日本版LNDも気に入りました


by yukituri

<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

クリエの 「クンツェ&リーヴァイの世界2」 (ウィーン・ミュージカル・コンサートというのは、私的にはその名は梅芸の来日キャスト超豪華版のものなので) マイ初日。

途中まで、「新妻さんがMVP」 と思ってたら、後半、Patrick Stanke の "Der letzte Tanz" (最後のダンス) に全部持ってかれました。おい山田くん、ザブトン10枚! だって、ウィーン版DVD/来日公演 の時のマテ張りのシャウトで、しかももっと上まで出るんだもん。アレなのは体型とヒゲだけで(^^ゞ

新妻、山崎、Patrick の若者組とアンサンブルはいいとして… 大人組、ちょっと**すぎでしょ、今日の出来。いつでも鉄壁と思ってた禅さんさえ、1幕はアレだった。(2幕のレオポルドは良かった! 仁王立ち格好いい)

新妻さん、力強いしスタイルもいいし、小さいなんて問題なし! だから、エリザベートダブルの2人目にしませんか? 芸能人枠はそろそろやめて、コンスタンツェにしちゃったら? < 東宝様。 
[PR]
by yukituri | 2012-02-29 00:42 | 来日公演 (他作品)
TRAILS in Concert、キャスト感想です。26に突発トークショー (企画感謝です!) があったお陰で、パンフを買ってなくても(こら。だってあの薄さで1000円は…)いろいろ聞けましたし。

今回の6人は、プロデューサー四宮さんとの "Into the Woods" または 「ミスサイゴン」 つながりだったんですね。

赤毛のポニーテール、小さいけどとっても元気なフェイスは Into... で赤ずきんちゃん (ぴったり!) 
いい味出してた年期入りヒッピー、モナの山崎さんは魔女 (これまた…) 
ヒロイン、エイミーの RiRiKAさんはサイゴンのエレン。

女性3人、全員初見と前回書いてしまったけど、実はRiRiKAさんだけは前に見てました。トークショーで 「元宝塚」 と言われ、検索してみたら。最初思った元宙組のぽっちゃり歌姫さんの改名ではなかったけど (混同するなって) 2006年、花組 「ファントム」 で一度見てました。紗幕の向こうで歌ってた、エリック/ファントムのお母さん。可憐で儚げでした~

あの頃より丸くなって一般人っぽい体型。声もまろやか、でもよく伸びる。
この人、実は "Rebecca" の "ich" (私) に合うんじゃないだろうか? 準ダブルキャストの Alter. のシステムがあったらぜひ推したいくらい。

藤岡さんはもう大体書いたけど、もっさり見せながらも真ん中に立つ力のある人だ~ と感心しました。声が好き。リリカルな高音だけじゃなくて、低音も実はイケますよね。♪お許しください、女王様、見たいにふざけて低い声で歌うところ (四宮さんも入る)、良かったです。

岡さんは酔っ払い演技が秀逸。目もちゃんと座っている。やはり低音より高音で聞きたい人なので、次また歌いまってくれる機会を狙います。

四宮さん、歌は上手いです、が、スポーツマンの優等生、後エリート弁護士と言うには地味かな。オーラが薄いというか…
でも、脚本家との交友関係を生かしてこの作品を引っ張ってきて、こういういいキャストを集めた、プロデューサーとしての功績は大ですね! もっと訳してほしい場所や固い言葉もあるけど、翻訳もとても綺麗です。

あ、Scribbles や Meathead は一言説明がほしかったかな。
スクリッブルズは scribe から来てるんだろうな、ミートヘッドは肉頭→脳みそ筋肉??と推測してそう外れてなかったようだけど。「落書き」に「まぬけ (脳筋だから?? 笑)」 ですか(^_^;A けっこうトホホな名前の冒険者たちだったんですねw

いやあ、言葉が分かるっていいなあ。けっこうタルイ もとい静かなセリフで進むところが多いから、韓国語で見てたらきっと寝てました! 時間の行き来がほとんど分からないのは確実だし。
[PR]
by yukituri | 2012-02-27 23:26 | 国内観劇 (その他)
とっても今さらながら、2/10~11に見た韓国版エリザベートのキャスト感想です。一部、すぐに書いたものと重なりますが、改めて主要な役を一通り。

Elisabeth: キム・ソニョン、オク・ジュヒョン
ソニョンさんはおおむね期待通りの出来。声の調子が少し悪そうだったけど、力強い歌は聞き応えは十分で、上まできちんと出るのが嬉しい。少女時代の可愛らしさも、1幕後半からの強さもきちんと出ていました。扮装写真ほど神々しくはなかったけど、あれはイメージですから。背が低いのは惜しい。

