日本版LNDも気に入りました


by yukituri

<   2013年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

観劇旅行の締めくくりのウィーンで、Elisabeth を見てきました。この 「記念版」 は来年1月で終わり (その後はマンマミーア) ですから、ワンチャンスかつけっこう駆け込み。

結果は… なんだかあんまり浸れませんでした。

1) 昨日までが、自分にとって新鮮な作品の上に出演者も凄い公演だったので、比べて 「こんなものか」 となった

2) 色鮮やかな映像の多用、まったく違う衣装など、元のと比べいろいろ変わってしまって違和感があった
 (去年秋に来日した20周年記念のセミコンサートは、ほぼ元演出に準拠)

3) 周囲の観劇マナーが悪かった

が理由です。

特に3。これが 「音楽の都」 のマナーなの? と思っちゃいました。

More
[PR]
by yukituri | 2013-10-18 10:04 | 海外観劇 (他作品、総括)
2013/ 10/ 16 Salzburger Landestheater 1階1列サブセン

d0064742_11371269.jpgメインディッシュその3、モーツァルトの故郷でマイ初ラカージュ。いやすごかったです(^_^;A 100回くらい? 爆笑させてもらいました。

Uwe ザザ、公式トップ画像の印象とは違い、あくまでいかつい体型&カマぶり。ジョルジュの方が2回りほど小さい (体型だけなら鹿賀さんと市村さんの役を逆にしたような)

トラップ大佐は似合って当然、と思ってたので、むしろ今日が注目でした。おさすが♪ あ、Hairspray でトレーシーのママもしてるから、とっくに守備範囲か。そちらのフツーの主婦よりスター役が自然だし。

More
[PR]
by yukituri | 2013-10-17 07:34 | 海外観劇 (他作品、総括)

トラップ一家 復習

 昨日、サウンド・オブ・ミュージックを楽しんだので、時差ボケで夜中に起きて眠れないまま、プログラムやネットで、ミュージカルの元になった実話のことを読んでました。いろいろ違いがありますね。つうかすごい脚色だ。
 でも、実在の一家も十分に波瀾万丈です。以下、いくつかのサイトを総合すると、

More
[PR]
by yukituri | 2013-10-16 16:02 | 海外 Musical 話題
d0064742_17472519.jpgザルツブルク州立劇場で 「サウンド・オブ・ミュージック」 を鑑賞。最初は回数が少なくて休みと合わせづらく、3シーズン目にしてようやく見られました!

英語じゃなくてドイツ語しゃべるオーストラリア人は良いですねw
回数は多くないけど、もし日程が合えば観光でザルツブルクに来ている人にもできたら見せたい佳作です。字幕あるし。

今回のメインディッシュその2。マリアの出演予定は調べてませんでしたが、無事 Wietske。
(Musicalzentrale によると、今期はこの日と10/20 のみ? 見られてラッキー)
「子だくさんになったド・ウィンター夫妻だ~」 と、微笑ましかったです。

More
[PR]
by yukituri | 2013-10-16 11:11 | 海外観劇 (他作品、総括)
ううう~ ショックです。

普段なら帰って来てすぐ感想書きそうな私が、昨晩はなぜ沈黙していたか。
恥をさらすと、ずばり 「寝過ごしたから」 です。あーあ、ついにやっちゃったよ…

みなさんも、寝過ごしや開演時間間違いには気を付けてくださいね。
(最初にコメントしそうな人が想像付きますがw)

More
[PR]
by yukituri | 2013-10-15 15:03 | 観劇旅行 (日記・計画他)
移動中に書いてた体験談。ガトウィックにはどのくらい前に行ったらいいのか、ネット情報を探しても手ごろなのに当たらなかったので、1例として参考までにアップします。

More
[PR]
by yukituri | 2013-10-14 09:42 | 観劇旅行 (日記・計画他)
今回のメインディッシュその1、ドイツ・フュルトの "fast normal - Next to Normal" 1回目を観ました。
独題の意味は、「ほとんど普通 (正常?) 」 なるほどね。

2013/ 10/ 13 (日) 19:30 Stadttheater Fürth 1階 5列サブセンター

Diana Goodman : Pia Douwes        初代エリザベート、初代ミレディー などなど
Dan Goodman : Thomas Borchert      独語圏有数のミュースター モンテクリストなど
Natalie Goodman : Sabrina Weckerlin   来日公演でおなじみ M.A.マルグリッドなど 
  ↑ ここまでが今回のお目当て
Gabe Goodman : Dirk Johnston       初見。ベルリンで教育を受けたスコットランド人
Henry : Dominik Hees              ミュンヘンの Hairspray の Link で見ているらしい
Dr. Fine / Dr. Madden : Ramin Dustdar   ウィーン Rebecca 2期目のファヴェルだった

好きじゃないタイプの作品だと思っていたのに。何この納得と満足感。
わたし的には、昨日のマチルダよりさらに上でした!

