレスとか…(^_^;A 第2部の方が宝塚メドレーで盛り上がったけど、その時も微妙に女っぽくて 「パンタロン姿のダンヴァース夫人?」 とか思っちゃいましたし(>_<)

前奏から鳴っていたのでずっと楽しみにしていた 「ひとかけらの勇気」 が最後に出てきた時なんて、色は黒と暗赤色でスカピンを思い出しましたがまるで カボチャのようなドレス… マルグリットに変装したパーシー? ってわけじゃあるまいに。

もう退団されてるし、「低い声で歌っても私は女優なのよっ」 という主張かもしれないですが、どーしても違和感ありあり。観客も男役時代のファンが大半だと思うし、やっぱり男の歌の時は、男役っぽい衣装で決めた方が客も喜ぶんじゃないかなぁ。それとも、退団後ってこういうものんでしょうか?

あ、第1部の最後 (♪デスペラート という歌) だけは、白いスーツの上下にソフト帽でそれっぽかったです。体型補正まではしてませんでしたが、男性バックダンサーを従えて踊っても格好よくて、やっぱり宝塚の 「型」 はすごいですねぇ。

そうそう、もう1つ逆説的に宝塚のすごさが分かったのが、
「ショーがじ、地味っ」。第1部はラテンやジャズ? 中心で、宝塚のショーでもありうる感じの選曲。でも、何しろバックが~ 男性ダンサーが6人、歌とダンス兼業の女性が3人いたんですが、いつも白か黒の服でさびしい。踊りもそう揃ってないし。あの時々恥ずかしいくらいの極彩色 & 大人数の宝塚のレビュー、こうして比べてみると特別さが分かりますね!

歌は、1部では、聞き覚えのある 「エル・クンバンチェロ」? とか、最後のデスペラート? が気に入りました。2幕前半の宝塚メドレーは、ベスト版CDでなじみのある 「イカロス」 とかが出てきて嬉しかったです。(プログラムがA3? ばかでかかったので買わず、曲目がきちんと分からない) 
その後、3曲ほどあった "RENT" のナンバーも、(One Song Glory, I'll Cover You, Good-Bye Love の各日本語版) なかなか健闘されてたとは思います。夏に ”本物” を聞いてしまってたので、申し訳ないけど感動まではしませんでしたが。

それより何より、「この曲だけでも、来たかいがあったぁ~~~!」
(手をググッと握り締める) と思ったのが、

       最後のダンス

すごい迫力、残響も美しく響き渡り、終わった時にはショーストップ。歌は何でもうまい人とはいえ、ロジャーではなく、パーシーですらなく、ご本人の声に一番合ってたのはやっぱり 「トート」 なんじゃないでしょうか? 生でついに聞けて感動 ☆×5 本舞台で見られなかったのがつくづく無念。

どうせなら、女性アンサンブルと組んで 「私が踊る時」 とか、歌のいいOGさんとかでルドルフを調達して 「闇が広がる」 も聞かせてほしかった…っ

というわけで、衣装にはやや? 目をつぶりつつ、この曲を楽しみに土曜日もう1回、聞きに行って来たいと思います。
[PR]
by yukituri | 2009-12-17 18:17 | 国内観劇 (その他)

惜しい人の退団

ああ、また宝塚から歌のうまい人が減ってしまう…

というのは、雪組2番手の彩吹真央さんが4月に退団だそうで(涙)
キラキラッという超オーラがある方ではないとしても (いや、十分格好いいですけど!) 温かみのある声がかなり好きだったんです。
どの役でもとにかく安心して聞けて。演技だってうまいと思いますし。

月組の霧矢さんに続く歌手トップになると期待していたのになぁ。
もちろんヅカは歌が全てではありませんが、トップともなると歌う量がダンチなので、私としてはやっぱり歌の人になっていただきたいもの。
次に望みをかけるとしたら北翔さんとかでしょうか?
[PR]
by yukituri | 2009-12-17 16:43 | 宝塚 (他作品、雑談)
11/28 新国立劇場・中劇場