ジュヒョンさんは前に書いたように期待以上! さすが元アイドル、スタイルがいいです。背も高め。いつも困ったような表情がやっぱり基本ですが、いたずらっぽかったり怒っていたり、バリエーションがぐっと増えていました。小芝居もあちこち工夫してました。歌も素直にきれいに上まで出てました。

チュグム(死): リュ・ジョンハン、キム・ジュンス
ジョンハンさんの回は 「正統派ミュージカルを見た!」 という感じ。最初は声の調子が悪そうでしたが、「最後の踊り」 (「ダンス」 じゃないのがミソ) 辺りからぐっと美声を響かせてくれました。各デュエットも聞き応えたっぷり。演技としては表情抑え目、やや冷たく静的な「死」。その点ではベルリンの時の Uwe さん、城田トートに少し通じるものがあるかも (顔や声はそれぞれ全然違いますが)

ジュンスくんの回は観客の熱狂ぶりがとにかく凄く、「コンサートみたい!」 とまず思いました。小悪魔風の演技は、ほんの少し武田トートを思い出したかも。これまたルックスも声も全く違いますけどね! 宝塚以外では初めて見た、最後のダンスで歌い踊るしー様 (ジョンハンさんはカテコの時だけ)。さすがアイドル、はまってます。ヅカみたいに間奏駆使してもっと長く踊るのを見たくなったり。

Lucheni: パク・ウンテ、チェ・ミンチョル
ウンテさんはとっても正統派で、自由自在な高音やシャウト はウィーン版DVDの Serkan Kaya を思い出すかも。韓国ファンの評価もとても高く、作品名を「ケニザベート」 (Lu cheni 後半より) に改名するべきじゃないかという冗談があるとか。ジョンハンさんとの組み合わせの時の方が思いっ切り声を出してると思います。長めのウェービーヘアを帽子から溢れさせてるのは好きだけど、髭は取って…

ミンチョルさんはやや臭みがある芸風 ( T氏ほどではない) 相変わらず悪人顔。台詞で客席が沸く度合いはウンテさんよりもっと上なので、聞き取れないのはとても残念。

Franz Jozeph: ユン・ヨンソク、ミン・ヨンギ
初めて見たヨンソクさんは、扮装写真と違って髭なし。青年時代は地味だったけど、朗々と歌える人でした。聞き応えあり。

ヨンギさんは歌が思ったより抑え目。芝居の一部として溶け込むように歌っていたからかな。扮装写真は地味。ファンの友人が「超韓国人!な顔に写っている」と言ってましたが…w 困り顔が似合いますね。アラミスの時のいたずらっぽい顔も見たいけど、役柄とは違うかな。

Sophie: イ・テウォン、イ・ジョンファ
歌はテウォンさんの方がいいかなと思いましたが、強烈な印象を受けたのがジョンファさん。最初はすらっと恰好いい人かと思っていたら、歳を取ると体型から身長から全部変わるんです! 顔はいかにも年寄り臭く頬肉が盛り上がり、胴はずんぐりと、背も本当に縮む? 中腰になってたようにも見えなかったのに、どう変えてるのか、すごい。
どうでもいいけどゾフィー、キンキラな生地にエリザベス女王ばりの後ろに大きく広がった衿。一番偉そうなというか、ロボットか? みたいなドレスでした(゚_゚

Rudolf: チョン・ドンソク、キム・スンデ
両方イケメンだけど、Rudolf のビジュアルは地味な作り。すっきりした短髪、メイクもあまりなし。ドンソクくんは前回見た「ハムレット」のレアティーズがウェービーな前髪を片側に垂らしたビジュアル系だったし、スンデくんも「モンテクリスト」のアルバートが可愛かっただけに、ちょっと残念でした。Rudolf ともなると、わざわざ美形でなくならないといけないのか?
独立を企むハンガリー人(でいいかな韓国版でも?)と会いに出かけたり、執務室に忍び込んだりする時は、水色の軍服の上に茶とグレーの中間みたいな色合わないロングコート。前を開けたまんまじゃ変装にならないぞ! と突っ込んだ人、私以外にも多いかも。

ドンソクくんは朗々とした美声で、いつも聞き惚れます。スンデくんはまあまあといったところで、比べると聞くには物足りない。がんばれ~
[PR]
by yukituri | 2012-02-27 18:59 | Elisabeth (海外) 感想
2012/ 2/26 18:00 Space107 3列サブセン

