日本版LNDも気に入りました


by yukituri

<   2013年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

行けなくなったので代わりに、と急遽声をかけていただいて、岡さんのライブで帰国後初鑑賞。
日本ミュー界で最上級に評価しているお一人。旅ボケでノーチェックだったのでありがたかったです♪

会場は、六本木のライブハウス、スイートベイジル。さすがは洒落た会場でした。
場所柄、終わってみると外の通りには仮装もたっくさん!! ただ、ライブそのものは

「ハロウィーンとはなーんの関係もない内容ですが」 (by ご本人) 

残念、麗しの女装とか見られるかと思ったのに(^^) ファントム扮装でもいいぞ!


クリスマスライブがあると油断してたら、これが今年の "歌い納め" だそう。

以下、大体の曲リスト & 一言感想です。
コメントで補足情報いただきました、ありがとうございました。

More
[PR]
by yukituri | 2013-10-31 21:52 | 国内観劇 (その他)
11月以降のソウルのミュージカル、気になる公演の自分メモです。

More
[PR]
by yukituri | 2013-10-29 14:39 | 韓国ミュージカル関係
感想用にざっとドイツ語版の題の意味をみてみました。ほんの試訳・直訳調ですが、ちびっと参考になるかも。
いつものことながら、けっこう主語述語が入れ替わってたり、言葉置き換えたりしてて面白いです。
ちなみに、「コニー・アイランド1907年」 とか、「舞台上で」 とか、シーン名も別にあります。

More
[PR]
by yukituri | 2013-10-28 18:11 | 海外観劇 (他作品、総括)
感想用キャスト表です。青字は自分的おなじみの方々。

何気にアンサンブルに混じってる人が衝撃でしたが…
メグのショーに合わせて 「みずたまー!」 とか叫んだり、元陛下、なにやってんのw

Phantom - Drew Sarich
Christine - Milica Jovanovic
Raoul - Julian Looman
Meg - Barbara Obermeier
Mme Giry - Maya Hakvoort
Fleck - Katja Berg
Gangle - Armin Kahl
Squetch - Peter Kratochvil
Gustave - Leonid Sushon

Ensemble - Anna Carina Buchegger, Janine Buck, Amélie Dobler, Suzanne Carey, Sanne Mieloo, Myrthes Monteiro, Anouk Roolker, Gabriela Ryffel, Jennifer Siemann, Sidonie Smith, Birgit Wanka, Nadja Plattner, Anne-Marijn Smulders, Colleen Besett, André Bauer, Björn Klein, Paul Knights, Jan-Eike Majert, Maximilian Mann, Georg Prohazka, Daniel Rakasz, Hendrik Schall, Benjamin Sommerfeld, Jörn Linnenbröker, Kieran Brown, Faik Hondozi, Lee Robert Hyung-Hoon, Lutz Standop, Nora Summer

キャスト感想
[PR]
by yukituri | 2013-10-26 15:51 | 海外観劇 (他作品、総括)
ウィンドポナ (Wien) ではローマ美術館の前を素通りしてしまった私ですが、帰って来てからサトクリフのローマ・ブリテン物の読書にちょっとハマってます。体力回復のため、本読んでは二度寝してるから(^_^;A

More
[PR]
by yukituri | 2013-10-25 02:50 | 読書
Next to Normal に続き、Love Never Dies、日本で力量や印象が似た人で組むとしたら? の妄想配役しちゃいました(^_^;A 基準は、ウィーンのコンサート版、またはメルボルンのDVD、あともちろん個人的好み・評価です。

More
[PR]
by yukituri | 2013-10-22 15:01 | 国内観劇 (その他)
今朝未明、無事、羽田に戻ってきました。(00:01 なんて微妙すぎる時間。30分早めてほしい!)

