日本版LNDも気に入りました


by yukituri

<   2010年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

昨日は約3ヶ月ぶり (早い!) のミュージカルカラオケオフ会でした。雨も思ったほど降らず (予報の天気が今日午前中と入れ替わった感じ?) ラッキー。場所は、前回の忘年会と同じ赤坂のパセラ。

出席者は残念ながらドタキャンが出たりして6人と小ぢんまりした会でしたが、新曲もたくさん登場して聞き応えありました~ この間 DVD上映会に来てただいた海外観劇ファン、みーさんの初参加もあり、おしゃべりに花が咲きました。みなさん、ありがとうございました!

d0064742_6382043.jpg今回は新しい試みを1つ。予約確認時にお店に聞いてみたら、パソコンの画面を付属モニターに映す伝達装置&ケーブルがあるということが分かったので、出席者が揃うのを待つ間、ネットブック&外付けドライブを持ち込んで、ウィーン版 Rudolf の DVD をかけてみました。 (chiharuさんご提供 ↑)

d0064742_14225049.jpgなかなか画像が出なかったり途中でプッツリ切れたりいろいろありましたが何とか成功。
運命の赤いマフラーのDrew皇太子や、陰険ぶりがおステキなUwe首相を大画面で見られました♪ 
(←シシィさんご提供)

画質と音も思ったより良かったな。画面が横に引き伸ばされてズングリになったのは残念。調整方法があるかまた聞いてみます。ショバ代さえ払えば、この方法でいつでも PAL上映会が可能なわけですね(^^)

… 「揃うまで」 とか言いながら、ついDVDのいいシーンを見せてしまったりおしゃべりしたりしてたら、歌い出したのが4時前だったんですが(^_^;; 
珍しく1時間延長、4巡+α しました。相変わらずみなさん芸達者で、
「ああ **さんの代わりに舞台で歌ってぇ~!」 と思うこともしばしば。

あとびっくり~! が1つ。"Liebe" を久々に歌ってたら、飲み物の追加を持ってきた店員さんが、「これ ”Romeo & Juliette" ですよね?」 と言ったらしいんです。midukiさん (注文とかいろいろありがとうございました!)が聞いてくださったところによると、なんとフランス版 DVDを持ってるとか。日本初演もまだなのにすごい。きっと海外観劇ファン!? 参加者にスカウトしたいくらいです(^^) もしやここを見られてたらぜひぜひ(笑)

次回は5月の連休明けでしょうか? またよろしくお願いします。 

曲リストと個人メッセージを "More" に。

More
[PR]
by yukituri | 2010-02-28 10:29 | カラオケ・オフなど

ネットブック

今までのA4ノートが使えなくなったので、急ぎ乗り換えに迫られ、いわゆる 「ネットブック」 を買ってみました。ソフトの互換性が不安だったので、Windows XP入りのを探して。

台湾製で、お値段は3万5千円とやたら安い(^_^;A CPUとかメモリとかで機能限定、その代わりに低価格なんだといいますが、見た感じは、特に使えないソフトとかはないですね。4~5年前のノートパソコンと同じくらいの性能はあるんじゃないかなと。意外と使えるかも?

とはいえ画面のサイズや色の鮮やかさ、キーの打ち心地とかで物足りなさはありますねぇ。そのうちネットブックは (10年前のノートをまだ使ってる) 親にプレゼントして、公称14時間も電池がもち (7カケとしてもヨーロッパまでの飛行機の片道くらいなら大丈夫かな) ちょっとくらい水がかかっても落としても大丈夫という Let's Note あたりへの乗り換えも考えてます。
[PR]
by yukituri | 2010-02-26 08:05 | 普通の日記、PC・語学関係
世紀末ウィーンやスミレの園に入り浸ってるうちに、すっかり後回しになってしまった Elisabeth @ Frankfurt の感想、ちょっとだけ書き足しです。

Uwe トートが 「夢見る美青年」 風だった!? というのは前にも書きました。エリザベートに対しては優しげなまなざしであまりギョロ目にならないから、額にシワは寄らないし、ヒヨコのように大口開けたりもしない(笑) つい、

  「なれる、なれるわ、演技で美青年になれる…!」

なーんて、ガラスの仮面もどきの台詞が頭に浮かんだりして☆彡

これまで、リシュリュー (三銃士)、オペラ座の怪人、Maxim、Taaffe と生で見て 「年相応の役があってよかったじゃん」 とか思ってたのですが、御見それしやした。あと5年や10年、若い目の主役だって全然行けそう!?