街はすっかりクリスマス1色ですね~なんて考えてみたら、このコンサートの感想を書きそびれていたことに気づきました。「ノエル」 なんてまさにそれだったのに。ま、当日はちょっと早い? とも思ったんですけど(^_^;A

パーティーしているメンバーのおうちの気分、というコンセプトの舞台装置。クリスマスソングやら、オリジナル曲やら、ムーディーなナンバーが続きました。やっぱり美声ですね。アカペラの 「アメージング・グレース」 が特に記憶に残っています。3人の中でも、万里夫くんの声は別格に好き(^^) MCによると、あの会場はオペレッタデビューしたところだそうで、1曲くらいマイクなしの肉声でも聞きたくなりました。音量が違いすぎて難しいかな。

そうそう、アンコールで 「ジングルベル」 を歌いながら3人が客席降りした時、私は横通路から2列目だったので、すぐ近くを通ってくれたりして、とっても美味しかったです (譲ってくれた方、ありがとうございました!!)
ハイタッチをしれもらえる場所からは惜しくも外れてましたけど(^_^;A

6時15分くらいから始まって、7時45分くらいにはもう終わってしまう、割と小ぢんまりしたコンサート。カンツォーネもクラシックもいいけど、ミュー曲がないのはやっぱり物足りないな、あればもっとドラマチックに盛り上がるのに、と思ってしまった私はやっぱりミュージカルファン(笑) 次回? は3月のワイルドホーンコンサートでお目にかかることになりそうです。
[PR]
by yukituri | 2009-12-16 21:09 | 国内観劇 (その他)
12/12土曜日の 「外国語歓迎 (日本語ももちろんOK) ミュージカルカラオケ」 にご参加、ありがとうございました! 練習不足のくせに盛りだくさんにやって、かな~り燃え尽き気味だった私。昨日は1日ぼーっと過ごしてしまいました。みなさんに感想よろしく♪ なんて言っておきながら、幹事から報告が遅くってすみません(^_^;A

d0064742_11582389.jpg ←パセラ名物、アイスクリームの乗ったおっきなトースト。忘年会シーズンだから? 予約時に 「好きなメッセージ付きで1つサービス」 と言われ、それならと "VIEL SPASS" (楽しんでね) をリクエスト。来てみたらなんと2つ分で花火まで載ってました! サービスいい(^^) 写真は chiharuさん撮影。ご提供感謝です。

今回は、このオフ会の原点 "Elisabeth" で、初の 「全通し」 に挑戦。楽しませていただきました♪ その "Elisabeth" 通しは、ウィーン版DVD (字幕あり) の画面を映しつつ、ライブ版CDを声消しで再生しながら歌うという企画。これまではプチ通しや半通しで飛ばし飛ばしやってきたのですが、全通しの方がある意味、楽でした。なにせ同じ日の収録、幕の最初に一度タイミング (できれば唇の動きまで…笑) を合わせた後は、両方とも流しっ放しでいいので(^^)

d0064742_2035239.jpg
パセラの部屋に備え付けの大型モニターに Mátéトートがドアップになるたびに悲鳴や歓声が上がり、写メする方も(^_^;A 大画面に耐えるルックスですよね~ 収録2日目の? 眉の描き方や無精ヒゲとかツッコミどころもありますけど(笑) あと、1幕最後の勝負ドレスのエリザ登場やカーテンコールでは、思わず拍手も沸いたりして、なかなか観劇気分。

途中で相談する余裕はないだろうと、前もって曲ごとの割り振りを決め、「**さん、これですからね~!」 って確認を取った上で始めたのですが (え~そうだっけ!? という声多数)、そこまでやる必要なさそうでしたね。日本語OKにしたところ歌える人は誰か必ずいましたし、担当を決めなかったアンサンブル・進行曲では、高嶋兄風ルキーニやら1人全役の裏声おばさまだのが (主にお1人のおかげで^^) いろいろ出てきて大爆笑でしたし。

私は Lucheni だの Sophie 様だのいろいろやらせてもらったのですが、幹事のくせに練習不足でヘタレが多くてごめんなさい(大汗)

個別感想・お礼と自由曲リストは "More" に。

More
[PR]
by yukituri | 2009-12-14 18:02 | カラオケ・オフなど