思いがけずいい席を譲ってもらえたので (ありがとうございます!) 思わずリピート。岡さんは相変わらずもったいない役だけど (最初に名前の出てるあのチラシ、ぜったい主役だと思いますよね、詐欺でしょうよw) 、やっぱり複数回見た方が理解が深まっていい。
昨日は10列目、段差があって見やすかったけど、私はやっぱり前方スキーだ。オケピない小劇場だから、数メートル先の表情!生声!すばらしい。段差がないのでど真ん中方向は前の人の頭の右から左から見ないといけないけど。

小太り、中途半端に長い髪に黒ぶち眼鏡、ダサい服と、イケてない男を演じてる藤岡さん、オペラいらずの距離で見るとよく動く表情に引き込まれる。子供の笑顔が可愛い! うまい!
岡さんの今回のビジュアルは、前に個人授業してもらってたドイツ人に印象がすごく似てる。プラチナブロンドだったらクリソツ。体型や顔立ちの有利さもあるけど、化ける人だ~

突発トークショーもあって、お得な回♪ 岡さんほんとツッコミキャラでf^_^; 四宮さん(ダブル主演?マイク役、プロデューサー兼業)より仕切って、しかも楽しい。爆笑と拍手の渦。

以下ネタバレ。

More
[PR]
by yukituri | 2012-02-27 00:23 | 国内観劇 (その他)
2012/ 2/ 25 18:00 Space107

セス (藤岡正明) マイク (四宮貴久) エイミー (RiRiKA)
山崎直子 (モナ・ハーレー他)、 小此木麻里 (フェイス他)、
岡 幸二郎 (ワリー他)

日本初演のコンサート形式といってもいろいろあるものですねぇ。
前回の CHESS は簡略だけどセットがあって衣装もつけて演技もして、でも手持ちマイクがコンサートを主張していたような。今回は、ワイヤレスマイクで手が自由なのに、わざわざ本を持ってる朗読形式で、セットはいろんな場所に置く椅子だけ。それでも思ったより動きも演技もありました。

全員初見の女性陣含め、出演者6人みんな歌うまさんなので嬉しい。
藤岡さんの声は詩的ですよね。たっぷり聞けました♪

More
[PR]
by yukituri | 2012-02-25 22:07 | 国内観劇 (その他)
韓国エリザ、私が見たチュグム= 「死」 お2人は "Elisabeth" をとっても丁寧に発音してました。特にジョンハンさんがくっきり。違和感なし!
でも、他キャストは違いますよね。少なくとも当時、ルケーニは 「エリジャベト」 に聞こえたし、裁判官やアンサンブルのコーラスは 「エリザベス」 でした。英語の th じゃなくて s の。

どうして 「エリジャベト」 になるかは分かるんですよ。でも 「エリザベス」 が個人的に謎。ザ が ジャ になるみたいに t と s を区別できないの? それとも、語尾だとなぜか t ( 匚 みたいな) じゃなくても s ( 人 みたいな) で書く決まりだから、それに引きずられて混同するだけ? お詳しい方、ぜひ教えてください。
[PR]
by yukituri | 2012-02-24 03:36 | エリザベート (データ/雑談)

Trails in Concert って

チラシに岡さんの名前が最初に出てる! きっと主役だ~! と思い込んでいた "Trails in Concert"、会場を検索してその小ささにビビりました。スペース107って真面目に107席くらい?? (180ほどでした)
ついでに、岡さんのブログを見てみたら、「友情出演」 「メインは四宮さん」 とのこと。なーんだ。とはいえ一応、見に行きたいですが。四宮さん、翻訳もこの人なんですよね。凄いなあ。そういえば、意識しては唯一見たおコンサートのシャム王ソロも自分で翻訳してましたっけ。
もうすぐ初日の幕が開きますね♪ ご盛況をお祈りします。
[PR]
by yukituri | 2012-02-23 18:32 | 国内観劇 (その他)
とりあえず、ハングル表記をネットから拾ってきて並べてみました。私が見た人たち。あとでカナ書き足しますね。

         Elisabeth Tod  Lucheni FranzJ Sophie Rudolf
2/11 19:00 김선영 류정한 박은태 윤영석 이태원 전동석
2/12 14:00 김선영 김준수 최민철 민영기 이정화 김승대
2/12 19:00 옥주현 김준수 박은태 민영기 이정화 김승대