というわけでミーハーチックに楽しめたのですが、一方で物足りなさも。
トートは優しいし、Lucheni もおとなし目だし、Franz Joseph も Sophie も上手いのですが、日本で見た時ほど印象に残らない。全体的に臭みがないというか、さらりとした梅酒 (ふ、古い) というか…

Uwe さんについては、エリザベートが Pia さんじゃないのでガチンコ勝負できなかったのかな?? ましてや 2te でしたし。それとも、掛け持ちなのでやや力抜いてたのかも? Taaffe の方がずっと迫力ありましたしねー (出番も少ないから密度濃くできるのかもしれませんが)

それか、ツアー版の演出方針? あちこちの町に行くから、あまり濃ゆくないのがいいのかな? ベルリンの Éljenで、エリザベートが勝ち誇って通る門、その上にトートが立ち、冷たく睥睨しているというのが好きだったのに、袖で群集と一緒におとなしくお出迎えに変わってました。残念。私は見ませんでしたが、現トートの Oliver だともっとサクサクしてたそうですし。

ので、また Pia Uwe コンビ特出にでもならない限り、もう十分見たかな、という感じです。ツアー版だからセットも映像多用でチープだし。
[PR]
by yukituri | 2010-02-25 13:28 | Elisabeth (海外) 感想
万年時差ぼけになる代わり、平日の空き時間が確保しやすいといえばしやすい最近の私。平日昼の友の会優先公演を狙って申し込んだら、1階SS席どセンターが取れてしまいました。国内でこんな前方は久しぶり! 銀橋でスターが止まるたび真正面、けっこう焦るくらいに近かったです。
欲を言えばスカピンの時にこれが取れていればもっと良かったんですが、まああの時も一度、Sでは一番いい場所だったからよしとしましょう。

さて、星組東京公演 「ハプスブルクの宝剣」 すごく感動、とまでは行きませんでしたが、主人公エリヤーフー・ロートシルト (多分、後のロスチャイルドの一族) がユダヤ人である自分を否定し最後に取り戻すまでが、なかなかうまくまとめられていると思いました。独訳の律法の使い方が効果的。
今度フランクフルトに行ったら、居住区のあたりも見に行きたいかも。

プロイセン王フリードリヒとの友情と破綻、ライバル関係とか、
エリヤーフー/ エドゥアルド の片目設定とか出生の秘密とか、
アーデルハイトは最初と最後の間なにやってたのかとか、

あれこればっさりカットでしたが、1時間半にするために止むを得ないし。

マリア・テレジアの存在感が薄かったのは残念。ここは、エドゥアルドへの恋の激しさとその裏返しの憎しみ、キリスト教の守護者・ハプスブルク家の長としての強い反ユダヤ感情とかがもっと描かれてたら良かったな。

認めさせてやる、同胞を迫害しても… のエドゥアルドの野心と活躍も、ハンガリー行きくらいしか出てこないし、最後は死に場所探すだけに見えたので、「ハプスブルクの宝剣」 と呼ばれるようになるほどのものか? とちょっと思ってしまいました。プロイセンとの智謀合戦がもう少しほしかったです。

例によって、当時の巨大地図があって分かりやすかったです。ハプスブルクの領土ってまだあんなに大きかったんですね! プロイセンはブランデンブルクとして出ていて、かなり小さい。世界史でも習ったシュレージエンの場所、初めてはっきり分かりました(^_^;A

リーヴァイ提供の主題歌は、M.A.の 「百万のキャンドル」 と 「心の声」 を両方、彷彿とさせる感じでした。きれいな歌。ただ… ロウソクってそんな語感悪いかなぁ(^_^;? 別に 「魂のロウソク」 でもいいと思うんですが。台詞でも 「キャンドルを灯しなさい」 って出てきたのが違和感ありました。

柚希さん、声はちょっと好みから外れるのですが (すみません)、前より素直な歌い方で朗々と響くようになったと思います。ショーが踊り中心なのは、この人については全く文句ありませんし。(一部問題のシーンは、事前に聞いてたのでさらっと見流し) 次はもっと野生的なダンスも見たいな。
[PR]
by yukituri | 2010-02-24 10:42 | 宝塚 (他作品、雑談)
おととい、残念ながらいったん帰国してしまう Christin と最後の交換授業をしました。教材にしたのはまた Rudolf で、字幕もどきを作っている時に自信のなかったところとか、速すぎて聞き取れなかったところ (Uwe 首相の激昂部分とか) を確認。いやぁ、大体のニュアンスは合ってたんですが、細かいところでいろいろ間違ってました(^_^;A 「可愛い戦争」 での Larisch のフランス語の号令とかもかなり分かって満足 (第二外国語だったそうで) そのうち、字幕もどきの改訂増補版を作るつもりです。

さて。この作品で1文だけ英語が出てくるのですが、これがまた聞き取れてませんでした。夜の接待の時、Edward が Rudolf に言う台詞。日本版だと緑カッパ氏が歌う 「お休みウィーン」 の代わりかなと思いますが

"Good night, sweet prince.
A flight of angels sing ****** rest."

