日本版LNDも気に入りました


by yukituri

<   2010年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今度の冬休み、もう一度ソウル観劇旅を計画しています。前回はひたすら某作品集中でしたが、今度はさすがに別のミュージカルも混ぜるつもりです。

「アイーダ」  (去年惚れた金田 =Kim= ラダメスは見られませんが) とか、
「三銃士」  (韓国語の題は ”三羽烏” らしい!? ) とか、
時間があれば 「ビリー・エリオット (リトル・ダンサー)」 も?

でも、もちろん、ジキハイも見るつもりたっぷり(笑) ついては、せめて歌詞だけでも理解度を上げたいと予習中ですが、これが手ごわい!!

せっかくだから語彙を覚えるのに役立てようとしてみたのですが、さすがは膠着語? 語尾がほとんど変化してて。韓国語には日本語にないリエゾン(連音化)だの短縮だのがたっぷりだし、初心者向け教科書で文法をかじり始めた程度では身のほど知らずだったか。まだ辞書も持ってないし(^_^;A

というわけで、とりあえず英独韓の歌詞を並べて鑑賞・類推中。
カラオケのために作ったことのある "This is the Moment" は、カタカナをハングルに置き換えて改めてきちんと発音を見て。あとはデュエットの名曲 "In His Eyes" と "Take Me As I Am" の歌詞カードを作ってみました。

時間ばっかり掛かりますが、聞きなれたつもりだった英語版やウィーン版も、意外と 「こういう歌詞だったのか~」 と新鮮 (聞き取れてなかったとも言う)。韓国語は例によって2つの自動翻訳の合成で何とか解読に挑戦。前にも書いたように 「けっこうたくさん意味が入ってるなぁ!」 とか 「原詩より激しくない!?」 とか面白いので、今後もだんだん増やしていくつもりです。
[PR]
by yukituri | 2010-12-26 19:33 | その他観劇関係の話題
Máté が日本語を特訓してるみたいだと聞いて思ったこと。
「やっぱり、あれかなぁ?」 が正式に発表になりました! → 梅芸HP

『MITSUKO』 ~愛は国境を越えて~  (曲: ワイルドホーン)

【大阪】 梅田芸術劇場メインホール 5/15~5/23
【名古屋】 中日劇場           5/27~5/29
【東京】 青山劇場             6/11~6/29

光子: 安蘭けい
ハインリッヒ: マテ・カマラス
イダ: AKANE LIV
成人リヒャルト: 増沢 望

東京・大阪 SS席15,000円 (高っ!! 梅芸の来日と千円しか違わない)


来年の Mitsuko の夫に、すでにコンサート版で出演した Máté。いいでしょう (正直に言えば、Wien での初演コンサートの Uwe さんの降臨に一縷の望みを抱いてた私。でもあの方は少し休養するのがいいのかもしれないし)

今度は短縮コンサート版じゃなく完全版! 実在の人物の枠はあるし、エリザベートほど派手な話にはなりそうもないですが、うまく盛り上げてくれるといいなぁ! 東京公演も追加? だし♪

リヒャルトは誰に!? (増沢さんが歌うわけじゃないんですよね? わざわざ 「成人」 と書いてあるということは、「じゅうく!(笑)」 の青年 =歌担当= は分離と解釈してます。増沢さんは演技が素晴らしいけれど、「ああガス欠」 でちらっと歌った感じでは、ミュージカル向きの声ではないと思いました。
あの曲たちにはやっぱり歌手じゃないと!!)

あの字幕版スルスル… は出るのかな? 日本語特訓中でも、歌にはぜひドイツ語を残してほしい。Heinrich の最初のソロ、世界を渡り歩いてきた男が日本に惹かれる心や、リヒャルトの演説歌 ”Paneuropa” (汎ヨーロッパ) は特に! (イダの Akane Liv って岡本茜さんですよね多分? 彼女ならバイリンガルに相手できそうだし、コンサートの時のようになるといいなぁ)

リヒャルト、Lukas なら願ってもありませんが、まさにウィーンの Tanz der Vampire の大詰め =6月末で終了= 時期かぁ。コンサートの時みたいに、複数キャストの一人として、短期間だけでも抜けてくる気はあるでしょうか? シーンや台詞も増えそうだし難しいかも、ですが、あってくれたら嬉しい!! もちろん、井上リヒャルトも、万里生リヒャルトも見たいですが。なんせ梅芸商法だから、客引き用に3人とかでも驚かないぞ (笑) そしたらまた誰かさんは梅芸限定とかになりそうだけど、遠征もこの際!
[PR]
by yukituri | 2010-12-24 21:10 | 東宝・梅芸系
今日の午後は、近所でやってる韓国語教室に行って来ました。多分5回目くらい? どんどこ先に進んで、文法はともかく語彙を覚えるのが間に合わない (当然、会話もできない) のがツライところ。でも、ハングル文字が大体、拾い読みできるようになったのはここのお陰です。

