日本版LNDも気に入りました


by yukituri

<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

表題曲を含め、尾崎亜美さんの曲を使ったジュークボックスミュージカル、もとい音楽劇。この曲もこの人だったのか! という耳なじみのいいメロディーが多かったです。

初めての青山円形劇場は、レコード盤の形のステージに四方八方から登場する役者さんたち、意外と死角なく楽しめる演出、面白かったです。3~4列くらいしかなくて近い。

主人公の課長 (三木眞一郎) が勤める不動産ディベロッパーが計画倒産し、ヒロインのピアノ教室の美人先生 (小牧祥子) も販売ノルマだの挫折だのを抱える身で… と物語は時勢を反映してなかなかハード。再就職だの中断した物件だのほのかな恋だの、よく考えるといろいろ決着がついてないまま終わるのですが、心地よい音楽に乗って、最後はなんとなく 「ええもん見た」 という気分にさせてもらえました。

ひょろ長い課長さん (スーツ似合う、アフタートークとの服装差には愕然) 有名な声優さんなんですね? 演技もうまいと思います。元部下で、宝塚ボーイズみたいなショーシーンのあるオネエなバー経営者 (舘形比呂一) もいい味出してます。

一番おおっと思ったのは、やはり元部下で2人の弟分? の人 (柳瀬大輔) お気楽ポジかと思っていたら、「実は隠してたんですよ~」 とさらっとピアノを弾いて歌う声が、とても深みがあってカンパニー中でダントツに素敵。経歴見たら元四季で主役をたくさんやってる方で納得。何曲かソロ歌って欲しかったくらいです。
他の方々はミュージカル俳優って感じじゃなかったし(ポップス歌唱はまあまあかな)

31日まで。
[PR]
by yukituri | 2012-08-26 16:51 | 国内観劇 (その他)
昨日? 読売新聞へのでかい広告でバーン! 公式サイトにも出ましたね、来年のレミゼ新装版のキャスト。目玉は、マテトートに続く外国人メイン、

バルジャンにキム・ジュンヒョンさん、かな?

マジ? 歌だけだから日本語は(それほどは)問題ないとして、ちょっと若杉じゃないですかね? 日本のに出るらしいという噂を見て、てっきりジャベールだと思って、若くて熱血な警部殿、楽しみにしてたのにな~ 急がなくても、バルジャンはもっと円熟してからでもできると思うんですよ。

いやしかし、この人なら前回物足りなかった 「声で圧倒するバルジャン」 を聞かせてくれるかも、と期待しておくことにしましょう。東宝さん、マイク絞りすぎないでね!
(本国のは受からなかったのでしょうか? ジャベ似合いそうなのに)

逆に、前回の新バルだった吉原さんはジャベールに。こういうコースもありえるんですね。

げっジャベールに岡さんがいない、禅さんがいない… 目がメガショック! 前回はスペシャルの万年青年に走っちゃったので、今度こそ通常キャストで堪能しようと思っていたのに、見に行く楽しみが激減…(泣)
ジュンヒョンさんと岡さんや禅さんの対決とかすばらしい聞き応えだったでしょうに。

あとの見慣れない人たちはオーディションで選ばれた? 山口さんは実績で当選?(普通にオーディション受けたとも思いづらいので)

コゼットがウタウマであってくれますように!
[PR]
by yukituri | 2012-08-23 23:23 | 東宝・梅芸系

エリザベート展

日本橋三越でやっていたエリザベート展、最終日の昨日、滑り込みで見てきました。

あまり本とかに出てこない、小花模様のドレスが見られて良かったです。

扇の所作の解説が面白かったですね。このくらい開いてここに当てたら「キスしてもよくってよ」(笑)とか~
[PR]
by yukituri | 2012-08-21 11:14 | 普通の日記、PC・語学関係
「11歳で America's God Talent 準優勝、世界が注目」
「100年に一度の天使の歌声」
という引き文句を見て、ジャッキー・エヴァンコちゃんのコンサートに行ってきました。

お得なチケットがあったから、予備知識ゼロで聞いたら、

金髪のお人形さんみたいな女の子が大人の声で歌うからびっくり。

水色のドレスで膝をちょこんと屈めてお辞儀する様子は可愛い。

…でも、正直、そんなうまいかな???

