日本版LNDも気に入りました


by yukituri

<   2011年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ドイツ語圏ミュージカルのファンを標榜していながら、最近どうも近さで韓国ばっかり行ってるワタシ。これではいかーん、せめて長期休暇はドイツ語圏に捧げるだよ、と、超久々・遅まきながら、少し予定の検索などしてみました。よ、読めて感動(爆) 今のところ、6月あたりに夏休みをとろうかな?と考えてます。ワタシにしちゃ珍しく、ちゃんと夏と言える時期だ(^_^;A

この辺の時期で気になる公演は、

Tanz der Vampire (Wien) →http://www.musicalvienna.at/ 
あれっ、Lukas だと思うんですが、Alfred 黒髪に見える? 
TdV も6月にいよいよ千秋楽の予定。Ronacher の次回作は "Sister Act" なので、これでウィーンからひとまず 「ウィーンミュージカル」 が消えてしまいます。寂しい… 評判がいい Drew の伯爵はまだ見てないし、恒例の千秋楽お遊びをぜひ体験したいもの! まだ 6/24 金までということは、千秋楽分は発売になっていないのかな。一般にも出してくれます、よ、ね??

Die Päpstin (女教皇)  ドイツ・フルダ (Fulda)  6/3~
中世に実在したと考えられていた、唯一の女教皇の物語、かな。若手女優ではピカ1? の Sabrina Weckerlin 主演 → 公式ファンサイトの出演予定
男装して僧となり、学識が認められてローマ法王にまでなったはいいけれど、妊娠し、路上で出産して女とばれ、石打ちで殺されたー という、何といったらいいのやら、な伝説を読みました。ミュージカルではさてどうなるか。Fulda は宗教的なオリジナル作品が定番のようですね。前にも彼女が主演の聖エリザベートの話がありました。
上演予定 ~7/31? Zusatztermine bei großer Nachfrage= 大きな需要があれば という微妙な注付きで 8/14 までの追加予定が表示。

Sabrina はこれまた評判のいい Jekyll & Hyde ツアーにも Lucy の一人として参加しているので、J & H ファンとしてはむしろそっちを見たいんですが、この時期は絶対、無理(涙)

Tecklenburg (北ドイツにある中世の可愛い町) の野外劇場、今年の大人向け演目は "Carzy for You" と "Jesus Christ Superstar". Jesus は ここの主演常連で、Sabrina と並んでドイツの若手 No.1? の Patrick Stanke (ちょっとふくよかなキリスト様ですが…爆) JCS が先なら絶対! TdV と組み合わせて行くのに、7/25 が初演なんです。悲しすぎ。いっそ TdV を諦めて7~8月にすべきかなぁ… と悩みますが。→ 上演予定

もしそうすると、野外劇場= 辺鄙な町・長距離移動・天気次第の旅に(^_^;A

10/22 にはスイスの St. Gallen で Thomas Borchert → 公式サイト・ニュース が Maxim の Rebecca が始まります。Thomas は好きですが、私にとっての Maxim (Uwe さん) じゃないからなぁ。どうすべきか。Ich や Mrs. Danvers 次第かな。Susan だったりしたら (ないか) もし行くなら、夏休み2回は何ぼなんでも無理ですし、冬休みを狙うしかなさそう。

Elisabeth のツアーも10月からケルンその他、のようですね。

何より気になるのは、Uwe さんの舞台作復帰はあるか?? ということ。FC のニュースレターにはたまーのイベントやTV出演しか載ってない…(沈黙)
[PR]
by yukituri | 2011-01-31 00:30 | 観劇旅行 (日記・計画他)
2011/1/28 13:30 東京宝塚劇場 1階5列サイド寄り

宝塚宙組、ヘミングウェイ原作、「誰がために鐘は鳴る」、無謀にも夜勤明けで2回目に行って来ました。2階のS席でも一番アレな壁際と 抱き合わせ セットで譲っていただいた、1階5列サイド寄りサブセンです。

あれだけ舞台が広く、オケピに銀橋まである劇場ですから、5列目とはいえ遠い時は遠いですけど、近くに来ると5メートルくらい(^^) 最後に走り出す前の緊迫したシーンは目の前でした。

やっぱり前方席はいいですね! 祐飛さんの格好よさ & 時々かわいい演技や、すみ花ウサギさんのけなげな表情など、前回の10倍くらい楽しめました! 前と逆サイドだったので、この間は背中だった、うさぎさんが告白をする時や、ロベルト (ロバート) の最後の時のこまかい表情の移り変わりがじっくり堪能できましたし。やっぱり演技がいいですね、この2人。歌は、まあ…