デニスパパ、プリンス・オブ・ウェールズなのにドイツ語の方が英語より上手…というのは置いといて(^_^;A *** が ??? to die に聞こえるんですが。えっ、死ぬ!? まさかオーストラリアみたいに today の訛り? でも、これ夜だし… と不思議がってたら、Christin が思いついてくれました。

「シェイクスピア (みたいな) 英語じゃない?」 な、なるほど、その手が!
"A flight of angels sing thee to thy rest"   かな、多分?

私も、古めかしい英語に thou (汝) というのがあるのは知ってたし、thou/ thee / thy みたいに変化してドイツ語と似てるな~ と面白く感じてたんですが。シェイクスピアを原語で読んだ教養なんてもちろんないし、全然思いつきませんでしたよ(^_^;A

ついでにインターネットで調べてみたら、ますます知らないことがありました。 "you" って元は丁寧語だったんですか!

「古英語から格変化や単語の性がほぼ消えても、複数形に由来する丁寧な you と、親しみを表す thou の使い分けはその後も長く残った」
「シェイクスピア作品では、男女が知り合った時は you で会話し、親しくなると thou と呼び方を変えることが行われている」 とか。

うわぁ、ドイツ語そっくりじゃないですか! 舞台を見てる時とか、二人がどこから du に切り替えるかがちょっと注目してたりするのです (ちなみに Rudolf だとスケートデートの途中から)

考えてみたら du に相当するのが thou なんだから、こっちが親しい言い方でも全然不思議ないんですが、「汝」 なんて訳が付いてるから、すっかり格式ばった方だと思ってましたよ~ 逆逆。

さすが親戚言語、サクソン時代の? 古英語の発音法則とか格変化とかはドイツ語習った身からするととっても分かりやすい感じでした。今の英語は文法が楽なのはいいとして綴りと発音の関係がぐちゃぐちゃ難しいので、私的にはノルマン征服なしでそのままでもよかったのにな(笑)
[PR]
by yukituri | 2010-02-19 17:27 | その他観劇関係の話題
こんにちは。次回の 「外国語歓迎 (日本語ももちろんOK!) ミュージカルカラオケ」 を、2/27(土) に開きます。場所は、忘年会の時と同じ、
カラオケパセラ赤坂店。時間はいつものハッピーアワー12~19時。
ネタ切れなら早期終了…って、なったことありませんが(笑)

今のところ、確定参加者は7人ですが、前回と同じ部屋?10人くらいでも全然大丈夫だそうです。

必ずしもソロを歌う必要はなく、コーラスのみ合わせたり、誰かに譲ったりも自由なので、歌うのはちょっと…という方もお気軽に覗いてみてください。部分参加も大丈夫です。国内外の観劇談話でも盛り上がりますよ♪
[PR]
by yukituri | 2010-02-17 12:37 | カラオケ・オフなど
数日前にアップした、"Romeo et Juliette" が宝塚により大阪・福岡で日本初演、という書き込み。作品の略称がいけないのか、迷惑コメントが毎日来るようになってしまったので、コメント欄を閉鎖します。いただいたコメントは、そのうち時間を見てこの記事に移し変えます。
[PR]
by yukituri | 2010-02-15 07:48 | その他観劇関係の話題
月組名古屋公演、紫子/ Heat on Beat を見てきました。…もちろん悪くなかったんですが、もっと歌が聞きたかった! というのが正直な感想です。どちらも霧矢さんの歌は、そう難易度が高くないのが何曲かだけ。特にショーは、踊りまくる! という感覚で。踊りもうまいんだけど、やっぱりこの人の本領は別だろう、歌ってよ~!! という気持ちが抜けませんでした。「エル・クンバンチェロ」 とか、霧矢さんの歌で聞きたかったなぁ。

というわけで、翻訳ミュージカルで見たい!!という気持ちがムクムク出てきたので、多分、スカピンを見に行くのは決定です(^_^;)

今日印象に残ったのは。
風吹 (ふぶき) の青樹泉さん、すごいすらっとスタイルいい! 和物の化粧が似合う! 前に見たトートの扮装写真よりずっと好き。不機嫌そうな顔が多いんだけど、「格好いい金太郎人形」みたいな…(笑)

