日本版LNDも気に入りました


by yukituri

<   2012年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

二度目のテクレンブルク

どっかの機内誌のエッセイのような題になってしまいましたが(笑)
テクレンブルクにM.A.を見に来ています。

一言感想は 
*かなり修正あり。マルグリッドの行動の理由がより明確に合理的になり、主役度も上がった(出演者一番上) 歌も増えた
*カリオストロがかなり狂言回しで軽やかかつ笑わせ役も。芸達者じゃないとできなさそう。

*サブリナとパトリックはやっぱりすごい。パトリックは体型がアレで登場時は地味だけど、歌い出すと色男というオペラなパターン。
*知らないで来たらアニエスが ich の Wietske。痩せたのかなすごくすっきり若く見えたので最初別人かと思った。2幕のソロがすばらしい。

小さな中世の街に2000席もの野外劇場。何でも「一度来た人は自動的にまた来る」んだそうで。私もそうだな、6年ぶりだけど。

毎年、シリアス、お気楽、ご家族向けと3作品を上演してるそう。今年は「M.A.」と「ヘアスプレー」と「80日間世界一周」 役者もみんな一級、お勧めです。
[PR]
by yukituri | 2012-06-30 21:18 | 海外観劇 (他作品、総括)
「行けなくなったチケットがある」というメールをいただいて急遽ソワレエリザ。全体の前楽だっただけに盛り上がりました。

これまで避けていた大野ルドに予定外に遭遇。この人については、期待値が底這うどころか穴掘って埋まってたので(すみません)、見た感想は 「ん?意外に普通じゃん??」 でした。ところどころ上がりきらないとかリズムが合ってないとか素人くさいとかはもちろん見えたけど、音感はそこそこありそうだったし、春のD卿よりン倍まし(あれ以来、私の下基準はここに…)。
トークショーの時のオサレな水玉シャツに比べれば軍服はすごくきりっとして見えたし、歯茎全開で笑ってなければ、ルックス自体はハンサム、やや宝塚男役っぽくて可愛い。

カーテンコールの挨拶も、不安だとか力不足だとかはなかったけど「緊張」「精進したい」は一応あったし。聞いてた評判より歌は上だったので、本人比ではかなり向上したのかも。

楽日仕様の本気モード石丸バズーカも楽しめました!
[PR]
by yukituri | 2012-06-27 00:04 | エリザベート (国内) 感想
日比谷であった「日韓ルドルフトークショー」行ってきました。出演は平方元基さんとキム・スンデさん。3月にソウルでやったもの東京版だそうです。90分の予定が120分。盛り上がりました。
「歌のプレゼント」は「世界の王」! ティボルト2人でなん激レアですよね(キム・スンデ氏もティボルト経験者だとか) 平方くん、ロミオも行けるかも!な王子様声。日本語を覚えて歌ってくれたスンデさんお疲れさまでした & ありがとう。
 
スンデさんはあと、司会者兼通訳の人の誘導(感謝)でちょっとだけアカペラで歌ってくれた「僕はママの鏡だから」がすごい美しかった。「歌は地味」とか思っててすまんかったです。イマジンスタジオの音響もいいですね~
そうそう、シャワー浴びながら歌ってるというマダム・ヴォルフも美声でした(笑) あの歌詞って確か、「理性は捨てて本能だけに任せてください」とかなんですけど…W

ファンサービスで阿鼻叫喚だったのは、「舞台写真と同じポーズで写真を撮ろうお客さんと」みたいな企画。平方さんはトートがルドルフの肩に手をかけてるところ(♪立ち上がる~)のトートだからいいけど、スンデさんはなんと韓国版エリザのポスターのポーズ(写真違うし!と突っ込んではいましたが) こ、これは当たる方も大変だ~ ちなみに、合気道?で鍛えてるとかで、ちゃんとお姫様抱っこしてました、えらい。

トークショーの内容で面白かったのは、ママ鏡のシーンの演出意図の話。ウィーン版もそうですが、ルドルフは鏡のこちら側で歌い、エリザベートは向こうにいて観客には髪を整えてもらっている姿がうっすらと透けてだけ見える状態です。

これ、実はルドルフの 妄想 だったんですか!? 1幕最後と同じく「お声は聞こえますから」 という状態だとばかり思ってましたよ~ ウィーンも実はそうなんですかね??

それどころか、韓国版では「ルドルフは一度もエリザベートに会ったことがないという演出。一度でいいから会いたいと思っている」だそうです。えっ、子供の頃も? 最後通牒以降はさすがに少しくらい顔を合わせてますよね? 「大人になってからは」??