そうそう、巨人ぞろいの宙組にしては背が目立たないな? と思った謎は、今回、理由が分かってきたかも。十輝さんはほとんどペッタンコのブーツで、未涼さんは座ってるシーンが多かったような? みんなスペイン人やジプシーという設定ですから、「イギリスさん」 の背の高さを目立たせる戦略? フィナーレで背が伸びた人が何人かいた気がしました(笑)

譲ってくださった方と少しお話して思ったのですが、これだけ主役二人に焦点を当てる物語なんですし、幻想・回想のレビューシーンは思い切って削って新人公演のように縮めて、その分、ショーは独立させた方がメリハリ良く楽しめるんじゃないでしょうか? 本編で若手の出番がなくなりますが(^_^;A
往年の名作 = 30年以上前の作品、のんびりしてる感は否めませんから。

あと、「今のトップの中で一番好きなのは」 とか、「祐飛さんのビジュアル (演技・声質他) に、月組の霧矢大夢さんの歌やダンスの力をいいとこ取りしたら、伝説のトップになるかも」 という点でも意見が一致しました(^_^;A 
伝説級かはともかく、私の好みに超ドンピシャになることは間違いないです。

どちらにせよ、前回に比べ満足度は2倍くらい。帰り際に行きつけの美味しい地ビール屋 (国産+輸入で、樽から飲めるのが40種類!) にも寄って、気持ちよく一日を終えられました。
[PR]
by yukituri | 2011-01-28 22:04 | 宝塚 (他作品、雑談)
iTourSeoul にメールと電話して 「モンテクリストのキャスト表を見られることろないですか? 韓国語でもいいですから、情報が随時更新されるようなところで」 と聞いたら、インターパークのページを紹介してくれました。
こんな有名なところくらい自分で探せばいいのですが、まだちょっと言葉の壁が。画像形式で訳されない項目が多すぎて…

こちら 自動翻訳かけると画像形式の部分 (ほとんど涙) がすっ飛ばされるのでご注意を。元ページのぐーっと一番下を見てください。
なるほど、「写真つきなので (ハングル読めなくても) 分かりやすいと思います」 との一言が納得。まあ、名前くらいなら解読できるんですけど… 
とっーても一目瞭然の表でしたわ(^_^;A 

しかし、なぜ3月前半のだけ、みたいな小出しの売出しをするんでしょうね。行きたいのは3月後半でまだ不明なのに、カップリング用に? ジキハイのジュンヒョンさんの回を先走って買っちゃったじゃないですか…(^_^;A 

実は発売日にここで買うのは初めて。「ジキハイは同時に買えるようになるのか」 という質問へのお答えを待っているうちに、数分間出遅れて (登録は10:02くらいだったみたいですね) いい場所はなくなっちゃいましたけど(涙) スンウさんのはもっとあかんですね。1階と2階前方、全部売切れで。

ついでに インターパークの Jekyll & Hyde キャスト表→ こちら これまた一番下。写真まではないですが、e+の表 (いまだに上に 「スパマロット韓国公演」 と書いてある…爆) と違って、トリプル・ダブルキャストのそれぞれに、違う色割り振られているから、一度解読すれば分かりやすいですね(笑)
[PR]
by yukituri | 2011-01-26 11:29 | 韓国ミュージカル関係
d0064742_1124847.jpg
冬休みの生観劇の余韻がようやく収まってきたので、久々にジキハイCDを4ヶ国語分、並べ替えて聞き比べるなんてことをやってます。上左から順に、ドイツ語 (ウィーン版)、英語 (コンセプト版)、ハンガリー語、韓国語 (04)

それにしてもワイルドホーンって、改作の激しすぎる作家ですよね(^_^;A なんせヒロインのうち一人の名前や幕開きの曲まで2通りあるんですもん。
海外ミュージカルCDを買い始めたころに教えてもらって、"Lisa" 系列 と "Emma" 系列と呼んでます。
Lisa 系列は最初に出たコンセプト版2枚組CDや、ウィーン版が代表格。
Emma 系列はブロードウェイ初演からで、上演では主流?