この間から記録のためにハングル名をアップしてますが、カタカナでどれだけ長さ違ってもハングルではみんな同じなんです。何気に面白い~ もともと漢字1文字分が1マス内に書けるよう設計された文字なのかな、と想像してます。

カタカナだと、

2/11 (土) 19:00
  Elisabeth: キム・ソニョン  Der Tod: リュ・ジョンハン
  Lucheni: パク・ウンテ    Franz Jozeph: ユン・ヨンソク
  Sophie: イ・テウォン    Rudolf: チョン・ドンソク

2/12 (日) 14:00
  Elisabeth: オク・ジュヒョン Der Tod: キム・ジュンス
  Lucheni: チェ・ミンチョル Franz Jozeph: ミン・ヨンギ
  Sophie: イ・ジョンファ    Rudolf: キム・スンデ

2/12 (日) 19:00
  Elisabeth: キム・ソニョン  Der Tod: キム・ジュンス
  Lucheni: パク・ウンテ    Franz Jozeph: ミン・ヨンギ
  Sophie: イ・ジョンファ   Rudolf: キム・スンデ

かな? 日本公式サイトの表記と少し違いますが、どうも 「パック」 さんとか 「リュウ」 さんだと違和感あるもので。
カタカナで表せない音、韓国人は区別しないけど日本人には別に聞こえる音、普通に字を見れば 「ソンヨン」 つなげて言って初めて 「ソニョン」 だったり。両方、表音文字だけどカナ表記は難しいですね。どちらにせ近似値だし、慣れた方で書かせていただきます。
[PR]
by yukituri | 2012-02-22 19:18 | Elisabeth (海外) 感想
気がついたら最初に見てからもう10日近く経ってました。われながら 「これを入れ忘れるとは!」 というキッチュポイントがいくつもあったのに、ようやく書き足しです。
最初の感想を見て、ここは突っ込まなくていいのか!? と突っ込まれた方も多かったことでしょう。では more に。

More
[PR]
by yukituri | 2012-02-21 19:35 | Elisabeth (海外) 感想
韓国版エリザベート、言葉はどうせほとんど分からないけど、「原詩を頭の中で音声多重するから大丈夫!」 と思っていたのですが… いざ鳴っていたのは東宝版の歌詞でした。な(ア)んで~? 言葉の響きは日本語が近いのか。次回見るとしたら、ブックレット持参でもっと予習します。

というわけ? で、識別できる言い回しが来るとピクッとしますね。

♪コンジューニム (公主様) シシィの呼ばれ方。まあ公女だからいいか。でも、落下→ 出会い後、本来は親戚の一人が 「熱ーがある」 (Sie fiebert の珍しくドンピシャな訳) と言うところで歌われたので、んん? と。そんなに敬われてるの? それとも家庭教師がここは? 他の一言ソロで発熱に触れられているかは不明。

♪ジキルソソ (お守りください?) ジキハイ以来のピクピク単語。皇帝陛下に神のごかごーを。

♪カゴシポヨ~(行きたいです?) ママどこなの にて。その後の 「お願い!」 に当たるところもとってもイタイケでした。

♪チャユ ルル ウォンヘ~
エリザベートの決め台詞。空港の飛行機待ちでヒマだったので打ち込んで調べたら、訳が 「自由を欲している」 と出ましたね。ただの 「自由がほしい」 よりは宣言度が高いのかな? 韓国語の分かる方、ご教示ください。「私は自由を欲しているのよ!」 とかだったら、確かに。表情は正にそんな感じでした。

オンマ/ オモニ
ちびルドはずっと ♪オンマ~ なまじ響きがママと近いし、外来語と置き換わらないらしい。
大人ルドは 「鏡ならば」 の途中までオモニ (母さん、母上) 途中から退行してオンマ。ドイツ語では呼びかけは台詞部分の1か所だけ、日本語は終始ママだから、変化が面白かったです。

Die Schattern werden länger
友人が聞き取ってくれた闇広リフレイン、길어지는 그림자 = 「長くなる影」 というのは元に近いですね~ 他の内容も、7,8割方再現されているようです。自力では 「死」 が ♪ヤクソーッケ と歌うところだけ分かりました。M!以来のピクピク単語につい笑いそうに。「覚えているか、私たちが再び会うだろいうという、その約束を」 というのはとってもシリアスなんですけどね。あ、漢語効果で ♪ウンミョ~ン も分かったかな。正当防衛ではなく、王座! でもなく、運命。
[PR]
by yukituri | 2012-02-19 18:54 | Elisabeth (海外) 感想