日本版と韓国版の両方のダイジェスト映像が流れたので、今回実物は見ていない山口トートを見られてお得だったかも。相変わらずオモロい動きでした。マテや石丸さんお大画面アップで楽しめたし。
韓国版は見られない人多かったので、ということでジュンストート固め。あ、マイヤーリンクのところの写真で一瞬、金髪ストレートロン毛が出てきたけど(横髪のため顔は見えない)、あれは幻の髪型のジョンハン先生かも!
[PR]
by yukituri | 2012-06-24 20:03 | エリザベート (データ/雑談)
おコンサートに行ってきました。
普段はなかなかまとまった量を歌わないアンサンブルさんたちの生声の歌を楽しもうというこの企画、 通算では第6回、私は3回目です。 やっぱり生の声の力はいいですね♪

今回の出演者は、ミュージカル俳優兼モノマネ芸人の二宮優樹さん、安田貴和子さん、藤田光之さん、岡村さやかさん。

うち二宮さんは、ジキハイのなかなか美声な牧師さんとして記憶してました。レミゼの美声学生陣にもいたそうで。でも、もう一つの顔については初耳。「王子キャラ」担当だそう。「きよしがマリウス歌ったら」を一節実演してくれたんですが、爆笑モノでした。

藤田さんは体型はアレですが、声は一番輝かしくて、声楽科出の二宮さんよりむしろ朗々と歌ってたりして。自分で持ってきたというシルクハットをかぶってマイフェアレディのフレディとか、ハイドとか。Alive 2 のハイド上げが聞いてみたくなりました。

安田さんは三銃士で見ているらしい。髪に赤い花を飾ってフラメンコ付きでバンボレオ、色っぽかったです。ルーシーもなかなか。

岡村さんはジキハイで見てる…はず。ハート形のチリチリ鬘を被った令嬢姿を思い出すような気がしました。張りつめたナラが印象的。ちびシンバが可愛かったです♪

英語で Seasons of Love を聞けたのも良かったな (^_^)
[PR]
by yukituri | 2012-06-23 17:26 | 国内観劇 (その他)
劇場協会からのメルマガに、あの見慣れた仮面が。
「11月29日から10公演をコンサート版で上演」だそう。もうチケットも売り出されてますね。11月末から12月上旬にウィーンに行けば、エリザベート記念版と一緒に見られるのか~ あと2週間遅かったら冬休みにできるんだけどな。Akutuelles にはまだ見当たらないけどキャストは?
[PR]
by yukituri | 2012-06-22 10:28 | 海外 Musical 話題
さすが往年の名作、一見の価値アリです! ALWだけあって音楽はドラマチック。舞台後方にオケがいるので、普段よりまっすぐ音が響いてくるのも気に入りました。

お目当ての万里生くんの歌は一番安心でなかなか力強く、悪ぶった演技にはクライドの経験が生かせてます。ギョロ目をみながら「これをUweさんもやったのかぁ」と思ったことでした。哀れみ半分打算半分ほんのちょっと本気?でノーマの愛を受け入れたジョー、最後は何がしたかったのかなあ。ひょっとして破滅願望だった?
かわいい笑顔が出てこないのは惜しい。

彩吹さん、実年齢は多分30代半ばから後半でしょうに若々しい! スタイルもすばらしい。元ヅカ男役スターにしては高音の違和感はないほう。とはいえやはり弱くなるので、普通に若いソプラノの女優で見たかったけど。彩吹さんは中低音で聞きたいものですが。

安蘭さん、いっちゃってる初老の元大女優を好演。MITSUKOの時も思ったけど、老け演技がとてもうまい人。その時に厳しかった若い娘状態ソプラノの歌はないので聞きやすい。一番の聞かせどころはあまり響いてないと思われるけど。ノーマはずっと変なので、ポスターのような円熟の美女っぷりが出てこなかったのは残念でした。

ソーマさん、男ダンヴァース夫人みたいな役どころの執事。うまい。ノーマに心酔する余りジョーへの目つきが怖い彼には、実は秘められた過去が! あの広い屋敷の掃除から料理から全部一人でやってるとしたら完璧な主夫だ~

全般に、ボニクラよりかなり好きです♪ いい割引チケットがあったらリピートしてみたい。
[PR]
by yukituri | 2012-06-21 23:27 | 国内観劇 (その他)
危ない危ない、開始を1時間間違えて行きそびれるところだった~ 帝劇で昨日の夕方あった、「ルドルフ」 4人のトークショー、行ってきました。
ルドルフのルドルフで元祖エリザベートのルドルフ(ややこしい書き方や…笑)の井上くんと、現エリザベートのルドルフの3人。みーんなすらりとしててすごく脚が細い! 絶対、スタイルで選んでるぞ、と思ったり。

最初は司会者さん(スターレイの中の人)と井上くん1対1。井上くん、相変わらずトークがうまい。「合格した時、小池先生の留守電が何回聞いてもなに行ってるか分からなくて」とか、今度のルドルフはほとんど新作みたいなもので「あの河童のお化けみたいな役がなくなったんですよね」とか、毒吐きまくりなのに、ただカラッと爆笑できるのは人柄?それとも「干支1周り」で培った話術?