前にも書いたことがありますが、Lisa 系列の特徴は、
1) ジキルの婚約者の名が Lisa
2) 幕開きの曲が "I Need to Know" ("Lost in the Darkness" でなく)
3) Lucy と仲間の娼婦の歌 "Girls of the Night" や、ジキルの狂乱の歌 "The World Has Gone Insane" といった名曲がある。

です。最初に聞いたのがウィーン版CDだったこともあって、私は Lisa 系列の方がずっと好き! 主演の Thomas Borchert の歌も格好いいし (舞台ではもっとずっと素晴らしかったとか。ミュージカルファンになるのが数年遅すぎたのが残念無念)、超お奨め。すべての始まりの最初のコンセプト版も、Anthony Warlow さんの伸びやかな美声や、豊富な曲数 (理事会シーンが知る限り唯一入ってるCD) でとってもいいです(^^) (そういえば、韓国版の歌で一番好きなリュ・ジョンハンさんは、高めの伸びやか美声という点がWarlow さんと傾向が似てるかもしれないなー)

もっとも、ハンガリー版 (これも歌の質がいい) は Emma 系列だけど "Girls of the Night" は入ってますね。
d0064742_1524825.jpg一番最近出た英語のCD "Resurrection" は、Emma なのに上の3曲が全部入ってたり、今度の韓国版では、"Lost in the Darkness" の後に
♪ アラヤヘ~ (知らなくてはならない) と "I Need to Know" を追加したりしてますから、両系列がオーバーラップしつつあるのかも。
[PR]
by yukituri | 2011-01-26 00:50 | Jekyll & Hyde
今日は月に2回だけ通っている趣味のボイトレ教室の日。後半の曲練習で Monte Christ の "Hölle auf Erden" (Hell to Your Doorsteps) を歌ったら、先生に 「ハマリすぎ」 と言われ、嬉しかったけど、ちょーっと微妙な気分に。なんせ、内容が 「地獄を見せたるぜ」 ですから (笑) 
前回、ジキハイの Lucy を歌ってみた時はケチョンケチョンだったのに。
私の声って、やっぱり低くて迫力気味なんですね…

ま、男性高めの歌も何とか歌える声域なのは楽しいのですが。
ヒロイン声も可憐に出せるようになりたいものですけど(^_^;A 先は長そう。
[PR]
by yukituri | 2011-01-26 00:09 | 普通の日記、PC・語学関係
3月からソウルで始まる「モンテクリスト」再演、あるブログで iTourSeoul (市観光公社のサイト。日本語でオンライン予約やキャンセルができて便利) の取り扱いがないと読んで青ざめたのですが、問い合わせ (& 扱わないんですか? のおねだりニュアンス) メールを書いたら今日 (1/24)、返事が来て、「今週中に当サイトでも発売開始する予定」 だそうです。よかった~

追記) 26日に始まりました! → 公演日選択へ  順番に入る場合は
 トップページ→ 「公演・イベント」→ 3月 の一覧からか、
 全ページ右端の 「予約」 タブ→ 左のメニューの 「ミュージカル/演劇」

前回感心したリュ・ジョンハンさんの伯爵と、チェ・ヒョンジュさん (四季では西珠美さん) のメルセデスの組み合わせが見たいです♪ 今回はリュさん以外の伯爵も見比べてみたいし。3月以降は週末の登板が増えるといいなぁ、のキム・ジュンヒョンさんのジキハイとの組み合わせも可能かもしれない(^^)

そうだ、ジキハイだけじゃなくて、モンテクリストの韓国語歌詞も予習しなくっちゃ! 去年は無理だったけど、今だったらハングルも拾い読みできるので、どこを歌っているかくらいは分かるし。自動翻訳便りの解釈はものすごく時間がかかりますが、英語やドイツ語歌詞がどこまで反映されているか、どういうふうに韓国風味になっているか見るのは面白いですよ(^^) いずれまたその辺の感想を書きたいです。
[PR]
by yukituri | 2011-01-24 21:34 | 韓国ミュージカル関係
この間のソウル観劇の写真、ジキハイ編を追加します(^^)


d0064742_2250461.jpg帰国の朝、空港へのKALリムジンのバス停から見たシャルロッテ劇場。かなり寒くて、歩道に根雪もあったけど、幸い、いいお天気が続きました。



d0064742_2251483.jpgロッテ百貨店と劇場の間の地下街にあった宣伝円柱。ドレスが綺麗です。がうしろがセブンイレブンというのが…(笑)

More
[PR]
by yukituri | 2011-01-23 22:52 | Jekyll & Hyde
昨日、冗談で書いた 「宙組版ロミジュリ・脳内キャスティング」、ついつい最後まで作ってしまいました。ファンの方に怒られそうなので(^_^;A moreに。

More
[PR]
by yukituri | 2011-01-22 12:38 | 宝塚 (他作品、雑談)
(某外国語と違って) 聞き取れすぎる台詞、もっと聞き取れる歌詞 (旋律に対して量がものすごく少なく、下手したら間延…ゲホゲホ) うわキザい(^_^;A

…ぜえぜえ。「遅い夏休み」 このかた、海外ミュージカル三昧しすぎて、日本の作品、ましてや宝塚の楽しみ方をかなり忘れているようです、私 (爆)

宝塚だから? ちょっとしたことでも踊る、なくても作れ、回想・幻想駆使して、大人数・美麗衣装ダンスシーン! 歌うのは基本、トップと相手役ばかりだ!