まず頭に浮かんだ言葉が、「桁違い」 
これだけ歌と演技が凄い人たちがやるとこうなるのか~ 目からうろこが10枚くらい落ちました!!
特に、お母さんと娘、期待以上。お父さんも期待と十分以上。わざわざ来た価値ありまくりでした。

これで、両替手数料入れても7000円くらいですよ。ニュルンベルク郊外の小都市とはいえ。はぁ…
席は99.5%くらい売り切れ。客は高齢者も多かったけど、どっかんどっかん受けてました。

途中、急病人が出て病院搬送のための中断があったけど、無事に再開してすばらしい舞台でした!

独自演出? 舞台全体を使い、鉄骨で6つに仕切った家でした。3階は見えません。
巨大な目なし。カラフルで巨大な錠剤を持ったダンスあり。紫の服へのこだわりなし?
オケボックスをつぶした客席2列 (舞台表面は見えない) の前のスペースとか横扉とかを駆使。

伴奏はセットの奥でしてるので、音がまっすぐ通って気持ち良かったです。

しかし、訳詩って難しいんですね。
クリエで見た日本版も 「透明のガール」 とか、微妙、苦労してそう、という場所がいろいろありました。
英独語はずっと近いわけで、時々意味が逆になる置き換え含め、大体はうまいなーと思いつつも、

「スーパーボーイとガラスでできた彼の妹」 (直訳)  なかなかに字余りでした(^_^;
Superboy und seine Schwester aus Glas


ご注意。以下、大変個人的なこの作品の印象や、日本版への言及が少しあります。
そちらの大ファンなど、気を悪くされそうな方は、すみません、どうぞ回避してください。

More
[PR]
by yukituri | 2013-10-14 05:47 | 海外観劇 (他作品、総括)
d0064742_19395796.jpgエリザ・レミゼのような名曲が多いと聞くわけじゃなし、好みに合うかなあ? と思ってたマチルダですが、とても楽しめました! 

とにかく子役たちが演技も歌も上手すぎてすごい。子役の比重6~7割? 日本じゃハードル高そう。

長いぼさぼさ金髪の、今日のマチルダ役の子、とにかく小さくて細っこいのに、堂々の主演女優なんです。比重3割くらい? 小難しい言葉を山のように使った演説調のしゃべりだの創作物語実演だの、台詞ものすごく多いのに偉い。
詐欺まがいの車の売り方をする父親や暴君の校長をすぐ糾弾したり、小賢しくかわいげのない子に見えそうなものなのに、ぎりぎりそうなってない。かといって健気さでアピールでもないし。興味深い造形です。
d0064742_13121379.jpg
他の子たちも全員かなり上手い~ デブキャラの子も、後半突然歌のスターになるしw 子役は4チームで回してるそうでした。

大人たちも、オーバー人物造形にやり過ぎ手前の衣装や言動に、ゲラゲラ笑わせてもらいました。あのお団子頭校長先生は、吉野さん+肉襦袢とか合うかもしれない。偽ラテンなお色気ダンサーでもイケる(笑)

More
[PR]
by yukituri | 2013-10-13 07:41 | 海外観劇 (他作品、総括)

寒い! ロンドン

荷造り中は汗かくくらいで、暑さ対策に片寄り気味の衣類を持ってきたら、ヒースロー空港で地元の人の一部がダウンコートを着ていて焦る。
案の定、昼はともかく劇場を出た後は震えがくる寒さ。日本なら確実に11月の気温でしょう。一応、普通のロングコートは持ってきたけど、3シーズン用の裏地付きとか、フリースあってもよかったな。
[PR]
by yukituri | 2013-10-13 07:26 | 観劇旅行 (日記・計画他)
ドバイにいます。4:15着のはずが3:30に早まった。ここが終着なら嬉しいけど、ロンドン行きの接続が長い~ 無料WiFiがあったので暇つぶししてます。後でパスワード変えなきゃ。

11時間も飛行機乗れば、直行便ならもうヨーロッパに入ろうかという頃、乗継便は1時間くらいで着くってのに、ロンドンまで7時間半、都合あと10時間というのは… 南回り、やはり果てしないです(泣)

さすが金持ち国、ターミナルは豪華ピカピカ。空港職員にも免税店にも中国人がいて、特に免税店は支配してるんじゃないかってくらい。華僑? 客はものすごい人種多様。どこにいるか分からなくなるくらいだけど、5時5分前にお経、もといアザーンが流れて、ああ中東だなー

d0064742_5451932.jpg乗継ゲート近くでは、リクライニングチェのようなものがずらーっと並んでます。でかいマグロがゴロゴロの景色は圧巻。みんな、荷物に神経質になることもなく寝てるけど、ええんかいな。私も寝たいけど、寒い~ 暑い国にありがちな冷房かけすぎですね。次回は軽い防災アルミシート持参か!?

エミレーツ、飛行機は綺麗で機内食も悪くない味、ワインも出たけど、フライトアテンダントが出発後何時間してもギャレーで大声で喋ってて、安眠の邪魔でした。従業員教育には改善の余地がありそう。

あと、成田で非常口席を希望したのにないようなこと言われ、乗ってみたら3列がけの真ん中が両方空いてたのは何だったのか… ほぼ満席のフライトだったんですが。頼りないと思われたのかなぁ。
[PR]
by yukituri | 2013-10-12 10:19 | 観劇旅行 (日記・計画他)