前回見た時、超美少年ルドルフだった明日海りおさん、「若衆S」 が美しかった! ちょっとかわいそうな近習の役もきれいでした。

悪家老の星条海斗さん、野心ある切れ者の男、がよく出てました。
忠義な家老だけど実力なさそう(爆)な一色瑠花さんも好演。本当にどんぐり目の初老のおじさんに見えました。

ショーでは (私は) 初めて見た! というのが2つ。1つ目は、肩に乗せるリフト。すごい簡単そうにひょいっと乗せて、下ろす途中でもくるくる回してたけど、あの小柄な霧矢さんが… えらい!!
もう一つは裸足のダンス。いつもヒールはいてると思ってた男役さんだから新鮮。「ボヘミアン」 役で霧矢さんがターンしまくり。小気味いい。

といいつつ、「ああこの群舞の分、ダンスソロの代わりに、難しい歌を絶唱してほしい!」 と思ってたんですが(爆)
娘/女役では、トップの人の歌は良く分からなかったですねー。最後聞くとまだそんなでもなかったかな? やっぱり花瀬さんが上手かったです♪
[PR]
by yukituri | 2010-02-15 00:07 | 宝塚 (他作品、雑談)

久々の遠征

に行ってきます。歌で好きな宝塚の役者さんのお一人、霧矢大夢さんがトップ就任第一作の 「紫子」 を名古屋で上演中なので。
最初はうーん名古屋はいいかーと思っていたのですが、ネットの新聞評で 「和風ベルばら」 とか 「幻の名作、待望の再演」 とか 「新幹線に飛び乗っても見に行かなければ」 とか書かれてあるのを見てコロッと変心(^_^;A

原作を、むかーし漫画で読んでいたことも、あらすじを読んで初めて思い出しました。そういや男装とか幼なじみ兼忠義な家来とか出てきたような。あ、なるほどね、それでベルばらなのですね。木原敏江の絵は男もみんな線が細いし、宝塚には合ってそう。

霧矢さんは、私をミュージカルにはめた2005年月組エリザのルキーニ。考えてみるとこの舞台って主要キャストのほとんど (トート、エリザベート、ルキーニ、ルドルフ) がトップになってる。出世率高いですねぇ。

ルキーニは小気味のいいワルなあんちゃんという感じだった霧矢さん (次に見たフランツ・ヨーゼフではもったいなかった、ルキの方が活躍するのに)本来どちらかというと可愛い系の顔立ちなのかな? スカピンのパーシーの扮装写真、お人形さんみたいですね。そちらは (安蘭さんの面影がちらつくため) 見たいかまだ決めかねてますが、歌も演技ももちろんいいと思いますし、きっと行っちゃうんだろうなぁ…

というわけで久々の遠征です (海外は勘定に入れてないらしい 爆) 
あ、3/20 も Lukas くん目当てに Frank & Friends, Mitsuko で梅芸に行きます。梅芸商法に乗せられるようでシャクなのですが… その前日の万里夫君の日も追加してサイン会に行くかも激しく悩み中です(^_^;A
[PR]
by yukituri | 2010-02-10 09:19 | その他観劇関係の話題
コメントで教えていただきまして。ロミジュリ、ついに日本上陸なんですね。
前に聞た東宝ではなく、まずは宝塚星組が梅芸・博多座で→ 公演情報

何で東京がないんだ!? とか、いろいろ思っちゃいましたが(^_^;A なんにせよ、おめでたいことではあります。
この作品、けっこう好きで、韓国までフランスからのアジアツアー (なぜか日本抜き!) を見に行ったくらいですし。先月旅行に行ってなければ、4月まで上演中だというパリに行きたいくらいですし。

私としては、 「宝塚版→ 人気が出る→ (東宝版→) 来日公演!」

というエリザベートコースに行ってくれることをぜひ希望。
その際はぜひ、(見逃して痛恨だった) 某ウィーン版がいいなぁ~(笑) 
あの二人なら、あと3,4年はきっとイケる!

『ロミオとジュリエット』 作/ ジェラール・プレスギュルヴィック
主演…(星組) 柚希 礼音、夢咲 ねね 演出/小池修一郎
◆梅芸メインホール: 2010年7月10日(土)~7月26日(月)
◆博多座: 2010年8月2日(月)~8月24日(火)

ちなみに "Aimer" (エーメ、愛すること) の訳詩は、やっぱり
♪ あ~い、それは強く~ あ~い、うるわし~く

とかでしょうか(笑) 前におちゃらけて訳詩を試してみたら… 意外と音には合うし、意味的にはこれでもおかしくないんですよ、実際(^_^;A
[PR]
by yukituri | 2010-02-09 04:18 | Romeo & Juli ette/a