張り上げるところだけグワーっと行くところとか、
母音に変な響きがあるとか、
息継ぎがうるさいとか、

けっこう一般人的な弱点が耳に付いたんですが。

会場の拍手は大きかったので、私がうるさいこと言いなだけで、客の大半は満足してたかも。

不思議に思って後から検索した、コンテストで準優勝した時の映像の方がうまく聞こえました(11歳であの声と歌いっぷりは確かに驚異的)

スーザン・ボイルの武道館と同じパターン。

自己流だったのが正式に習い出して一時的にバランスが良くなくなった、とかなのかな?
それとも、長旅や時差ボケで調子が悪かった、とか?

でも、最後にアカペラで歌った「荒城の月」はなかなか。

まろやかな美声ではあると思うので、うまく育って名歌手になってほしいと思います。
[PR]
by yukituri | 2012-08-19 20:59 | 国内観劇 (その他)
明日海ロミオ & 龍ティボルト の回、見てきました。

明日海さん。ロミオやっぱり似合いますね~ こりゃやらせたくもなるわ。自然。意外と王子様キラキラじゃなかったのも、ナチュラルさを指向しているから? 逆に言えば意外性はない。
龍さんの時は星組を思い出しましたが、こちらはどちらかというと雪組に近いか? となると、耳的には物足りない気分になりました(音月さん、聞かせてくれましたから) 昼の回だから声があまり出ていなかったのもあるのかな? まだまだ伸びしろあるでしょうから、がんばってほしいですね。

龍さんのティボルトもいいですね。目立たず自然。せりふや歌のくせも、こちらの方が役に合ってるから気にならないです。髪型はドレッドの方が好きかも。
フィナーレから階段降りも、金髪だけど黒塗りのままだったのでちょっと驚きました。徹底していていいかも。何も知らないで見たら「ジュリエットとラブラブになれて良かったね、ティボルト」と思ったかもしれませんがw

両方違って面白い。すっかり役替わり商法に乗せられてるなぁ~

前回チケットを交換してくれた方が、「龍ロミオ&龍ティボルトを見てみたい」と言ってましたが、私も「明日海ロミオ&明日海ティボルト」見たくなりました(笑) 明日海さん、黒い役意外と似合うし。
DVDにそういうお遊び機能付けてくれたら喜んで買ったりして~

3組の一通り見て。一言で表すなら、

星組=勢いがいい
雪組=歌がいい(主要キャスト中数人)
月組=平均的、若さが合う

かもな、と。

月は破綻がないのがいいですが、歌で突き抜けた人もいない。ベンヴォーリオ、キャピュレット夫人については、名歌手だった雪組の人たちを混ぜて見られたら、と夢想したりしました。
[PR]
by yukituri | 2012-08-18 14:56 | Romeo & Juli ette/a
(数字は入団年)
ロミオ: 龍 真咲 2001 / 明日海 りお 2003
ジュリエット: 愛希 れいか 2009
ティボルト: 龍 真咲/ 明日海 りお
マーキューシオ: 美弥 るりか  ベンヴォーリオ: 星条 海斗
ロレンス神父: 英真 なおき & 乳母: 美穂 圭子 (専科)
ヴェローナ大公: 輝月 ゆうま 2009
キャピュレット卿: 越乃 リュウ  〃夫人: 憧花 ゆりの
モンタギュー夫人: 花瀬 みずか  モンタギュー卿: 綾月 せり
パリス: 紫門 ゆりや 2005
愛: 煌月 爽矢 2006  死: 珠城 りょう 2008

(以下はあくまで個人の好みベース)

龍ロミオ キラキラした若者の風情は十分に出せていて、かわいい。歌い方のくせは少し星組ロミオを思い出した。天真爛漫さもちょっと似ている。歌のくせは気持ちがこもる余りだとは思うが、個人的には素直な歌が好きなので、その点で一番気に入ったのは2幕決闘後の「僕は怖い」リプライズ。