…ははは。ちょっと乱暴にまとめ過ぎましたが、かなーーり久々な宝塚、大空祐飛さん主演、宙組東京公演 「誰がために鐘は鳴る」 行ってきました。
そういえば前回ヅカもこの人のためだな、去年7月末の TRAFALGAR。

やっぱり祐飛さんは格好よかった! ゲリラ戦場とは思えないスタイリッシュさ (衣装も素敵) で、包容力もたっぷり。スーツ姿もさすが。次の 「ヴァレンチノ」 もきっと行っちゃうだろうな。うさぎさんはあの髪型にもかかわらず可憐だし。ヒロインの姿勢がへりくだりすぎだったり、自然さとはちょっとちがう宝塚の枠内ですが、2人とも演技もうまかったと思います。

歌は…(汗) ヅカのトップに必要なのは魅せる力で、歌とは限らないのは重々承知しているのですが、最初のフレーズからフルフルちりめんがすごくて、どうしようかと(^_^;A 再演物だから、あまり持ち味に合ってないのかな? カサブランカや TRAFALGAR の方が聞かせてくれる所が多かった気が。
影ソロ方式を使ってもいいんじゃないかと思える場所もありました。

作品としては、2人芝居が多く、特に1幕は*番手ですら、その他大勢なのが残念だったな… ゲリラのおばちゃんはヅカの女役とも思えない活躍ぶりだけど、もともと若者は絡む人が少ない物語?

More
[PR]
by yukituri | 2011-01-22 00:03 | 宝塚 (他作品、雑談)
d0064742_2042068.jpgお次は三銃士です。読み方は
サムチョンサ? (よく見ると上に点)
漢字は一緒みたい。それがなんで
翻訳では時々「三羽烏」 かというと、
「仲のいい三人組」 というイディオムとして? 「**界の三銃士」 なーんて感じで使ったりもできるからのよう。

劇場。やっぱりちょっと雪景色。
韓流スターが出てる割には、小ぢんまりした忠武アートホール。
1000人入らないんじゃ?
モンテクリストの再演もここらしい。


d0064742_20435422.jpg恒例! 記念撮影板。複数キャストが多いから、いやいやにぎやか。
こうしてみると思いっきり男祭りですね(^_^;A

ヒロイン連は左右にちょっぴりだ。


d0064742_20554136.jpg所変われば品変わる? 劇場ロビーに並んでいたのが、デザインを競ったお花じゃなくて、統一デザインの米袋飾り? でびっくり~! お祭りで清酒の箱を置くようなもの?? 米袋の前に役者さんの写真が定番?
(追記: アイドルファンが中心になってやっている最近の流行で、花と同じ値段の米を買い、飾った後にその俳優の名前で福祉施設などに寄付するんだそうです。わぉ実用的! とはいえ、見栄えは普通の花の方がいいですが^_^:)

d0064742_20591411.jpg1/6夜出演 (左~)
アトス ユ・ジュンサン
アラミス チェ・スヒョン
ポルトス キム・ジンス
ダルタニャン 
     キム・ムヨル
枢機卿? イ・ジョンヨル
ミラディ (微妙に発音が…) ソ・ジヨン?
コンスタンス 
     キム・アソン

d0064742_20592980.jpg1/7午後キャスト
アトス ユ・ジュンサン
アラミス ミン・ヨンギ
ポルトス キム・ジンス
ダルタニャン キュヒョン
チュギギョン? (枢機卿?)
   チョ・スンチャン?
ミラディ ペク・ミンジョン?
コンスタンス ダナ

なんか、上と下ではダルタニャンとアラミスの服装が入れ替わってるんですけど~(^_^;? 下の枢機卿サマ、携帯メールでも打ってそうに見えるし(笑)

観光局のサイトには四銃士? しかフルネームは載ってなかったので(笑) ちょっと自信のない部分もあり、? 付きで(^_^;A チュギギョン? と読めるのは 「枢機卿」 ですよね、多分? キャスト表では 「レシュリー」 ですけど。
「ミラディー」 ともども、微妙に発音が違う… 
字幕 (何人活用客がいるかは知らないけど、とっても助かったです! 映画字幕のようにパッと読んでから舞台も見られる、手頃な分量だったし) では、日本で通用している読みのカタカナになってた気が。

カーテンコールを More に。

More
[PR]
by yukituri | 2011-01-20 00:41 | 韓国ミュージカル関係