たまたま生徒が私一人だったので、これ幸いと、昨日からやってみている、Jekyll & Hyde の歌詞の発音や読解 (まだ自動翻訳が頼りだけど、次回見るまでにはせめて歌詞は少し分かるようになりたい) の疑問点を聞いてみました。「ソウルは今日、寒いです」 みたいな教科書の例文よりも、興味がある歌詞の方が頭に入るというもの(^^) ちょっと交換授業をしている気分。

More
[PR]
by yukituri | 2010-12-19 21:46 | Jekyll & Hyde
注意!) 27日予定だったパクさんご出演の 「韓国のミュージカルガーラ」、今日 (12/18) コメントで、「1/16に延期になったという連絡がメールで来た」 という情報をいただきました。ありがとうございます! 
なんか不確定要素が多いですね(^_^;A せっかく申し込もうかと思い始めていましたが、もう少し様子を見たいと思います。

****** 以下はその数時間前時点の文章です *******

今月27日のパクさんご出演公演、もう一週間前だというのに、会場のはずの中野ZERO大ホールの催し物予定に相変わらず載っていないので、直接施設に電話してみました。すると、「晩の大ホール予約はされています」 と、いうことだし、時間や出演者名も合っていて一安心。
主催者の意向次第では、一覧表に載らないこともあるそうです。

ただ、受付担当の人は、当日券を売るかどうかなどは全く聞いてない、公式サイト? (http://www.da-all.com/) があることも初めて知った、なーんて感じで(^_^;A ”プリビュー公演” の予約は入っていないそうですが、これは人数限定だし、別の会場だと思えば問題なし?

ちなみに、Da All の 070- で始まる番号に掛けてみたら、見事に 「番号をお確かめになって」 … なんだか100%の確信はまだ持てないんですが…
やっぱりメールでチケットを申し込み、してみましょうかね。
これも hotmail のアドレスだというのがなんともはや、ですが。
あと、こんな地味~な前宣伝で1200席以上のホール埋まるんでしょうか? ホン・ジミンさんのファンだけでも相当数は動員できるということかな。
[PR]
by yukituri | 2010-12-18 16:33 | 韓国ミュージカル関係
先日、ソウルで知り合いになった チョ・スンウさんとパク・ウンテさん のファンの方と、主にパクさんの話題についてメールで文通 (お互い母国語で書いて自動翻訳… 笑) をしているのですが、私が 「日本では何を何曲歌うかなぁ」 とずっと言っていたら彼女、何と所属事務所に電話して尋ねてくれたみたいなんです。超親切!

それによると、曲目は聞けなかったそうですが、パクさんが歌うのは2曲とか。ゲストだとやはりそのくらいなんですね。うーん、VIP席だと1曲5000円かぁ。メインのホン・ジミンさんという方は知らないので、申し訳ないですが、行くとしたらR席にして1曲3500円にしちゃおうかな(^_^;A

あと、新しいインタビューが出ていると教えてくれました。→ こちら 
闇広のところらしい Uwe さんとの写真がステキです! 

More
[PR]
by yukituri | 2010-12-17 00:32 | 韓国ミュージカル関係
d0064742_10482563.jpg忘年会を兼ねたミュージカルカラオケ。今日もとても楽しい時間を過ごさせていただきました。(携帯メールが選択着信のままになっていた不手際をお詫びします)
みなさま、ありがとうございました! デュエットで大活躍だったにゃんとむさんに、特に大きな感謝を捧げたいと思います。

前半はエリザベート半通し。後半 (2時間半弱?) の自由曲でもたくさん出てきました。あとジキハイも。韓国でやっているということもあるのかも。

手から蜘蛛の糸? を撒かれる方やら、チェ3人! 並びやら、どちらもしみじみ美しい "In His Eyes" (J&H) 競演やら、リアル "Side Show" やら、今回も見ごたえありました♪

私は 「三銃士」 の女性歌に初挑戦しました。 物語の始めの方で、アンヌ王妃、ミレディー、コンスタンス (後にダルタニャンの恋人) がそれぞれの愛への気持ちを歌う、珍しい女性三重唱。ぶっつけ本番練習状態でしたが、美しい歌で楽しかったです。シシィさん、chiharuさん、ありがとうございました。
にゃんとむさんも、お願いしたハイドがますます進化されて素敵でした♪

曲リストを More に。題名 (邦題または意味)、作品名、言語 (J = 日本語、D = ドイツ語、E = 英語、F = フランス語、H = オランダ語) の順です。

More
[PR]
by yukituri | 2010-12-12 10:46 | カラオケ・オフなど
コメントで教えていただきましたが、ワタシの韓国ミュージカル俳優ランキング (ってそんな人数いませんが笑) で赤丸急上昇中のパク・ウンテさんが初? 来日されるんですね~ http://www.da-all.com/

12/ 27 (月) 晩に中野かぁ。物理的には行けなくもないのですが (次の日また超早番なのを置けば) 、ちょっとうーん迷ってます。ちゃんとした作品やライブのメインなら即決だけど。

More
[PR]
by yukituri | 2010-12-12 08:49 | 韓国ミュージカル関係
いやぁ、無謀連続遠征とかしているうちに、気がついたらオフ会の前々日じゃないですか、っていうか、アップする頃には日付上は前日!? 直前すみません、11日の 「言語自由ミュージカルカラオケ」 オフ会の最終案内です。