デビュー当時のきりっと皇子様のパネル登場(「死んだ人?」と本人突っ込みビフォーアフター)。若い!かわいい! マグネット欲しかった。多分、私が見た06だか07にはもうなかったと思いますが。惜しかった。

その後、現ルドルフの3人が呼び込まれて、合格した時の思い出話とか、「井上先輩への質問」コーナーとか。

大野くん=三男、平方くん=長男、古川くん=次男 と言われてるそうな。なるほど!

歌がかなりアレだという評判ゆえに私は見てない大野くん、とにかく明るくて物怖じしない子だというのはよーく分かりました。何しろ、他の2人が言ってた、ルドルフという大役についての不安だとか、自分の力量への自信のなさだとかがまーったくなかったですから(プラス志向で見せてないだけという可能性ももちろんあるが)

古川くんなんて、そのまま ♪僕は~怖い~ って歌い出しそうな勢いだったのに(金髪だし… って作品違いw)

大野くんもちょっと不安がったら、と思ったのは多分私だけではあるまい。喉のコンディションのキープ法とか先輩に聞くのもいいけど、その前に基本の歌唱力を上げる方が? と突っ込みたくなったのも。

せっかく帝劇を使ったんですから、歌もあると嬉しかったな。ダブルロミオトークショーみたいな。4人でママの鏡歌い継ぐとか、本人やりたいらしい芳雄トートと3人ルドルフとかw
[PR]
by yukituri | 2012-06-21 10:28 | 東宝・梅芸系
某巨大掲示板の某スレッドに質問の答えを初めて書き込もうと思ったら「アクセス規制」とやらでエラー。なんじゃこりゃ?と調べてみると、私が使っているインターネット回線のホストが全部止められてるらしい。荒らしが1人いたからって、その携帯業者の加入者を全部止める!? 何万人?? 荒っぽすぎる。
[PR]
by yukituri | 2012-06-20 09:29 | 普通の日記、PC・語学関係

見納め日に台風!?

明日19日午後公演は、おそらく私の大空祐飛さんの見納め日。6列目とはいえ、一応SS席でガン見して来る予定で、仕事の調整もすませてあるのです。
が! 台風4号が刻々と接近していて、「19日夜から20日にかけ、関東で大雨の恐れ」 終演後、大丈夫かな…
なんだか、ヅカの節目の観劇予定日に台風が来て一喜一憂することが、個人的にすごく多い気がします(^_^;

追記) 行きはまだパラパラ程度、幕間に外を見たら路面が水をかぶっていて、終演後、外直行の階段を使ったら、お姉さんが「傘ご準備ください」と叫んでました。
地下鉄2回乗り換え。いつもは空いてる路線も座れないくらいで、早帰りの波を感じました。最後の1駅間だけ台風で遅延。
普通の強い雨、くらいの時に少しだけぬれながら帰宅しましたが、その後から外の嵐の音が怖いくらい。あと1時間ほど速まってたら…ブルブル。
遠征の人とか、出待ちの人とか巻き込まれたんじゃないでしょうかね? 大変でした!

マイ見納めの祐飛さんは期待通り格好良かったです。そちらの感想はまた改めて。
[PR]
by yukituri | 2012-06-18 21:35 | 宝塚 (他作品、雑談)
昨日、趣味のボイトレ教室に行ったら、雑談も少し入る先生に 「オペラ歌手出身と俳優出身じゃミュージカルへのアプローチが違うけど、どう思う?」 と聞かれました。そそんな難しいこと突然言われてもっ!

で、あまりちゃんと答えられなかったんですが、考えてみるとオペラ畑出身のミュージカル俳優さんはけっこう好きですね、私。歌の基礎がしっかり以上にできてるのがいい~

演技そっちのけで棒立ちで朗々と歌われても困るけど、オペラだって演劇だからそんなことまずないし。二択なら、演技がよくて歌えない俳優さんよりは、歌がよくて演技やや微妙の方がずっと素直に楽しめます(例:デビュー時の万里生くん。その後ぐっと進歩しましたよね)

声楽科の俳優さんで好きな人、ちょっと考えただけでも、井上くん、万里生くん、育三郎くん、土井さん、濱田さんと目白押しだもんな。
韓国エリザだったら、トートはジョンハンさん、シシィはソニョンさん、フランツ・ヨーゼフはヨンギさん、ルドルフはドンソクくんが一番好きな組み合わせだけど、確かみんなそうだし。

ちなみに、昨日のグループレッスンでは交代で好きな曲を練習していいと言われ、半分冗談で "Rebecca" 原語版ソングブックを持って行き、まだ日本語書き込んでないと話したら「いいよ」、しかもドイツ語の発音指導まで入ってビビる。これまでの教室じゃ、難色を示す先生をカタカナ作りーの訳作りーので拝み倒して練習させてもらってたのに、偉い違い。さ、さすが元々オペラ歌手です。

この先生のオペラな歌は去年のおコンサートで3人組の「乾杯の歌」に触れた程度ですが、とってもいいお声でした。またぜひ聞いてみたいです♪
[PR]
by yukituri | 2012-06-18 13:01 | その他観劇関係の話題