明日海ティボルト 正統派の宝塚美形顔? 張りつめた感じも出ている。ロミオたちと同年代なキレた兄ちゃん。歌い方は素直に楽しめて好き。下手したらただの自己紹介になりかねない「俺はティボルト」リフレインにも情感がこもって聞こえたのが良かった。階段降りでは突然ロミオになり、やはりそっちが合ってるかなと思った。

どちらもどちらの役もできるだろうけど、龍さんはティボルトが面白いかも。もしこの2人の年次や番手が逆だったら収まりがよかったかもしれない。

愛希ジュリエット 期待よりぐっと上だった。男役から転向後すぐにしては声が娘っぽく、地声裏声の切り替えも目立たない。ドス声に固まらないうちにソプラノに戻したからか。「アリスの恋人」の時よりずい分良くなったのでは。すらっとスタイルいいし、清楚で若く見え、スリップドレスとかの衣装が似合う。セシリアやマジャーンのレベルを期待しちゃいけないけど、これまで見た宝塚ジュリエット4人の中では一番いいかも。

他の主要人物で一番注目したのは大公。けっこう歌がうまいな、とプログラムを探すと、行けども行けども個人写真が出てこない。若手のその他大勢・証明写真wの中にようやくあった。公式サイトで見ると2009年入団で、たった4年目!? すごい。
抜擢した歌劇団は偉い。ただ、こんな重要な役なんだから、扮装写真くらいパンフレットに載せればいいのに~ 作品の見方からすると、団内事情で大公の写真がない方が違和感ありあり。前回もジュリエットやティボルトの写真が小さくて変だったけど。

乳母は、これまで3人の中で一番リアルにデブを表現できていて、ほんとに二重顎・首なしみたいに見えた。宙組公演ではすらっとした迫力姐さんだったのに。動きもヒョコヒョコ滑稽なキャラ狙い。歌はドスに偏っていて、もう少し高く歌い上げてくれないかな?

キャピュレット卿、か、格好いい!! かなり色気を感じる。長髪を後ろで括った髪型も、赤いインバネス?も。

キャピュレット夫人は歌が重要なので、個人的には花瀬さんで聞きたかったな。強さは憧花さんが合っていた。

マーキューシオ、宝塚的には歌がアレでもOKポジの役なのかと思っていたら、今回はまともだった。やっぱり「世界の王」だの「マブの女王」だのには歌唱力が必要だ!

ベンヴォーリオ、体格がよく持ち味も濃いだろう別格の人だけど、あえて存在感を薄くして?他の悪ガキ2人にとけ込んでいるのは評価できる。ソロになると声が一貫して大きすぎるのは何とかならないかな? 慟哭の歌だからまあいいけど、メリハリを付けて抑えて歌うとか、マイクを絞るとかした方がいいかも。

ロレンス神父、さすが複数回出演、前より暖かみが増したと思う。

愛と死が2人で歌いながら大階段を降りてくるのは違和感w
[PR]
by yukituri | 2012-08-15 23:56 | Romeo & Juli ette/a
新制月組のロミオとジュリエット見てきました。
龍ロミオ、明日海ティボルトの回。B席14列センターブロック外側。人物は豆粒でも、フォーメーションのきれいさや舞台の奥行きを見るにはいい席。

うん、悪くないです。若々しいカラーが少年少女の物語に合う。ロミオはきらきら可愛く、ジュリエットはなかなか清楚、ティボルトもロミオたちやジュリエットと同年代かな。イキガってはいても現代ならせいぜい高校生くらいで、間違っても*の父=31歳か!? なんて疑惑は持ちません(笑) ま、もともと「涙の谷」もないけど。

きりやんがいなくなってしまって、歌が感動的にうまい人はいない代わり、主要人物はみんな破綻なし。これ重要です! 海外ミュージカルでは耳が残念だとすごくつらい。前2回のマーキューシオだの2人目のティボルトだの…(ファンの方すいません)

携帯なし、ネットなし、バーガー屋なし、ヒョウ柄&クロコなし、幼児殺害未遂告白なし! オーソドックス万歳!!
やっぱり演出は(おおむね)素直な宝塚版の方が梅芸/ホリプロの男女版より好きです。フツーに楽しめるのが一番。中世風セットや赤・青2チームの衣装が目に新鮮でした。