日時: 12/11(土) 12:00~18:00
場所: カラオケパセラ(パセラリゾーツ)赤坂店
企画: "Elisabeth" ハイライト通し (できればドイツ語)

いつもより1時間短いので (これでも…笑) 終了後は有志でファミレスかどこかで、オフレコ (毒舌) 観劇談義でもできれば嬉しいです。海外観劇話は、今けっこう仕入れてますし(^_^;A

風邪の後遺症 (空咳のみ。移す心配はないと思いますが) で声があまり出ない & 練習不足がひどい幹事ですみませんが、よろしくお願いします。

前回と同じミニステージ付きの大きな部屋なので、人数にはあと数人分余裕があります。もし覗いてみたいという方がいらっしゃったら、メールアドレス・携帯番号を明記の上、右下のアドレスか鍵付きコメントでご連絡ください。
[PR]
by yukituri | 2010-12-10 00:01 | カラオケ・オフなど
英語の書き込みの方を詳しくしちゃったので、ちょっとだけ書き足します。

2010/11/19、Absolut Uwe の ドイツ・Hammでのコンサートとその後の Clubtreffen (ファンミ) 行ってきました。Uwe さんの出身地、ご当地スターだけあって、手作り感たっぷり。「おらが町のカレンダー贈呈」 なんてのも。

コンサートでは、Uwe さんは予想の範囲内 (もちろんいいけど、ところどころ調子悪そうだった) でも、Ich war noch niemals in NY に使われている父と息子の歌を新しく歌われたのはしみじみ感動的でした。ウィーンの人よりよっぽど美声で心に響く。…それには悲しい話があるようでしたが。

Annemieke さんは、「私だけに」 最高音部は小鳥さんのようで、Pia さんのように微笑みながら余裕で、とは行かず。逆に、意外と低音がいい人ですね。ハリウッド映画系とか。

一番嬉しい驚きだったのが、ユンテー・パーク (Eun Tae Park を素直に読めばそうなるわな) ことパク・ウンテさん。ソウルのコンサートと違い、Mozart! 「影を逃れて」 と Elisabeth 闇広のルドルフ (韓独半々で) を歌ったのですが、これが良かった! 記録に残らないのが残念なくらい。

ルドルフ、ソウルのコンサートで他の方が歌った時は全部ドイツ語だったそうなので、韓国語の歌詞ってまさか Absolut Uwe が初出? 申し訳ないことに ♪何とかオプソ、かんとかオプソ♪ (爆) しか分からなかったのですが (オプソ = ない、いない ですよね。韓国語のできる客が多分オプソだったのはもったいない)、ルドルフの焦燥感や孤独が、とてもよく伝わってきました。

ヴォルフのほうでも一語 (♪ オットケ = どうすれば ?) しか分からなかったのですが (汗)、苦しく切なげで、最後のシャウトもきちんと出て凄かったなぁ。
両方、似た系統なので、天真爛漫 「僕こそ音楽」 とかも聞きたかったです。

その後の Clubtreffen にも参加されていたので少しお話できて嬉しかったです。シャイな (実は違うらしいとインタビューで見ましたが 笑) 好青年ですね~ でも野心はある。ルドルフも合いそうだけどトートがやりたいらしい。あと、ウィーンで Tanz der Vampire に感動したと聞くので、どの役がやりたいか聞いたら、"I wish to play Draula" とのこと。そっかー、挑戦するならアルフレートでなくてクロロックかー。

ちなみに、TdV が韓国で上演される確率は五分五分みたいだそう? あと、来年5月のM!は、ジュンスと彼と新らしい人で、主役陣が一部入れ替わりそうとのこと。

そうそう、聞いたことないんですが、劇団四季にもライオンキングで数ヶ月いたそう。特に和風芸名は付けられなかったそうですから、短期研修みたいなもの? (あ、四季がソウルでやってたってほうかも??) 名前の書き方は本人に聞くのが早いということで聞いてみたら、朴殿泰 (殷泰かも) さんとのこと。

追記) ソウルで知り合ったファンの方に聞いたら、殷泰さんが正しいらしいです。殷=古代中国の王朝のイメージが私には強かったけど、繁盛するという意味もあるし、とのこと。なるほど、「殷賑を極める」 いう言葉がありました。繁盛して安泰!? すごく縁起のいい名前ですね(^^) ライオンキングはソウル公演のほうでサイ? をやって、これがミュージカルデビューだったそう。
[PR]
by yukituri | 2010-12-08 19:25 | 海外観劇 (他作品、総括)
ソウルでお会いした方から、パク・ウンテさんのインタビューがネットに出ていたと教えていただきました。ありがとうございます。ヨーロッパでの体験談も出てきます。Hamm のコンサートの英語感想を書いてたのとちょうど同じ頃アップ? 偶然ですね~   Google と exite の自動翻訳に掛けて見比べてみると、ヘンな部分も多いのですが、8割くらい理解/ 推測できました。韓国ミュー初心者には初耳のことも多く、面白かったです! 例えば、

More
[PR]
by yukituri | 2010-12-07 20:08 | 韓国ミュージカル関係