今回、天気はともかく作品に恵まれ、充実の観劇旅行になりました♪
満足度順だと、

1) "Next to Normal" Fürth
 豪華キャストによるドイツ版。Pia さん以下、みんな歌・演技に説得力ありすぎ。

2) "Love Never Dies" Wien
 コンサートとはいうけど、ある程度の衣装や演技付きのドイツ語初演版。
 こちらも豪華キャスト。舞台上のオケの音インパクトも含め、かぶり付きで興奮。

3) "La Cage aux Folles" Salzburg 
 観て楽しむ作品を1列サブセンで堪能。Uwe ザザ/ アルバンのインパクト凄すぎ。
 初ラカージュからこういう濃ゆさのを見てしまうと…!

4) "Matilda the Musical" London
 子役たちが最高に上手かった、上質のエンターテインメント。受賞作というのも納得。

5) "The Sound of Music" Salzburg
 ご当地演目を素晴らしいキャストで。2階1列は見やすいけど、やっぱりやや遠い。
 1階前方で Uwe 大佐の表情演技とかも楽しめてたら、きっともっと上位。 

けっこう僅差で悩みました~ ( Elisabthのみ自分的にフツー、他はみんな興奮)
[PR]
by yukituri | 2013-10-21 14:25 | 海外観劇 (他作品、総括)
d0064742_10351316.jpg(とりあえず mixi つぶやき分+α)

ウィーンのLND良かったです! ダブりチケットは学生らしい人に半額でさばきました。
直前の戻りで買い増したら、1列目 "VIP SEAT" でした。座っていいんかな(^_^;

かぶりつきはすごい迫力。オーストラリア版のDVDも良かったけど、やっぱり生が◎ 

Drew怪人、顔のキメ角度は Rudolf と同じw 
マスクなしなので表情演技楽しめました。歌やっぱり好き。でもね、ほとんど刈り上げの頭には、オールバックの怪人カツラくらいかぶってくれてもいいと思うの。

あと、普段 Cuty Blond の主役の人が、どピンク衣装のメグになってる販促企画がw
ブロンド娘ついでに見られてお得。マヤさんマダム・ジリーも最高♪ 贅沢配役ですね。
[PR]
by yukituri | 2013-10-19 07:44 | 海外観劇 (他作品、総括)
ウィーンのミュージカル、ご参考までに売り切れ公演の体験談。"Love Never Dies" ドイツ語圏初演のコンサート版です。初日のみ売り切れで、いくつかのチケットサイトでも同様でした。

More
[PR]
by yukituri | 2013-10-18 16:38 | 海外 Musical 話題
気を取り直して、キャストについて一言。

昨日の Elisabeth 出演者、Annemieke, Mark, Lukas の日本でおなじみの3人と、Lucheni (Kurosch Abbashi) はファーストがそろってました。

Mark はドイツの JCS のため10月ほとんど出番がないようなので、かなり貴重な機会だったよう。
Annemieke、通しで見られたのは初めてだったし
  (さらに細くなった? 歌は、感情出すと少しがなりありで、意外に Nichts, nichts が一番よかった)
Lukas は高値安定の、よい振り回されっぷり。生でルドルフを見られるのはさすがに最後かも。

フランツ・ヨーゼフ、ピンと来ないなー聞いてたほど若くないしと思ったら、アンサンブルと両方に名前 (Jörn-Felix Alt)。てことはセカンドでしょう。

学校出たてなのに合ってる、一番人気! と聞いて楽しみにしていた陛下は見逃したんですね… 残念。

しかし、皇帝と兼業ってありなのか(^_^;? 相当、忙しいでしょうに。

一方で、ルドルフのアンサンブルバイトは減ってたりする? 見覚えのあるシーンで Lukas を探しても見つけられないことがしばしば。それとも、化け方が上手くなったかな。

キャスト表、写真撮影禁止になってた代わり、左手の掲示の下に持ち帰り用のが置いてありました。
荷物がそろそろ重くなって、パンフは止めておこうと思ってたので助かりました。
[PR]
by yukituri | 2013-10-18 11:04 | Elisabeth (海外) 感想