人気ブログランキング |

日本版LNDも気に入りました


by yukituri

冬物語 感想 (バウ、花組 1999年)

 春野さんのバウ初主演作を録画で(ありがとうございます)鑑賞。シェイクスピアがうまく江戸歌舞伎の世界に置き換えられてて佳品! 再演してくれないかなあ。

(あらすじ: 江戸歌舞伎の名門の若当主・富五郎は、上方歌舞伎の名門の若当主・伊左衛門と、江戸で「仮名手本忠臣蔵」を上演して大好評。続演のため伊左衛門を引き止めようと、富五郎は女房のおさんに説得を頼む。ところが、親しげに話をする2人を垣間見た富五郎は、その間柄を邪推し、激しい嫉妬にとらわれてしまう。そこから悲劇が始まり…)

 さすがシェイクスピア、密度が高いですね。あらすじが長くなりすぎて最初の方だけになっちゃいました。

 宝塚と歌舞伎、演じる役者の性別や世襲vs新陳代謝と仕組みは正反対だけど、けっこう合ってるかもしれない。この作品を見てるだけで、歌舞伎も体験できる気分でお得~
 1幕の忠臣蔵松の廊下、春野さんの浅野、瀬奈さんの吉良ともなかなかがんばってます。2幕での遊女・十六夜(実は富五郎の捨てられた娘)と秀之助(伊左衛門の息子)の道行きシーンも、本当に歌舞伎にありそうできれい。鳴り物や義太夫はそのものだし。ま、実物に比べればみんな線が細いけど(^_^;) 襲名披露の口上まであってびっくり。

 春野さん、若いなあ。しかも富五郎と十六夜の2役。16歳!の遊女もなかなかの好演でした。相手の秀之助坊ちゃん(綾吹真央)がもっと若々しいので、残念ながらそれほど初々しくは見えませんでしたが(^_^;) 脇役の吉次(麻園みき)も、一瞬大空さんか?と思う美形で苦悩が似合ってました。

 欲を言えば、春野さんには最後にもう一度、早変わりして十六夜で出てきてほしかったな~ 最初と最後には神田の祭りが出てきて、「おお長崎しぐれ坂と同じ~」と思いました。芝居との関係は??だったけど、賑やかしかな。

 息子を**めたのにお咎めなしかい!?とか、16年も経ってるのに誰も年を取ってないぞ~とか、改心してたのにどうして16年も会わせない?とか、突っ込みどころもけっこうあるのですが、ハッピーエンドにほんわかしてしまいました。
by yukituri | 2005-07-17 10:48 | 宝塚 (他作品、雑談)