力ある作品に、潤沢な登場人物、ダンスも多いし。これで3500円~は費用対効果が高いです♪ (逆の例 = songs for... 歌唱力はすごかったけど、人数や演出の割にチケット代 9500円は高い)

賛否両論のフィナーレは、事前に聞いてたせいか「これもアリかな?」と。ロミジュリの続きと思うと微妙でも、その曲を使った現代風ショーのかけらかと思えば、黄色い服のヒップホップ?だってOKOK。

キャスト感想は後で書き足します。
次回は「これぞロミオ!」(きっと)な明日海バージョンです。期待大。
[PR]
by yukituri | 2012-08-14 21:21 | Romeo & Juli ette/a
タブレットでだいたいのことはできても、やっぱり持ち歩けるパソコンが欲しくなることも多い今日この頃。いっちょウルトラブックでも書おうかなと、いろいろ検索して、ついでに秋に出るウィンドウズ8のことも調べてみたら。

びっくり。これってパソコンよりタブレットを目指したOSなんですか?

起動時は画面をロールアップ、画面にでかでかと出ているタイルアイコンからメニューを選ばないといけない、基本は全画面表示で複数ウィンドウ並べではない(メニューからデスクトップを選べば可能)、画面を指で左右にスクロールとか、ソフト入れるのは公式ストアから、とか、操作性がいちいちタブレットそっくりです。

ノートパソコンまで画面が指紋でベトベトになるのか… うーん。
タッチパッドやマウスで使う方が、押し違いで隣のメニューが開いてキーッ!とかならずにすんで好きなんですけど。範囲指定やコピペも失敗が多いんですよね、私。

ウィンドウズは1世代ごとにヒットとコケるを繰り返す、というジンクスからすると、「9」まで待ってもいいですね(笑) ま、急いで切り替える気はサラサラないですし。

とりあえず「7」のパソコンがあるうちにノート1台確保しておこうかな?
[PR]
by yukituri | 2012-08-11 16:23 | 普通の日記、PC・語学関係

夏風邪ネット落ち

夏風邪を引き込んでネット落ちしてます(現在も一部継続中)

週末に見た作品「わけわかめ~」とか言ってた罰でしょうかw

昨日の晩は涼しかったから、クーラーつける必要なくて助かりました。あれ、思いっきり夏風邪の元ですよね。設定温度は上げても骨に響いてくるというか…
[PR]
by yukituri | 2012-08-08 05:55 | 普通の日記、PC・語学関係

songs for a new world @ クリエ

(以下は鑑賞直後に書いた分です)

いやー、公式サイト斜め読みしていったのにワケワカ作品でした。
オムニバスで、ストーリーがあるような、ないような、統一テーマがあるような、ないような… 
つまり宝塚のショー(ただしダンスはほぼ抜き)みたいな笑

男1=浦井、女1=昆、女2=濱田、男2=米倉
この顔ぶれなので、歌力は凄かったです。強いていえば浦井くんが他の3人ほどじゃないけど、高音シャウトもすーっと聞かせてくれました。もっとキレキレダンスがあれば良かったのに。

白い柱でサイコロ型の空間を作って、いつもより舞台を狭く使っているので、前方サイドブロックは残念なことに。

若者組と大人組かと思ったら、まさかの昆さん米倉さんカップル。最初のポニーテールの格好だと、養女にした子を抱きしめてるようで(爆) 夜会巻きみたいなアップだと、大人っぽくてそれなりにお似合いでした。

いろんな濱田さんを見られたのは収穫。ソロコンのトークはけーっこうぐだぐだでしたが、役になる力が凄いんですね。独立戦争に息子を送っている「旗を織る人」も素晴らしかったし、一番楽しかったのはトナカイ連れた「ニック」にキレるサンタの奥さん!
(公式サイトの解説読むと、そんな気分を味わっている人?)

リピートすれば理解度上がるでしょうけど、私は1回でいいかなぁ。

というか、この面子ならミュージカル名曲選ガラコンサートの方が見たい(爆) それだったら通う! 浦井くん&昆ちゃんのロミジュリとか、濱田さん&米倉さんのアイーダとか聞きたくなりました。
[PR]
by yukituri | 2012-08-08 05:51 | 東宝・梅芸系